FC2ブログ

鴨川、勝浦地区、プチ探索

DSC06006_R_20180401233932861.jpg
天津には、観測所があったらしい
DSC06008_R_201804012339334c7.jpg
山が急勾配で、取っ掛かりが見つからない、自分とのださんだけが偵察に登っていく
DSC06009_R_20180401233934096.jpg
馬の背になった尾根道が存在する
DSC06010_R_201804012339356f7.jpg
海がよく見える
DSC06013_R_201804012339371bb.jpg
人工的に掘られた部分がある、これが観測所跡だろうか?
DSC06015_R_20180402225027b59.jpg
馬の背を歩いて行く
DSC06018_R_201804022250289c4.jpg
明らかに平らに整地された場所があった木造兵舎でも有ったのだろうか?
DSC06020_R_2018040222503027e.jpg
安房天津駅
DSC06023_R_201804022250311b1.jpg
自衛官募集
DSC06027_R_201804022250334ae.jpg
電車が来た
DSC06033_R_20180402225035efa.jpg
線路沿いの桜
DSC06032_R_201804022250345ac.jpg
マッキーが真似してた
DSC06035_R_2018040223461865e.jpg
奇妙な建物、新興宗教かと思ったら、中学校らしい
DSC06036_R_20180402234619e4c.jpg
気に入ったから持って帰るとダダをこねるマッキー
DSC06037_R_20180403225114e18.jpg
勝浦方面に向かう
DSC06040_R_20180403225115f0b.jpg
林道に入る
DSC06041_R_20180403225116d18.jpg
軽でやっとの道路幅
DSC06043_R_20180403225118ee2.jpg
渓流まで登って来た
DSC06044_R_20180403225119028.jpg
気になる穴発見
DSC06046_R_20180403225121ade.jpg
野田氏が攻めるが、ぬかるみが酷くて長靴が沈む
DSC06051_R_20180403225122da6.jpg
ギリギリの所で写真を撮ると、すぐに突き当たりとなる様だ
DSC06056_R_20180403231829d9c.jpg
帰路でまた穴らしき物を発見
DSC06057_R_20180403231831c4e.jpg
確かに穴だ
DSC06059_R_201804032318325cd.jpg
中は水が溜まっている
DSC06061_R_201804032318345f3.jpg
すぐそばに抜けている。川回しにしては変な場所だし意味が無い
DSC06053_R_20180403231826339.jpg
草薮で、罠を発見
DSC06054_R_20180403231828f96.jpg
こんな感じで、踏んだらスプリングでビヨーンってなる。危ないから撤収する
DSC06065_R_2018040323283820f.jpg
近くの防空壕を見て行く
DSC06066_R_201804032328392fd.jpg
生活道路に面しているため、トタンで蓋をされている
DSC06067_R_201804032328419b0.jpg
隙間から覗くと、二つが繋がっている単純な民間防空壕の様だ
DSC06075_R_20180405232243c13.jpg
勝浦出水のコンビニの裏に川を挟んで壕口が見えるという
DSC06076_R_20180405232245bbe.jpg
がんばって突入した
DSC06078_R_20180405232246fb1.jpg
入り口入ってすぐの部屋
DSC06081_R_201804052322473f8.jpg
正面を見ると、複雑そうな通路が見える
DSC06082_R_20180405232249c07.jpg
隣の入り口と繋がっていた
DSC06083_R_20180405232250d86.jpg
掘り方は海軍の物だろう
DSC06084_R_20180405232252621.jpg
入り口入って左側に進むと、また部屋がある
DSC06086_R_20180405233820f1a.jpg
奥の細い通路はクランクしている
DSC06088_R_20180405233821049.jpg
外部への3つ目の開口部
DSC06091_R_201804052338226bd.jpg
更に奥に続く
DSC06092_R_201804052338234fa.jpg
小振りな部屋が一つ
DSC06096_R_201804052338255d5.jpg
その先は開口部だったろうが、外からの埋め戻しで塞がっている
DSC06098_R_201804062329044e5.jpg
来た方向に引き返す
DSC06099_R_20180406232905374.jpg
メイン通路
DSC06100_R_2018040623290621d.jpg
ブルドックソースのビンが落ちていた
DSC06101_R_20180406232908d14.jpg
左側の部屋
DSC06102_R_20180406232909694.jpg
右側の部屋
DSC06105_R_20180406232911454.jpg
排水溝の先の清水貯め
DSC06106_R_20180406234201dbf.jpg
奥のT字に広がる部屋
DSC06107_R_20180406234202450.jpg
左側は5mぐらい
DSC06108_R_2018040623420496d.jpg
右側は20mぐらい、見事な形だ!七十年以上前の地下壕とは思えない
DSC06109_R_20180406234204a77.jpg
壁面に刺さった釘、電気を引いていたのかも知れない
DSC06110_R_20180406234206b4f.jpg
形状的に燃料壕と思われる。勝浦と言えば震洋や海龍だろう
DSC06115_R_20180406234207013.jpg
この部分の土質は頑強で、コンクリートのようだった
DSC06121_R_20180407001758224.jpg
外に出て地元の人に聞いたら、他にも沢山の穴が開いていた
DSC06118_R_20180407001754ecf.jpg
入りやすそうな所だけ入ってみる
DSC06119_R_201804070017554fa.jpg
一部屋でゴミ捨て場になっていた
DSC06120_R_201804070017567cf.jpg
隣の入り口もL字型の一部屋だった。
DSC06123_R_20180407001759443.jpg
アホな事を真面目にやってる奴らを、水仙がじっと見ていた
DSC06126_R_2018040721105425e.jpg
勝浦墨名にある、機関銃陣地にやって来た(これ銃眼)
DSC06129_R_20180407211055d4c.jpg
良く見つけたなこんなの・・・
DSC06131_R_201804072110577b4.jpg
覗き込むと奥に通路が見える
DSC06134_R_20180407211059b0f.jpg
とりあえず潜り込んだ、入り口はここだけなのだ
DSC06132_R_201804072110586d0.jpg
広い銃室だ3mぐらいあるか?
DSC06138_R_201804072111016f0.jpg
くの字に曲がり、奥に伸びる
DSC06139_R_201804072111024c2.jpg
陸軍らしい通路、さっきの海軍とはまるで違う
DSC06140_R_201804072111043ed.jpg
真っ直ぐ進んだ先は埋まった出入り口だったろう場所
DSC06141_R_20180407214729c6a.jpg
左に二股分岐がある
DSC06143_R_2018040721473175a.jpg
正面は土砂が流入している
DSC06144_R_201804072147337b8.jpg
左の隙間に進む
DSC06146_R_2018040721473417c.jpg
また土砂で埋まっている
DSC06149_R_20180407214735a48.jpg
右にまだ通路が延びている
DSC06152_R_20180407215239cae.jpg
分岐をとりあえず真っ直ぐ進む
DSC06153_R_20180407215240525.jpg
ここで行き止まりになる、部屋でもない長い通路、キチンと面取りしているので、堀かけでもない。
こうゆう部分は多く見かけるが、何の目的だろう?生息部にしては狭すぎる
DSC06154_R_20180407215241bac.jpg
天井に残る釘一本
DSC06155_R_2018040721524334e.jpg
分岐に戻り、そっちに進む
DSC06157_R_20180407215245dc6.jpg
ちょっと広がった部屋のようだが、半分埋まっている
DSC06158_R_2018040721524660d.jpg
こちらも銃眼だったのだろう、土嚢で埋められている
DSC06162_R_20180407220258234.jpg
さて戻ろう
DSC06164_R_2018040722030051e.jpg
かなり綺麗に掘られた物件だった
DSC06166_R_201804072203018d1.jpg
ゴミ一つ落ちてなかった
DSC06167_R_20180407220302a65.jpg
まぁ、出入りできるのここだけだし
DSC06169_R_201804072203038ca.jpg
さて、探索終了
DSC06172_R.jpg
近くに小さな穴があったが、単独だった
DSC06173_R_201804072211126b8.jpg
どっぷり暗くなったので、流れ解散となったが30分ほど皆で話をしていた
DSC06174_R_20180407221113208.jpg
途中までは快適だったが
DSC06178_R_201804072211145de.jpg
結局どんずまり、帰りはいつも3時間コースだな、千葉は。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

更新お疲れ様でした。
自分のほうは気力体力的に余裕なくてまだ先になりそう
です( ̄▽ ̄;)

さて……
次回ですが、大多喜は泉水の重機×5の散策と、
例の師団長閣下ご視察の四方木の場所の情報が、パパさんが掴んできてくれたので、大規模山狩りを企画する予定です。
5月連休あたりかな……
四方木の規模、詳細はわかりませんが、かなりマニアックな物件だと思われるので、是非とも参加くださいね。
ということで、次回は戦跡メンバー召集ですな。
ま、数名増えるだけでたいしてかわらんけど(^0_0^)
ではまた(^○^)

ねこさん

お仕事お疲れ様です!

日にちが合うようでしたら是非とも参加したいです!
アナリストメンバーは、情報収集力がハンパ無いですね~、大先生とも久しぶりに会えるといいですね!
GWまでの追い込み仕事、頑張って下さいね。