FC2ブログ

勝浦松部重機関銃陣地&野々塚山前編

DSC03533_R_20180217203814918.jpg
昼食後、松部に移動して現地聞き込みを始めると、あっさりと判明、地元の人から入山コースを二通り教わる
DSC03535_R_201802172038153ef.jpg
道路沿いにもトンネル前後に複数の塞がれた壕口がある、これは銃眼だったらしい
DSC03538_R_20180217203818389.jpg
二手に別れて山頂を目指す、三人ずつのグループ捜索開始
DSC03540_R_2018021720382059c.jpg
さっそく壕口を発見!
DSC03542_R_20180217203820256.jpg
やたらにビンが詰め込まれていて、結構危ない
DSC03543_R_20180217203822516.jpg
入ってみると、横長の20m程度のヨの字型の壕だった
DSC03546_R_20180217203824595.jpg
次に向かう
DSC03547_R_20180217205536149.jpg
山頂を越える頃、もう一方のグループから発見の報が入る
DSC03548_R_2018021720553827c.jpg
塹壕の先にぽっかりと口を広げる壕口
DSC03555_R_2018021720553815f.jpg
入り口はかなり厄介だった
DSC03557_R_201802172055415a8.jpg
崩落が進み、空いているのはこの隙間だけ
DSC03559_R_20180217205542e1b.jpg
這いずって入り込むと、中は広かった。正面は爆風除けになっていた
DSC03561_R_201802172105098a8.jpg
入ってきた壕口部、出れるんだろうかこの後?
DSC03565_R_20180217210510f69.jpg
左に曲がると奥は倉庫的な窪み、右に通路がある
DSC03568_R_201802172105129b5.jpg
右に曲がると、なかなか広そうな壕だと判明、また分岐がある
DSC03571_R_201802172105135f0.jpg
右に曲がってみる
DSC03572_R_20180217210514398.jpg
正面は掘りかけ、左に進む
DSC03573_R_20180217211302e24.jpg
左側には外光が見える
DSC03574_R_20180217211303fb8.jpg
僅かに空いた、別の壕口だ
DSC03575_R_2018021721130423f.jpg
振り向くと、やはり爆風除けがあった
DSC03577_R_20180217211306d9b.jpg
元の分岐に戻る
DSC03580_R_2018021721184618d.jpg
奥に進んで行く、天井は崩れていないので、ズリが溜まっているままなのだろう
DSC03583_R_2018021721184818d.jpg
また分岐
DSC03584_R_201802172118489d0.jpg
足元に光る妙な結晶
DSC03587_R_20180217211851bd3.jpg
正面は壕口だったと思われるが、埋没
DSC03589_R_20180217211852dd0.jpg
右側には2m四方程の部屋があった、資料には銃眼を備えるとなっているようだが、ここに開ける計画だったのか?
DSC03591_R_20180217213353dab.jpg
パパさんが、帽子にペットを乗せてやって来た
DSC03595_R_20180217213354e43.jpg
最深部まで来たので引き返す
DSC03596_R_20180217213355fd1.jpg
同じ所から出るのも芸が無いので、もう一つの方から脱出する
DSC03597_R_20180217213356c70.jpg
最初の入り口より、ちょっとはマシな気がする
DSC03601_R_20180217213358cc9.jpg
脱出して来た穴、大して変わらなかった気がする
20180218105642018[1]
ねこさん作画、壕内図
DSC03602_R_2018021818474345b.jpg
装備を纏め、撤収する
DSC03604_R_20180218184656f6f.jpg
近くに落ちていたにのきん
DSC03607_R_20180218184658ba2.jpg
車6台連ねて移動する
DSC03608_R_20180218184659746.jpg
杉戸に移動してきた
DSC03615_R_20180218184700525.jpg
道路を睨む、銃眼が見える(下の方)
DSC03617_R_201802181951200f9.jpg
早速裏の壕口から突入する
DSC03619_R_20180218195122405.jpg
少し進むと、左に分岐が現れる
DSC03620_R_20180218195123e05.jpg
覗くと下り階段になっている、一旦パスして真っ直ぐを先に行く
DSC03624_R_20180218195125644.jpg
壕内はゴミ一つ無く掘削も綺麗だ、左に直角に曲がる
DSC03625_R_201802181951260d5.jpg
外光が見える
DSC03627_R_2018021819512858d.jpg
部屋の電気を付けると、重機関銃の台座が現れる、左側は給弾手の立つ所
DSC03630_R_20180218195129e13.jpg
銃眼部、これはさっき下から見た銃眼だ
DSC03632_R_20180218202314d51.jpg
後続が入ってきた
DSC03636_R_20180218202317363.jpg
場所を譲り、引き返す
DSC03637_R_20180218202318110.jpg
銃室から振り返った爆風避け付きの通路
DSC03638_R_20180218202319e59.jpg
小森さんがたくさんぶら下っている、かわいい!
DSC03635_R_201802182023149f0.jpg
爆風避け部分は、普段すれ違うための場所になる、我々もよく同じ使い方をする
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント