FC2ブログ

横須賀海軍工廠船越造兵部田浦地下軍需工場再訪

DSC04136_R_20180301220757dd7.jpg
日没間近かのF壕倉庫、yakumoの突然の召集に応じた、埼玉から静岡に至る好き者たちが集う
DSC04134_R_20180301220754bd3.jpg
F号倉庫に興奮する静岡さん
DSC04135_R_20180301220755209.jpg
主目的に向かうには、まだ時間的に早かった、引込み線など見ながら、近場の巨大壕の一つに入る
DSC04138_R_201803012207570ab.jpg
海軍の壕は、本来広くて綺麗であるが、ここの通称は「チクチク壕」
DSC04139_R_201803012207590b8.jpg
この壕は部分的に車が走れるほど広いので、産廃業者が色々な危険物を廃棄して行った
DSC04141_R_2018030122080256c.jpg
こんな床の見える通路は1/5程度だろうか
DSC04143_R_20180301222654fd9.jpg
当時の電線の残る碍子
DSC04145_R_20180301222656f50.jpg
状態は悪いが、ホーローの海軍食器
DSC04149_R_201803012226572b2.jpg
ちょっと大き目のコンクリート製の水がめ
DSC04150_R_2018030122265815c.jpg
総軍さんが歩測を計りながら消えていった
DSC04153_R_20180303173034ebd.jpg
イット缶や、山積みされたグラスウールが行く手を阻む
DSC04154_R_201803031730358ad.jpg
その為に全員長靴装備?
DSC04157_R_20180303173036bd7.jpg
産業廃棄物を物色する空母氏、やめとけって!
DSC04160_R_20180303173038406.jpg
床を埋め尽くすグラスウール、アスベスト問題で見れなくなったが、ここには山とある
DSC04166_R_20180303173040243.jpg
ドキッとした、医療系手袋
DSC04175_R_201803031730417b1.jpg
まるで砲室のような部分
DSC04178_R_2018030317432126d.jpg
壁面はコンクリート製
DSC04181_R_201803031743239f5.jpg
先端部には四角い穴を空けたような後が有るが、足が沈むので近寄れない
DSC04182_R_20180303174325829.jpg
近くにはコンクリートの部屋もある(弾薬庫?)
DSC04184_R_20180303174325de3.jpg
貫通した出入り口、窓の向こうは埋まった通路がある
DSC04185_R_20180303174327f26.jpg
全景
DSC04190_R_20180303174328003.jpg
右奥の穴は埋められている
DSC04191_R_20180303174330692.jpg
左上のコンクリートに囲まれた謎空間、ロフトか?
DSC04208_R_201803031812592fe.jpg
人物を入れるとこんなもん、結構広い
DSC04194_R_201803031812517cf.jpg
部屋を出て、ぐるっと回りこむ
DSC04197_R_20180303181252e5f.jpg
これがさっきの部屋のガラス戸の反対側、産廃に埋まってる
DSC04200_R_20180303181254efe.jpg
もはや戦後の物か、戦中の物かさっぱりわからない
DSC04201_R_20180303181255984.jpg
この辺には、産廃業者の車の轍が残っている
DSC04202_R_20180303181257333.jpg
地下壕の中を車で走るって、どんな気分だろう?(バイクで走った人なら知っているが)
DSC04203_R_20180303181257d66.jpg
天井に幾つか残る碍子
DSC04215_R_20180303181301348.jpg
グラスウールを採取する空母氏、やめとけって
DSC04221_R_20180303181302125.jpg
真空管がいっぱい落ちている
DSC04222_R_201803031813035b9.jpg
通信用と書いてある
DSC04225_R_20180303213104930.jpg
壕はまだまだ奥へとつづく
DSC04227_R_20180303213106030.jpg
中腹への抜き穴の一つだが、塞がっている
DSC04230_R_2018030321310769f.jpg
また空母氏が変な物拾ってきた、でも面白い
DSC04231_R_2018030321310866d.jpg
木箱、近くにはアンプルが
DSC04232_R_2018030321310947e.jpg
ガラス製の注射器が、針やアンプルも多種多様に落ちている
DSC04233_R_2018030321311135c.jpg
大量にあるが、近くの自衛隊病院の廃棄物か?(んなわけないし)
DSC04236_R_201803032145213d4.jpg
二人がさっきの行き止まりの斜面に上ろうとしているが、黙っておこう
DSC04237_R_20180303214522d62.jpg
部屋の奥に穴が有る
DSC04241_R_20180303214525c8d.jpg
空母氏が入って行く
DSC04238_R_2018030321452405d.jpg
奥は二股に分かれているがすぐに行き止まりだった
DSC04243_R_20180303214527d32.jpg
更に奥に進む
DSC04244_R_20180303214527c4f.jpg
突き当たりかと思った部屋に、穴が空いている
DSC04245_R.jpg
いやな物が流れ込んでいる、しかし向こうが気になる
DSC04246_R_2018030321453150b.jpg
カメラを突っ込むと、何だコリャ~どんだけ突っ込んでるんだグラスウール(産廃投棄は犯罪です)
DSC04248_R_20180303215827e90.jpg
隣の通路への接続部を探しに行く
DSC04254_R_20180303215828c0b.jpg
あった、非常に狭くいやな通路が
DSC04256_R_20180303215829b11.jpg
確かに右奥にさっきの穴が見える
DSC04257_R_2018030321583151b.jpg
絶対踏み込みたくない通路
DSC04258_R_20180303215832373.jpg
天井も怪しい硝石が下がっている
DSC04260_R_20180303215833fc4.jpg
また、横に通路があった
DSC04262_R_201803032158355b4.jpg
床は汚いが、作りはめちゃ綺麗だ
DSC04263_R_201803032223044a2.jpg
空母氏が貫通していく
DSC04270_R_20180303222306fa1.jpg
更に同じ様な通路がある
DSC04271_R_20180303222308693.jpg
形状は全く同じだ
DSC04276_R_20180303222308c82.jpg
どこまでもグラスウールは付きまとう
DSC04278_R_20180303222310c0e.jpg
DSC04281_R_2018030322231183d.jpg
廃屋エリアまでやってきた、位置的には駅前の辺りだ
DSC04284_R.jpg
最深部まで来たので引き返す
DSC04288_R_2018030322571252d.jpg
さぁ、撤収だ
DSC04290_R_20180303225713a05.jpg
うん、この通路の先っぽは
DSC04291_R_2018030322571494c.jpg
コンクリートだったのか、気が付かなかった
DSC04292_R_20180303225715619.jpg
またここを通るのか・・・
DSC04294_R_201803032257177bf.jpg
何か光っている
DSC04295_R_20180303225718d46.jpg
何かと思えば、とのさんがレーザーポインターで遊んでいた、いい色になるものだ
DSC04297_R_201803032257202de.jpg
ここまで来ればあと少し
DSC04300_R_2018030322572103e.jpg
最後の脱出路が狭い、外は真っ暗になっていた
後に見たら、ここに1時間45分もいたようだ、好きだなみんな
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント