六浦地下壕再訪(南側)及び比与字地下壕新規発見

DSC08703_R_20180513181547612.jpg
中央部にある抜き穴に戻り、北側坑道に向かう
DSC08706_R_20180513181549e01.jpg
北側坑道入り口
DSC08704_R_20180513181548a45.jpg
横にある部屋への入り口
DSC08711_R_201805131824012ec.jpg
コンクリートの階段がある部屋、ワザと掘り下げているようだ
DSC08710_R_20180513181550a11.jpg
天井には吊り下げ金具や電気碍子の跡がある
DSC08718_R_20180513184255002.jpg
メイン坑道はほぼ同じ幅だが後に窄まる
DSC08720_R_201805131842568bf.jpg
こちら側の坑道は近代産廃が多く投げ込まれている、工場側に開口部が有るせいだ
DSC08721_R_20180513184259178.jpg
この先が開口部だが社有地なので、出たら通報されるだろう
DSC08722_R_20180513184300104.jpg
出口手前に迂回路がある
DSC08726_R_20180513184301ade.jpg
ここから元の坑道に戻れる
DSC08727_R_20180513185006168.jpg
出口は何故か1mほどの段差、躊躇する空母氏、この程度の段差はまだ前哨戦なのに
DSC08732_R_20180513185008a99.jpg
タイプの違う20L薬ビンが落ちている
DSC08734_R_20180513185009d7e.jpg
点滴
DSC08736_R_201805131850104e6.jpg
7・UPなど医療系の物が散乱する
DSC08738_R_2018051318501242a.jpg
これから先は水没が有るが、長靴程度だ
DSC08741_R_20180513185013cbb.jpg
基本的にいつも水没しているが、過去に乾燥していた時もある
DSC08740_R_20180513191521cea.jpg
南側と同じく、北側も隣に若干狭い坑道が併走している
DSC08744_R_2018051319152364e.jpg
裏側の坑道
DSC08746_R_20180513191524c96.jpg
壁面に棚の掘り込みがある、この壕唯一じゃないかな?
DSC08750_R_201805131915278c6.jpg
これも今となっては唯一の付いている碍子
DSC08743_R_201805131915226e2.jpg
本坑に戻り、2階への階段に向かう
DSC08754_R_20180513191527941.jpg
すじさんは何の苦も無く登って行った
DSC08758_R_20180513192405341.jpg
登るのを躊躇しまくる空母氏を、お約束だからと追い立てるメンバー
DSC08761_R_20180513192406678.jpg
しぶしぶ向かう空母氏、段差2mの階段、これも上部からの敵の侵入を想定した罠かも知れない
DSC08762_R_20180513193535491.jpg
日頃の不摂生と毎日の飲酒のせいか、なかなか上手く登ることが出来ない
DSC08763_R_20180513193537c33.jpg
えらい時間をかけてやっと登った
DSC08766_R_20180513192410b46.jpg
入れ替わりにひょいと降りてくるすじさん、この身体能力は侮れない
DSC08768_R_201805131924114a2.jpg
この先100段階段が待っている、山頂まで登るのだ
DSC08771_R_2018051319411250b.jpg
戸惑いながら登って行く空母氏、足場を外し先に撤収するメンバー
DSC08773_R_20180513194113cc5.jpg
降りる(落ちる)シーンは武士の情け
DSC08777_R_201805131941145e3.jpg
その間残留物を物色する
DSC08775_R_201805142131531b2.jpg
ここには変わった電気碍子がたくさん落ちている
DSC08783_R_20180513194115c6b.jpg
昔、漁業に使っていたビードロの浮きが何故か転がっている
DSC08786_R_201805142131546c9.jpg
とりあえず大体見たので引き上げる
DSC08789_R_2018051421315601a.jpg
北坑道の出口
DSC08791_R_20180514213157a50.jpg
南坑道に戻ってきた
DSC08795_R_20180514213159ee4.jpg
台座を使って記念撮影
DSC08796_R_20180514213200f71.jpg
南坑道から地上への斜坑に戻る
DSC08798_R_201805142132022fe.jpg
今度は落ちてくるなよ空母氏!
DSC08799_R_20180514221353d5a.jpg
地上に出て近くの遺構を見て行く、倉庫壕と監視壕と思われる
DSC08800_R_20180514221354a48.jpg
この壕は一応貫通しているが、向こうは崖になっている、出たらあかん
DSC08803_R_20180514221356e5f.jpg
おいせ山山頂に移動コンクリートの境界柵がある
DSC08804_R_2018051422135777c.jpg
海軍境界柱や兵舎の基礎も残るが、草に埋もれている
DSC08805_R_201805142213584b4.jpg
蛸壺塹壕等を見ながら下山する
DSC08808_R_20180514230004c44.jpg
夕暮れの六浦地下壕を後にする
DSC08812_R_201805142300060b9.jpg
次は比与字の観測壕
DSC08813_R_20180514230007895.jpg
スリットを覗き込むとのさん
DSC08816_R_20180514230008257.jpg
裏山を登る
DSC08818_R_20180514230010a18.jpg
コンクリート製のろ過水槽や便所が近くに有る
DSC08821_R_20180516143113c20.jpg
ちょっと迷ったが、壕口到着
DSC08825_R_201805161431140f6.jpg
壕内は十分な広さがある
DSC08826_R_20180516143116b77.jpg
手前の部屋、六浦のごとくに四角い
DSC08827_R_201805161431172b1.jpg
半対面の部屋、空母氏が2mとして3mぐらいの高さか?
DSC08828_R_20180516143118ce1.jpg
部屋の奥は、棚状になっている所がある
DSC08830_R_20180516143119645.jpg
中間の生息部、片側はベンチ状になっている
DSC08831_R_20180516143121f7e.jpg
深部はまだ掘りかけだったようだ
DSC08832_R_20180516144828caa.jpg
他にもいくつか部屋もあるが、そう大きな壕ではないし、残留物も無い
DSC08836_R_2018051614482973e.jpg
脱出する
DSC08839_R_20180516144831039.jpg
探索終了、F壕倉庫前で基本解散となる

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

日頃の不摂生と毎日の飲酒のせいか、なかなか上手く登ることが出来ない。
どこかで見たフレーズ(゚д゚)! 
しかしまぁ情けないのは確か… 中高は体育満点だったのに。(遠い目)

ところで、ここが登れたなら大井の上部層も登れる気がしませんか⁉
http://blog.livedoor.jp/kuubohosiina/archives/50316610.html

空母氏

気のせいだよ、疲れているんだね?
毎晩のお勤めご苦労様です!

折りたたみの二段アルミ梯子でも有れば伸ばして上がれそうだけどね。
しかし、あっという間に1年以上経ってるんだね、流石に一年も有れば地元の人が攻略しているのだろうけど、おかしいな~

No title

そっか、大井の上部は未攻略だったんだっけか。
奥は深くはなさそうだけど、とりあえずは上がりたいよね。
来月くらいに大井計画しましょうか(・´ω`・)

とのさん

そうですね、藪が酷くなる前に行っといた方がいいかも知れませんね
時間が合えば、計画してみましょう。