鴨川市天津の明治隧道(廃隧道)の帰り道

DSC03474_R_20180215202321438.jpg
隧道発掘が終わるが、更に高みに上ろうとするのだ様
DSC03471_R_20180215202320c6b.jpg
様々な自撮り道具を駆使するねこさん
20180213234239841_R.jpg
天津の明治隧道制覇記念
DSC03475_R_20180215202323061.jpg
下山を開始する
DSC03478_R_20180215202325cc6.jpg
落ちた吊り橋の土台に戻って来た
DSC03477_R_2018021520232413d.jpg
昭和期に簡易橋が掛けられた様だが、最早朽ちかけている
DSC03481_R_201802152023268ea.jpg
それでも渡ろうとする勇者のだ様
DSC03482_R_2018021520232969d.jpg
やっぱり駄目だった、4年前に駄目だった橋が渡れるはずも無かったようだ
DSC03484_R_20180215203543b22.jpg
かなり麓まで降りて来たとき
DSC03485_R_20180215203545a1c.jpg
自分達の通ってきた道の下に何かが見える
DSC03486_R_20180215203546fe6.jpg
穴が有る
DSC03488_R_20180215203548e2a.jpg
下まで降りると、結構大きな開口部だった
DSC03489_R_20180215203548d2f.jpg
立派な水路隧道だ
DSC03490_R_201802152035507b6.jpg
雨上がりでこれだけの水量しかない所に、こんな大きなのが必要だったのだろうか?
DSC03492_R_20180215203552869.jpg
奥の方は土砂が蓄積されている
DSC03493_R_2018021520355307c.jpg
流木が塞いでしまったようだ、微かに開口しているが引き返す
DSC03497_R_201802152049346aa.jpg
足元に行きに見つけた碍子と同じ形だが、メーカーと年号が違う(先のは1937年製)
DSC03499_R_20180215204936cf5.jpg
振り向くと人影が
DSC03501_R_20180215204936659.jpg
なんか絵になるシルエット
DSC03503_R_20180215204938c22.jpg
谷底に何か見えた、現行の電車のトンネルだ変な入り口、土砂崩れ防止用だろうな
DSC03504_R_20180215204941585.jpg
ため池がある、深そうだ
DSC03505_R_20180215204942956.jpg
穴がまた有る、どうやって近づこう?
DSC03507_R_2018021521063427d.jpg
辺りをうろつくと、機銃座が!と、思ったら炭焼き場らしい
DSC03508_R_20180215210635d2c.jpg
深い縦穴発見!
DSC03509_R_201802152106368db.jpg
深すぎて入れん、さっきのため池に繋がっていそうだ
DSC03510_R_2018021521063861c.jpg
手をこまねいている内にのだ様が突入して行く
DSC03511_R_2018021521064013f.jpg
あっとゆう間に降りていった、恐るべし
DSC03512_R_20180215210641946.jpg
辺りをうろちょろしていると
DSC03515_R_20180215210642f3c.jpg
何かが上の方で動いた!
DSC03516_R_20180215211623f65.jpg
リアル野生のいのししだ!
DSC03518_R_20180215211624cad.jpg
動いてる音は聞いた事があるが、実際に対峙したのは初めてだ
DSC03520_R_20180215211625816.jpg
荒い息遣いが聞こえる
DSC03521_R_20180215211626966.jpg
これはちょっとヤバイかも?
DSC03524_R_20180215211628c14.jpg
しっぽ巻いて退散する
DSC03525_R_20180215211629644.jpg
1日費やす覚悟できた穴掘りが、あっとゆう間に終わってしまったので、下界に降りてきた
DSC03526_R_20180215211632064.jpg
昼飯を食いに町に行く
DSC03527_R_20180215212819413.jpg
懐かしい行川アイランド前を通過
DSC03528_R_20180215212733f16.jpg
知る人ぞ知るラーメン屋「えびね」
DSC03530_R_201802152127342a4.jpg
勝浦と言えば勝浦タンタンメン、数年前にいきなり出来た御当地名物
DSC_0140_R_2018021521273507a.jpg
店内には大和、戦車、バイク、旧車の模型が並ぶ、いいちこも並ぶ
DSC_0143_R.jpg
勝浦坦坦の後は、時間が余ったので懸案物件を探しに行く事になる
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

イノシシの画像、綺麗に写ってますね。
自分撮った画像は、なんだかよくわからんかったのでその場面カットしました(笑)

それにしても・・・・ 自分の髪の毛
めっちゃ短いわ~~~~
他人様の撮った画像でよ~~~くわかりました。
実はね・・・・  こんなに短くするつもり
なかったんですがね。
今やってる現場の隣がたまたま千円カットの店でね。

埃や、振動で迷惑かけてるから、みんなで
いこうぜって行って行ったら、こんなんに
なりました。(笑)
なんとなく嫌な予感がするから、ほんの2cmくらい詰めてくれっていったにの、切り始めたら平気で5cm以上、ばさばさ切ってんだもの・・・・  終わった~( ̄□ ̄;)!!
久々に頭が寒いっす≧(´▽`)≦アハハハ

ねこさん

いのししは、動きますからね~
自分は正面にいましたし、一眼ですから!
ずいぶんさっぱりしたなと、思ってましたが
そんな経緯があったのですね、ささやかなしかえしだったのでしょうか?
風邪引かないで下さいね~。

No title

自分も東北の鉱山でイノシシとばったり対峙したけど、思った以上に大きいし、もう恐怖しかないよね~(((;゚Д゚)))

とのさん

いや、ほんとに実際以上に大きく見えるんだよねこれが
見た目より動きが俊敏で、まともに写真撮ってる余裕が無かった。
野生動物舐めたらあかんね!