磯根着弾観測所、中根着弾観測所

富津岬の陸軍射撃場の関連施設として、忘れてはならないのが、着弾観測所である。
参考にしていた、海堡ファンクラブの会報21号を見ると観測所が富津岬近辺に3つあるとゆう
中根(篠部)、磯根(小久保)、洞口(竹岡)に有るとの事で、探しに行く。
地名からGoogleマップの航空写真で丹念に探すと、中根着弾観測所らしき物が海岸に見える。
磯根着弾観測所はまったく分からないが、廃道のループ橋にそれらしき物が有るらしい記事があった。
洞口に関しては、道から見えるので、知っている人は多いと思う、ただし本当にこれが観測所かとゆうと
同意しかねる部分が多い、まず規模が他の2つに比して小さい、海側に観測窓が一切無い、また
荒天時には海面に近すぎて波を被りそうな位置にあるなどだ。
DSC07169_R_20130212222900.jpg海岸へ続く道を進むと右手に見えてくる
DSC07154_R_20130212222856.jpg周りに何も無いので、見つけるのは容易だ
DSC07155_R_20130212222857.jpg正面
DSC07156_R_20130212222858.jpg左右に付く箱状の物が特徴的だ
DSC07158_R_20130212222859.jpg後方入り口、比較的状態は良い
DSC07159_R_20130212223538.jpg観測窓
DSC07160_R.jpg左右を見回す、眺め良し
DSC07161_R_20130212223542.jpg
DSC07163_R_20130212223544.jpg多少の飾り気がある
DSC07165_R_20130212223545.jpg左右の箱の中は空洞だ
DSC07166_R_20130212223917.jpg登ってみた、前方
DSC07167_R_20130212223919.jpg後方
DSC07168_R_20130212223920.jpg下方、飛び降りて次に行く
DSC09614_R.jpg廃道ループ橋部分、この橋の所以外は未舗装の林道だ
DSC09615_R.jpg富士浅間神社
DSC09616_R.jpgこれも目印の一つだ、この後脇道に入れそうな所を虱潰しに2時間ほど山狩りをする
DSC09645_R.jpgこれが入り口になる所だ、この先は激藪で何も見えないが突入する
DSC09617_R.jpg不意に石柱が出現する
DSC09618_R.jpg石柱の先に何か見える気がする
DSC09619_R.jpg見つけた!
DSC09620_R.jpg金属の金具が付いているコンクリート片
DSC09621_R.jpg窓から侵入すると、結構広い
DSC09622_R.jpgしかしここに50人居たとゆうのは無理がある、3交代制か?
DSC09623_R.jpgここは意図的に破壊されたようだ
DSC09624_R.jpg円筒形台座
DSC09625_R.jpg壊れた窓から鉄筋が見える
DSC09626_R.jpg唯一残る天井部
DSC09627_R.jpg海側開口部
DSC09631_R.jpg外壁は何も無い
DSC09629_R.jpg少し下ると石柱が有る
DSC09630_R.jpg上にも何か書いてある様だが不明、陸軍だけ分かる
DSC09633_R.jpg右側に移動する
DSC09632_R.jpg水桶と化しているが、何だろう
DSC09634_R.jpg木と同化している台座
DSC09635_R.jpg階段
DSC09636_R.jpg不明な石柱
DSC09637_R.jpg
DSC09638_R.jpg
DSC09639_R.jpg
DSC09640_R.jpg壁際に木が生えている
DSC09642_R.jpg登ってみた
DSC09643_R.jpgこの天井は元から無いようだ
DSC09644_R.jpg天井上にある金具、アンテナでも固定していたのか?

苦労はしたが、何とか磯根観測所を見つける事が出来た、今回は発見に至ったが、次回また来れるかどうか
自信があまり無い、季節を選ばないと接近すら危ぶまれるだろう。
次回洞口観測所?と周辺遺構を紹介する。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント