FC2ブログ

大庭城址公園 その1

DSC02922_R_20180206222946930.jpg
遅めの昼飯を食って、大庭城址公園に移動した
DSC02924_R_20180206222947df9.jpg
塩ビパイプの露出する疑わしい石垣が城址っぽいかな?
DSC02926_R_20180206222948f31.jpg
途中から歩道を離れ、斜面に向かう
DSC02927_R_201802062229495d8.jpg
斜面は軽い竹林となっている
DSC02930_R_20180206222951cae.jpg
至る所にお城時代の空堀が走っていて軍道、切り通しなどの見分けが困難になる
DSC02929_R_20180206225744210.jpg
以外に高い位置に壕口が有った
DSC02931_R_20180206225745f01.jpg
僅かに空いた隙間から潜り込む
DSC02934_R_20180206225747076.jpg
内部は以外にしっかりした造りだ
DSC02935_R_2018020622574811b.jpg
左にちょっとした窪みがある、何だろう?掘削途中な感じではない
DSC02936_R_20180206225749f58.jpg
四角い通路が、丸く低くなる
DSC02937_R_20180206231924bb1.jpg
遊歩道から近いせいか、空き缶等が目立つ
DSC02938_R_20180206231925c2d.jpg
T字路にある非常にちんまい爆風よけ
DSC02940_R_201802062319261e1.jpg
左に進むとどんどん低くなる天井
DSC02941_R_2018020623192869f.jpg
原因は土砂の流入だった
DSC02942_R_20180206231929165.jpg
正面は行き止まり、右手に壕口があったようだ
DSC02946_R_201802062319317f2.jpg
開口部は見えず、壕口は埋まっている様だ
DSC02949_R_2018020723321577f.jpg
反対側に進む
DSC02951_R_20180207233217e62.jpg
下り坂になっていた
DSC02952_R_20180207233217190.jpg
壁にかすがいが打ち込んである
DSC02954_R_20180207233218829.jpg
中央部は階段状になっている
DSC02955_R_20180207233221c04.jpg
またかすがいが落ちている
DSC02961_R_20180207233222bf2.jpg
突き当たりは真っ白い壁に囲まれていた(カビだけどね)
DSC02963_R_20180207233223dca.jpg
横長の明かり置き
DSC02964_R_20180207233225794.jpg
縦長の明かり置きと統一性が無い
DSC02966_R_201802072347215f5.jpg
T字の単純な壕なので撤収する
DSC02968_R_20180207234722796.jpg
出入りは大変だ
DSC02970_R_201802072347234b0.jpg
近くにもう一つ有ったが入れそうも無い
DSC02973_R_201802072347252d3.jpg
竹やぶの中をへつっていく
DSC02974_R_201802072347274a1.jpg
また、入れそうな所があった
DSC02979_R_20180207234728e3c.jpg
入った所から、面白い構造をしている
DSC02981_R_20180209205222fb2.jpg
当然右に行く
DSC02987_R_20180209204716bf2.jpg
左手に下り坂がある
DSC02984_R_20180209204715d80.jpg
碍子と小瓶が目立つ
DSC02992_R_20180209204718d12.jpg
左右に道が別れている
DSC02993_R_2018020920472046e.jpg
昭和の病院で見かけた様な気がする
DSC02995_R_20180209210021523.jpg
左側は行き止まり
DSC02996_R_201802092100230ae.jpg
右を見て驚いた、開いた傘が並んでいた、しかもその奥に寝床がある!信じられん・・・
DSC02997_R_20180209210024d0a.jpg
寝床を越えると、ガレが積み上げられてある、天井の崩落ではない
DSC03000_R_20180209210025f09.jpg
ガレを超えると正面は行き止まり、右に上り坂がある、元の通路に戻りそうだ
DSC03005_R_201802092100285d8.jpg
上から見下ろした所
DSC03002_R_20180209210027572.jpg
以外に狭く滑る通路だった
DSC03012_R_20180209214127b91.jpg
元の通路を奥に進む
DSC03013_R_20180209214128dab.jpg
壕内に根っこが出ているので、ずいぶん地表に近いようだ
DSC03021_R_20180209214129764.jpg
ゆるく右に曲がって行き止まり
DSC03024_R_20180209214131603.jpg
害虫殺滅液 強力フマキラー
DSC03026_R_2018020921413292d.jpg
関西では未だに売っていたパレード
DSC03029_R_20180209214133b3c.jpg
手榴弾のようなビン、コルクの蓋も残っている
DSC03030_R_201802092141355a1.jpg
多種多様の注射用アンプル、薬ビンが散らばっている
DSC03031_R_20180209214136960.jpg
カラーの碍子がある、貝山地下壕でもあるタイプだ
DSC03034_R_2018020922102049f.jpg
壁一面の落書き、昭和期には壕内でいろんな行為が行われていたようだ
DSC03035_R_20180209221021e73.jpg
脱出した
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント