FC2ブログ

野島地下壕ダイジェスト版(第一工区)

DSC08847_R.jpg
野島公園にやって来た
DSC08848_R_20180116223102dfc.jpg
駐車場から見えるこの塞がれた地下壕、この中に潜入する
DSC08850_R_20180116223104b59.jpg
駐車場にバックを忘れ、取りに戻る空母氏
DSC08851_R_201801162231049b0.jpg
丸い生物発見!
DSC08852_R_20180116223106b10.jpg
なんとも丸々太ったにゃんこだ
DSC08853_R_20180116223107604.jpg
八景島シーパラダイスが見えるこの公園に、県内有数の巨大地下壕が存在する
DSC08857_R_201801162306080ab.jpg
野島第一坑道に進入する(唯一の壕口は秘匿する)
DSC08858_R_201801162306098b9.jpg
トロッコ軌道の跡が生々しく残る
DSC08859_R_20180116230610963.jpg
軽い水没は有るが、長靴レベルだ
DSC08861_R_2018011623061150a.jpg
壕口より左側に水没が多いゆるい傾斜があるのだろうか?
DSC08862_R_20180116230613be3.jpg
トロッコレールの曲がり角
DSC08864_R_2018011623233799f.jpg
トロッコレールは一番左側の通路へと延びている
DSC08867_R_201801162323396ee.jpg
足元30cmぐらいの高さに並んでいる坑木、電気配線をこの高さで回していたのだろうか?
DSC08869_R_201801162323402b6.jpg
歩測で壕内をマッピングする職人がいる
DSC08870_R_20180116233652db3.jpg
おのおの好きに廻り始める、基本的に壕内をぞろぞろ歩く事は無い
DSC08875_R_20180116233654123.jpg
自分等が「ホール」と呼ぶ広く高い場所、床が1mほど高くなり天井までの高さも5mほどになる
DSC08877_R_20180116233656268.jpg
これは奥側から撮った写真、高さが全く違う
DSC08876_R_20180116233655ca9.jpg
奥側の坑道、高さ2mほど
DSC08878_R_201801162336582d3.jpg
くぐる部分は更に低い
DSC08880_R_20180116233700dd4.jpg
崩落ではなく、ガレを寄せてあるようだ
DSC08882_R_20180117225430c7d.jpg
残留物のビンを見つけた
DSC08883_R_201801172254313f3.jpg
奥のブロックは天井も低く歩きづらい
DSC08886_R_201801172254326b2.jpg
横幅も大分まちまちだ
DSC08887_R_20180117225433484.jpg
天井の穴、通路のど真ん中だから支保では無いだろう
DSC08888_R_201801172254368dc.jpg
山を突き抜け、反対側の壕口に到達したが、封鎖されている
DSC08890_R_2018011722543773d.jpg
完全封鎖されており、出入りできるのは一ヶ所のみが現状だ
DSC08892_R_20180117225438338.jpg
人物が入ると、壕の大きさがよく判る
DSC08894_R_20180117231137aed.jpg
駐車場から観た壕口の内側に到着した
DSC08900_R_20180117231139b2e.jpg
事前に外側から見せていたので、喜んでいる空母氏
DSC08895_R_201801172311398e4.jpg
外の隙間穴から観ると、こんな部分がみえる
DSC08903_R_20180117231141d6c.jpg
元の本坑道に戻る
DSC08910_R_2018011723114296b.jpg
軽トラなら余裕で入れる広さがある
DSC08911_R_20180117231144b8b.jpg
碁盤の目状に掘られた巨大壕は、気を抜くと現在地を見失う
DSC08915_R_20180117233027a68.jpg
通常のライトでは先まで見通す事は出来ないほど長い通路
DSC08916_R_20180117233029014.jpg
第一工区だけでも一周するのに1時間かかる広さだ
DSC08917_R_20180117233029e31.jpg
複数の人数で歩き回っていても、なかなか会う事が無い
DSC08920_R_20180117233031046.jpg
天井が砂岩質な部分は、今も風化して崩れ続けている
DSC08923_R_20180117233033913.jpg
壁面に犬釘が刺さっている、トロッコに使用していたものか?
DSC08927_R_20180117233753132.jpg
メンバーが観ている床面
DSC08930_R_20180117233753c24.jpg
所々にあるトロッコ軌条の一つだ
DSC08924_R_201801172337511e3.jpg
さて、脱出しよう
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

懐かしい!

お世話になります!懐かしいです。もう連れって頂いたのが何年も前の様が気がしてますがやはり凄かった~。南方戦線に掘られた壕と本土に掘られた日本軍壕とではスケールが全然違いますね~。やっぱり海軍壕が1番!

WhitePigeon様

御無沙汰です!
ほんの半年ぐらいなんですけどね~
精力的に海外や一部離島に出向いておりますね。
関東はかなりの地下壕が現存していますので、見ごたえがありますよね、また来て下さいね!

瓶集めしたい!!

はい!有難うございます、また連れて行って下さいね~。でも置いてけぼりのイタズラやめて下さいよ~。怖がりなんで(笑)。その後の新しい記事を見てもやっぱり凄い壕だな~ってあらためて思います。何度も足を運ばれるのも納得です!瓶集めしたい!!

WhitePigeon 様Ⅱ

昭和初期のスクリュウの切ってないコルク式のビンとか様々な色形のビードロのビン等、味が有っていいですよね!ぜひ集めに来てくださいね~壕内でかくれんぼも乙ですよ!