FC2ブログ

大庭城址公園 その2

DSC03040_R_20180209221022130.jpg
次の壕に案内してもらう
DSC03044_R_20180209221025b70.jpg
すじ氏は良く見つけたものだ、上からでは見えない
DSC03046_R_201802092210251e6.jpg
少し下の方なせいか、砂岩質で石が多く含まれている
DSC03050_R_201802092216481e7.jpg
石だらけで、掘り難そうだ
DSC03051_R_20180209221650482.jpg
複雑だが、右にしか行けない
DSC03054_R_20180209221652e5f.jpg
右に曲がると長い通路が見える
DSC03056_R_20180209221653893.jpg
正面は行き止まりに見える
DSC03057_R_20180209221654d78.jpg
近寄ると空間が見える
DSC03059_R_20180209221655ebf.jpg
正面と左側は行き止まり
DSC03060_R_20180209224029c02.jpg
右下に通路がある
DSC03065_R_20180209224031cf0.jpg
直線と左に分かれる
DSC03066_R_20180209224031a8d.jpg
真っ直ぐは開口部に繋がっていた
DSC03067_R_20180209224034325.jpg
左に進む
DSC03068_R_201802092256156f7.jpg
坂を下っていく
DSC03069_R_2018020922561770a.jpg
何やら瀬戸物が落ちている、上の壕口から投げ込まれた物かも知れない
DSC03072_R_201802092256171df.jpg
深く潜ったせいか、地質が変わる
DSC03073_R_20180209225619dd1.jpg
また、T字に突き当たる
DSC03074_R_20180209225621c9d.jpg
右は上り坂で土砂で埋まっていそうだ
DSC03075_R_20180210235915b38.jpg
戻って左側に進む、すぐにクランクしている
DSC03077_R_201802102359169a3.jpg
曲がると爆風避けがあり、また右に曲がる
DSC03078_R_201802102359173ed.jpg
湿気が立ち込め、閉塞確実
DSC03079_R_20180210235918ba3.jpg
空いてそうで空いてない隙間、探索終了だ
DSC03093_R_20180210235921b32.jpg
振り返ると頭上に変な穴が開いていた
DSC03094_R_2018021023592151d.jpg
誰かが石を突っ込んでいた
DSC03097_R_201802112358033b6.jpg
はっきりと分かれた地層
DSC03098_R_2018021123580401b.jpg
引き返す
DSC03101_R_20180211235806e3b.jpg
途中の部屋にメンバーが溜まっている
DSC03100_R_20180211235805819.jpg
脱出
DSC03104_R_20180211235808cd0.jpg
外から見た壕口
DSC03105_R_2018021200254692b.jpg
探索終了、撤収
DSC03111_R_201802120025486f8.jpg
お城だったので、空堀が多い
DSC03112_R_20180212002549eb2.jpg
大庭城址
DSC03113_R_201802120025510ac.jpg
こんな感じの公園
DSC03114_R_2018021200255251b.jpg
松のマンホール
DSC03116_R_20180212002553048.jpg
帰りがけにC-1輸送機が飛んでいた
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント