FC2ブログ

なつかしのあの壕へ行って来た

DSC04301_R_2018030415392056c.jpg
久々に地下壕探索の原点となった、巨大地下壕に行って来た
DSC04307_R_20180304153923313.jpg
部屋に比べて、通路部分の不整備さはなんだろう?
DSC04309_R_20180304153923122.jpg
左サイドから攻めて行く、巨大な壕だが既に図面が無くとも歩き回れるように覚えている
DSC04311_R_2018030415392553e.jpg
さぁ、お楽しみだ!
DSC04313_R_20180304170616c27.jpg
過去のデータと照らし合わせをしている総軍さん
DSC04314_R_20180304170618095.jpg
彼にも壕内図はもう要らない
DSC04315_R_20180304170619f97.jpg
この壕の巨大さが判る一葉
DSC04316_R_2018030417062042e.jpg
通路も広めですれ違いが殆ど可能
DSC04318_R_20180304170622417.jpg
このブロックは元々未完成の部分で、ズリも多く残るうえ、工事による振動でかなり崩落している
DSC04320_R_201803041706247da.jpg
外部連絡口もかなり塞がっている
DSC04323_R_20180304174208370.jpg
この壕に初めて入る人には、必ずこの斜坑に入ってもらう、二度の直角クランクのある斜坑
DSC04325_R_2018030417421093e.jpg
これだけ綺麗に造ってあって、結局行き止まりの悔しさを共有するためだ!(斜度と狭さはかなりの物)
DSC04327_R_20180304174212890.jpg
最近メンバーは誰かの(空)せいでビンマニアになりつつある、リオンコーラなんて聞いた事も無い
検索にも引っかからないほどのレア物?ビンも独特だし
DSC04328_R_20180304174213337.jpg
明治スカット、1970年代に発売後、2002年までは缶入りで生き残っていたらしい炭酸飲料
DSC04331_R_201803041742144ef.jpg
ビンラムネ、今はこれもプラスチックに・・・
DSC04333_R_2018030417421640a.jpg
今は無い6穴のホイール、タイヤは石橋さんだった
DSC04334_R_20180304180930ee0.jpg
コンクリートの入り口を持つ部屋
DSC04337_R_201803041809328f8.jpg
内部にも仕切りがある
DSC04338_R_2018030418093388b.jpg
別の出入り口も同様
DSC04340_R_2018030418093595b.jpg
床にはコンクリートの低い基礎がある、自分は炊事場と認識している
DSC04341_R - コピー
この付近は複雑な為、居住区と位置づけしている
DSC04345_R_20180304182130897.jpg
全体的に崩落が激しいが、これだけ広ければ問題ない
DSC04344_R_20180304182131daa.jpg
問題はむしろ、残留物が埋まってしまっている事だろう
DSC04346_R_20180304182132286.jpg
とのさんも懐かしいこの壕を堪能しているようだ
DSC04347_R_20180304182133960.jpg
全面コンクリートの部屋に来た
DSC04349_R_20180304182134b6c.jpg
入り口部分の支保が焦げている、なぜ?
DSC04351_R_20180304182137084.jpg
ここだけが前面コンクリートだ、指令所か何かだろうか?
DSC04352_R_20180304182137b65.jpg
出口通路までコンクリートで補強されている
DSC04354_R_20180304192045a45.jpg
次なるお楽しみポジションに移動する
DSC04355_R_20180304192046b2b.jpg
食器の破片が散乱する
DSC04356_R_20180304192048332.jpg
名古屋製陶所製のオードブル皿
DSC04357_R_20180304192048cdf.jpg
金淵に赤のイカリマーク、士官用だ
DSC04359_R_20180304192051450.jpg
山のように転がる食器達
DSC04360_R_201803041920520ea.jpg
深川製磁の刻印
DSC04364_R_201803041920532c8.jpg
峯山とは有田焼の陶芸家さんのようだが、読み方が違ってそうだ
DSC04366_R_20180304192054039.jpg
兵、下士官用は青いマーク
P1010015_R_20180304215115394.jpg
以前の発掘品の一部公開
P1010029_R.jpg
P1010044_R_2018030421511813c.jpg
P1010051_R.jpg
P1010071_R_20180304215121536.jpg
P1010091_R.jpg
色々なサイズ、メーカー、種類があるようだ
DSC04369_R_20180304215534f6e.jpg
精密機械油ビンもいくつか拾った
DSC_0221_R_2018030422185287a.jpg
磨いてみた
DSC04372_R_201803042155353a3.jpg
そろそろ時間的にヤバイ時間になってきた
DSC04381_R_2018030421553649e.jpg
この壕で一番好きな所
DSC04391_R_201803042155371d4.jpg
双子井戸と呼んでいる
DSC04393_R_20180304215539267.jpg
撤収する
DSC04397_R_20180304222623f55.jpg
最後に空母氏があそこに登ると言い出した
DSC04399_R_20180304222625367.jpg
待ってたが中々出てこない、先に帰るとしよう
DSC04398_R_20180304222625978.jpg
彼が到着した時はもう誰もいなかった、さようなら空母氏、君の事は忘れない・・・二、三日ぐらいは!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ちくちくに比べ快適な壕でしたね~ 残留物も多くて発掘調査も楽しめました!
ティーカップセット良かですな~♪ ウヰスキー入れて飲みたい!(^^)!
さよなら空母氏また来て欲奈ですと⁉
金淵赤のイカリマーク欲しいし、また拾いに行こうかな~( *´艸`)

No title

此処、行きたいです!!

空母氏

明日来てもいいよ夜なら!
ちなみにこれはコーヒーカップ&ソーサーやで
地下近か壁の向こう側になりそうなので、再訪は早目がええですよ。
んじゃ明日の晩、まっとるよ!

WhitePigeon様

100を超える地下壕に潜ってますが、こんないい地下壕はほとんど有りません。
みな、個性的な良さはありますけどね!
また神奈川に遊びに来てくださいね。
この壕も後僅かな命です。

No title

何度行ってみても良い壕ですなぁ。。
完全な闇になる前に、もう一度くらい潜りに行こうかな(*´w`*)

とのさん

今週末なら空いてますよ!
ここは何回行ってもいいですね
埋めてしまうのがもったいない
前回は中途半端にタイムオーバーだったから
また行きたいですね