追浜海軍航空隊(ボンベ壕)再訪

DSC08780_R_20180115221017037.jpg
早朝から集まるメンバー、追浜のとある物件をみにやって来た
DSC08784_R_201801152210188a2.jpg
仮称として「ボンベ壕」と呼んでいるが、追浜海軍航空隊の鉈切り地区の一部の様だ
DSC08788_R_2018011522101991a.jpg
防火貯水槽、夏島、貝山にある物と同じ物だ
DSC08789_R_20180115221020309.jpg
内部の湿度は高く、水滴もしたたり不快指数も高い、必然写真は白く煙っている
DSC08790_R_20180115221022c52.jpg
空だとは思うが、残留ガスが非常に危険な感じに錆びまくっているプロパンボンベ
DSC08792_R_20180115222513897.jpg
内部はキノコ栽培に使われていた跡もある(と言うか、大半がそうだ)
DSC08793_R_20180115222515c8d.jpg
試薬のポリタンとボンベのコラボ
DSC08796_R_20180115222516d81.jpg
側溝の縁にはレンガが使われ、木製の蓋がかぶっている
DSC08798_R_20180115222517eaf.jpg
壕内は微妙に曲がっており、完全な直線は少ない、マッピングが難しそうだ
DSC08801_R_201801152225191ee.jpg
ゴミの無い部分を見ると、広くてかなり良い壕だっただろう
DSC08803_R_20180115222520646.jpg
東側に前回見落とした横坑があった
DSC08804_R_20180115223612a46.jpg
先は無さそうだが入ってみる
DSC08805_R_20180115223614b30.jpg
瓦礫で埋まっていたが、アンカーボルトが突き刺さっている
DSC08806_R_20180115223615e1d.jpg
北側通路も閉鎖されている
DSC08807_R_20180115223616b92.jpg
セメントかと思ったが、どうやら石灰のようだ、袋に入ったまま固化したものらしい
DSC08810_R_2018011522361988e.jpg
大きな部屋が幾つか有るが、キノコの苗床の部屋に改造されていて、見る影も無い
DSC08814_R_20180115225038598.jpg
久しぶりに空母氏を見た、性欲(精力)的に動き回っているから、見つけづらい男だ
DSC08812_R_2018011522503680a.jpg
天井にクレーンを這わせていた跡
DSC08813_R_20180115225037df3.jpg
断熱材代わりに、発砲スチロールが打ち付けられている
DSC08816_R_201801152250398cc.jpg
33、76回転だったかな?を選べるタイプのレコードプレイヤーだ、懐かしい
DSC08818_R_201801152250414eb.jpg
壕内の床は何処もこんな感じに濡れていて、滑りやすくて歩きにくい、こんな所で転びたくない
DSC08820_R_20180115231636153.jpg
4X4ほどの大きな通路もゴミだらけ
DSC08821_R_20180115231638d60.jpg
オープントップの壕内仕様車
DSC08822_R_201801152316397f1.jpg
この壕のメインとも言えるレンガのアーチ
DSC08824_R_20180115231641c36.jpg
貝山地下壕と同じ耐火煉瓦を積んだものだ
DSC08828_R_2018011523164103f.jpg
この人は本当に楽しそうに壕内を歩き回っている、いずれ何処かに住んでしまうのでは?
DSC08829_R_201801152316436f5.jpg
もう一つのレンガアーチは破壊されている車の通行の為か?
DSC08830_R_20180115232840928.jpg
珍しく苗床に使われなかった部屋
DSC08833_R_20180115232842410.jpg
温度管理用のボイラーダクトが這っている
DSC08835_R_201801152328422f2.jpg
一番奥の大きな部屋は、半分残土に埋まっている
DSC08836_R_20180115232844547.jpg
しかしキノコ業者は何処もそうだが、立つ鳥後を濁さずで片付けしていかない物だろうか?
DSC08842_R_2018011523284721f.jpg
業者の居住区を物色する二人、扇風機が珍しいらしい
DSC08844_R_2018011523284820e.jpg
さて脱出だ!
DSC08845_R_20180115232849995.jpg
県道側から見ると、内部から見たアンカーボルトの外側があった貫通しているから、効いてないだろうな~

こちらの壕だが、メンバーから、秋水墜落事故で負傷した犬塚豊彦大尉が担ぎ込まれた病院壕ではないかとの
仮説も上げられた、部屋数も多く道路に面しており条件としては良いと思う
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント