FC2ブログ

藤沢市 森林公園 その1

DSC02918_R_201801302356457a0.jpg
森林公園にやってきた
DSC02581_R_20180130235641c30.jpg
今回はすじ氏が地元地域の戦跡を案内してくれる
DSC02583_R_201801302356433ca.jpg
公園内に入って行く
DSC02609_R_201801302356444a2.jpg
奥の方に古民家が有る
DSC02589_R_20180131222927bec.jpg
あまりの寒さに氷柱が出来ている
DSC02590_R_201801312229293d6.jpg
古民家の裏側に穴が有る
DSC02592_R_201801312229303b0.jpg
反対側に貫通しているようだが、水没している
DSC02614_R_20180131222932d9f.jpg
怪しげな所を見て廻る
DSC02616_R_20180131222933a88.jpg
穴を見つけた
DSC02620_R_20180131222934b8b.jpg
これは大きい!
DSC02623_R_2018013122293667c.jpg
高さは4mを超えていそうだ奥行き30mほどか?
DSC02624_R_2018013122293823e.jpg
またボンベか・・・
DSC02627_R_2018013122414804c.jpg
左側に若干掘り進めた跡がある
DSC02626_R_20180131224146608.jpg
奥は二段掘りの途中で、造成中のようだ
DSC02637_R_2018013122414888d.jpg
脱出する
DSC02639_R_201801312241509af.jpg
次なる壕に案内してもらう
DSC02641_R_201801312241525f0.jpg
こんな穴、良く見つけたな~
DSC02642_R_201801312241541a3.jpg
躊躇無く入って行くすじ氏
DSC02644_R_20180131225122904.jpg
入り口は四角く、すぐに馬蹄形へと変化する
DSC02646_R_20180131225124b5d.jpg
20mほど続く通路、若干下り坂
DSC02652_R_20180131225125c3b.jpg
部屋に到着
DSC02653_R_20180131225126f27.jpg
広い生息部だ、広くて司令部機能が持てそうだ
DSC02657_R_201801312251286f0.jpg
入ってきた通路人物比の通り丁度人間一人サイズ
DSC02660_R_20180131225130db4.jpg
左側が入ってきた通路、この壕はコの字型をしている
DSC02665_R_2018013122513146e.jpg
もう一方の出入り口は塞がっていた
DSC02672_R_20180131225132ceb.jpg
土砂が流入しているが、3X3、奥行き20mぐらいの部屋
DSC02677_R_201801312251345fd.jpg
完全埋没まで、あと数年かな?
DSC02681_R_20180131225135184.jpg
這い出してくるゾンビ達(自分もだが)
DSC02683_R_20180131232654898.jpg
反対側の斜面にも穴が有る(殆どは古代人のお墓だが)
DSC02684_R_201801312326556e2.jpg
何故かゴミだらけの単純壕
DSC02689_R_20180131232657f8a.jpg
池の辺にやってきた
DSC02693_R_20180131232658609.jpg
朽ちた扉?のある地下壕
DSC02695_R_20180131232659485.jpg
生活臭のする砲室のような入り口
DSC02696_R_20180131232700d05.jpg
奥に進入する
DSC02697_R_2018013123270213e.jpg
数年前まで居住している人がいたそうだ
DSC02699_R_20180131233822d88.jpg
突き当りを左に曲がると
DSC02702_R_20180131233823bc6.jpg
壁?っと思ったら、プーさんの作った風除けカーテンだった
DSC02704_R_20180131233824a5e.jpg
開けると砲室だった、速射砲陣地のようだ
DSC02705_R_20180131233826daf.jpg
現在、砲室からは何も見えない
DSC02717_R_201802012257164c5.jpg
砲室外観
DSC02707_R_201802012257131e1.jpg
斜面を下に降りると、気になる穴が有った
DSC02714_R_201802012257158a8.jpg
しかしこれは二五穴だろう
DSC02719_R_20180201230244f8e.jpg
すじ氏に憑いてちょっと山を上がる
DSC02720_R_2018020123024512d.jpg
閉鎖された壕口
DSC02722_R_201802012302469b8.jpg
展望広場に上る
DSC02725_R_20180201230247e44.jpg
タンクを据えていただろう台座が残っている
DSC02726_R_20180201230249193.jpg
真冬でもこの程度しか見えない
DSC02727_R_20180201231112644.jpg
かなりの傾斜を降りていく
DSC02730_R_201802012311138a0.jpg
機銃座と思しき円形の掘り込み
DSC02731_R_2018020123111562c.jpg
目印の銃座のすぐ近くに
DSC02733_R_201802012311151fa.jpg
穴が有る
DSC02734_R_20180201231116c87.jpg
さっきの塞がれた壕口の裏側になる
DSC02739_R_20180201232506779.jpg
壕口は崩落が進み、普通なら諦めるだろうレベルに崩れている
DSC02748_R_20180201232507904.jpg
しかしそこだけ抜ければ空間が広がる
DSC02749_R_20180201232509d63.jpg
予想以上に大きな壕のようだ
DSC02750_R_20180201232511bb6.jpg
しかし気になるのは頭の上のこの岩、落ちてきたらアウトだが、掘削時から撤去不能だったのだろう
DSC02754_R_20180201232511728.jpg
左側にある大きな部屋
DSC02755_R_201802012325138b0.jpg
すぼまった通路の先は、行き止まりだった
DSC02756_R_20180201233722d1c.jpg
人物を入れると、部屋の広さが判る
DSC02757_R_20180201233723428.jpg
先に進む
DSC02758_R_201802012339472f5.jpg
右側の空間は、外部からの崩落で埋まっている
DSC02760_R_20180201233725a44.jpg
突き当たりの塞がれた壕口部
DSC02761_R_20180201233726930.jpg
さて、戻ろう
DSC02764_R_201802012337270cd.jpg
頭の上に、落ちてきませんように!
DSC02763_R_20180202222558ff7.jpg
この下の塊は、天井からズドンと落ちてきたんだろうな?
DSC02765_R_20180202222601a4b.jpg
この山に砲台が有ったらしいのだが、何処に砲座が有ったのか判らない
先の洞窟砲台程度でないちゃんとした砲台があったはずだ、次回に上げる様な立派な観測所があるんだから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント