大多喜64部隊洞窟陣地

DSC08954_R_201805182323447d9.jpg
午後の部を開始する
DSC08955_R_20180518232346364.jpg
山に登り始め、バラけながら散策すると
DSC08957_R_2018051823234706a.jpg
壕口を発見した
DSC08958_R_20180518232348e29.jpg
同時にのだの人も発見、大当たりだったようだ
DSC08959_R_201805182323490b0.jpg
さっそく手近かな壕から入って行く
DSC08961_R_20180521213110535.jpg
む、向こうが見える、交通壕か?
DSC08962_R_20180521213112ec8.jpg
違う!こんな所通り抜けたら落ちて死んでしまう!切り通しを上から銃撃する狙撃口のようだ
DSC08963_R_201805212131133b7.jpg
落ちたく無いので戻る
DSC08965_R_20180521213115b5d.jpg
次の壕にのださんが突入して行く
DSC08966_R_20180521213116296.jpg
これは中々状態が良さそうだ
DSC08968_R_20180521213117238.jpg
爆風避けも、深くしっかり出来ている
DSC08969_R_2018052121452335b.jpg
右に曲がると、今度は左に同じ様な構造でクランクする
DSC08973_R_201805212145248b2.jpg
明かりとのださんの背中が見える
DSC08974_R_201805212145251d6.jpg
左には弾薬庫がある
DSC08977_R_201805212145278d4.jpg
ちょっと手狭な砲室(銃室?)
DSC08979_R_20180521214528c05.jpg
出れそうも無い
DSC08980_R_20180521215243bad.jpg
今度は銃眼を発見!
DSC08981_R_201805212152442ed.jpg
すぐ脇に入り口がある、珍しい形だ
DSC08984_R_20180521215245451.jpg
潜り込むと、つるつるに風化した、乾いた壕だ
DSC08985_R_201805212152468a1.jpg
一方は土砂の流入した出入り口
DSC08986_R_2018052121524983b.jpg
貫通はしている
DSC08988_R_201805212159286d1.jpg
反対側に進む
DSC08989_R_20180521215930882.jpg
幅2m程の生息室、奥に通路が続く
DSC08990_R_2018052121593037a.jpg
生息室を振り返ったところ
DSC08992_R_201805212159322ca.jpg
奥に進む
DSC08994_R_20180521215934a62.jpg
軽機の銃座だ、さっき外から観た銃眼だろう
DSC08995_R_2018052121593660a.jpg
半ば埋まった銃眼
DSC08996_R_20180521215937804.jpg
表に戻る
DSC09001_R_201805212206333a9.jpg
この埋まった銃眼が
DSC09003_R_2018052122063517e.jpg
この人の手にかかると
DSC09005_R_2018052122063614b.jpg
あっという間にこの通り
DSC09008_R_20180521220638cfd.jpg
更なる移動を始めると、のださんが次々に壕を見つける
DSC09011_R_201805212206380c0.jpg
倒木の陰に壕口がある
DSC09013_R_20180521220640111.jpg
近寄ると、大き目の壕口だ
DSC09018_R_201805212225562e2.jpg
デカイ!2x2の通路が伸びている(全体的にはH型をしている)
DSC09020_R_20180521222557ed2.jpg
T字路になっている
DSC09022_R_20180521222558f4a.jpg
まっすぐは潰れて行き止まりになっていた
DSC09023_R_20180521222600183.jpg
横に通路がある
DSC09025_R_20180521222601535.jpg
大量の土砂に埋まった砲室のようだ
DSC09029_R_20180522223859fb3.jpg
T字の分岐に戻る
DSC09032_R_201805222239002ea.jpg
小森さん
DSC09033_R_20180522223901dd6.jpg
中央通路、右が生息室で左が弾薬庫
DSC09035_R_2018052222390216d.jpg
右の狭い通路に入る
DSC09036_R_20180522223904238.jpg
綺麗な生息室、出口2つのコノ字形をしている
DSC09041_R_2018052222390518a.jpg
生息室前の弾薬庫
DSC09044_R_20180522223907b57.jpg
中央通路は若干曲がっている
DSC09045_R_201805222239091c9.jpg
この辺には支保の跡がある、若干崩落もあり、砲陣地としてはどうだろう?
DSC09046_R_201805222239105f4.jpg
T字路にぶつかる
DSC09048_R_2018052223394370d.jpg
右に進む
DSC09049_R_20180522233944932.jpg
こちらは土砂で埋まっている
DSC09051_R_201805222339464f4.jpg
手前に通路がある
DSC09054_R_20180522233947212.jpg
左にクランクすると部屋があった
DSC09055_R_201805222339480db.jpg
観測室か砲室を防護する為の銃眼のようだ
DSC09060_R_20180522233950690.jpg
四角い穴が有るが、銃眼にしては穴が大きく台座も無い
DSC09061_R_20180522233951a17.jpg
ライトを消してみると、一応ギリギリ開口している
DSC09062_R_2018052322224093b.jpg
さて、戻ろう
DSC09066_R_20180523222241b0e.jpg
T字の反対方向に向かう
DSC09067_R_20180523222242781.jpg
ちょっと曲がった弾薬庫
DSC09068_R_20180523222244114.jpg
その向かいにある生息室
DSC09069_R_20180523222245927.jpg
ちょっと床がガレているようだ
DSC09070_R_201805232222468cf.jpg
中央通路の生息室と同じ程度の広さだ
DSC09072_R_20180523222248ce8.jpg
ランプがそのまま置けそうな灯り置き
DSC09076_R_201805232250339c8.jpg
最後の砲室、H型の壕の四方が砲室になっているようだ
DSC_0941_R.jpg
こんな構造(ねこさん画)
DSC09077_R_20180523225035ab9.jpg
砲室の前は切り通しのような感じになっていた
DSC09078_R_201805232250357c0.jpg
一通り観終えたので脱出しよう
DSC09081_R_20180523225037e36.jpg
出口付近で、がっくり高さがなくなる
DSC09089_R_20180523225038f92.jpg
外に出て、更なる探索をする
DSC09090_R_20180523225039f17.jpg
まだまだ出てくる
DSC09093_R_201805232300013c6.jpg
細いがしっかりとした作りだ
DSC09094_R_20180523230003662.jpg
分岐がある
DSC09096_R_20180523230003db5.jpg
弾薬庫のようだ
DSC09097_R_2018052323000532d.jpg
先に進む
DSC09098_R_2018052323000693c.jpg
灯りが見える
DSC09101_R_20180523230009df0.jpg
ここの出入り口は、こんなのが多い
DSC09105_R_20180523230010e0c.jpg
重機関銃の台座
DSC09107_R_201805232300115c0.jpg
壁に何か彫って有るが判別不能(1964年に見える)
DSC09110_R_201805232313300bf.jpg
次の壕口
DSC09112_R_20180523231331516.jpg
入り口は乾燥しているが、長靴オーバーの水没
DSC09113_R_20180523231332793.jpg
反対側から入ってみる
DSC09115_R_2018052323133346c.jpg
こちらも当然水没、行けるとこまで行って見る
DSC09119_R_20180523231335a25.jpg
どうやら交通壕のようなので、この辺でやめておく
DSC09123_R_201805232313398a2.jpg
更にアグレッシブな探索をするのだの人
DSC09122_R_20180523231336b13.jpg
蛸壺のようだ
DSC09124_R_20180523232030a80.jpg
山頂にこんな物が有った
DSC09125_R_20180523232032b6f.jpg
戦前から有る物のようだ
DSC09127_R_20180523232033f84.jpg
自分は急用が出来たので、ここでリタイヤする
201805161522341d7_R.jpg
探索を続けたメンバーはその後もいろいろ見つけたようだ
DSC09128_R_2018052323291248d.jpg
早めに帰ると渋滞が激しい
DSC09132_R_2018052323291404c.jpg
たっぷり3時間渋滞にはまる
DSC09134_R_2018052323291486f.jpg
GWの帰り道だったし、どうしょもないな
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お疲れさまでした(^-^)
次回はまだ確認していない、あの先(南側)
と、横山の捜索をやろうと思っています。
とりあえず、拙攻的な感じで下調査しますんで
よかったらお付き合いくださいね。
まだ、凄いのが眠ってると思われます。

ねこさん

お疲れ様です!
今回は大当たりのラッシュ状態でしたね
これでもまだ、一部なんでしょうから
スコップ持って切り通しにも行きたいですね~
行ける状況なら行きたいので、また声かけて下さいね。