FC2ブログ

武山地下軍需工場 その2

DSC02978_R_20180617222641908.jpg
開口部から離れると、湿気が強くなる
DSC02981_R_20180618214903fbe.jpg
水深は有るが、透明度が高いのが救いだ
DSC02982_R_20180618214905eb7.jpg
奥の方はやはり狭くなる
DSC02984_R_201806182149054d8.jpg
木材が空気に触れないので、腐らずに残っている
DSC02985_R_20180618214907725.jpg
燃えた柱のような物もある
DSC02988_R_201806182149084a4.jpg
碁盤の目ならではの十字路
DSC02993_R_201806182209371d4.jpg
壁面に変な物が映る
DSC02994_R_20180618220938592.jpg
水面の反射光が壁面に揺らぎを映し出す
DSC02997_R_20180618220939759.jpg
色々やって遊んでしまった

武山地下壕 ライト遊び動画 (クリック)

DSC02999_R_201806182227419ba.jpg
また、少しだけ水が無い所が有った
DSC03001_R_201806182227425a0.jpg
ちょっと一息、バッテリーも交換
DSC03004_R_201806182227438b7.jpg
また水の中を歩き始める
DSC03006_R_20180618222744e15.jpg
小森さんみっけ!
DSC03010_R_201806182227457e0.jpg
謎の書物が沈んでいる
DSC03013_R_20180619220731bb3.jpg
どうやらこの壕の末端部は、この形で感性形なのだろう、ずりも無く綺麗だし
DSC03015_R_20180619220733cd5.jpg
床が固いと思ったら、コンクリートの部分がある
DSC03016_R_20180619220733d07.jpg
DSC03025_R_2018061922073554c.jpg
足元に碍子が落ちていた、この壕で初めて碍子を見た
DSC03032_R_20180619220737ace.jpg
天井に付いていた、唯一の碍子
DSC03036_R_20180619220738dcd.jpg
トロッコの枕木
DSC03038_R_201806192207396f7.jpg
びっくりした!やばい物見つけたかと思った!
DSC03039_R_20180619220742261.jpg
ごつい杭で打ちつけられている、碍子用では無さそうだ
DSC03051_R_201806192239507b3.jpg
なんだあれは?
DSC03054_R_201806192239513df.jpg
なぜ穴?
DSC03055_R_20180619223952fe2.jpg
反対側にも同じ様に掘ってある
DSC03069_R_20180619223954a31.jpg
少しだけ水没から地面を歩ける
DSC03073_R_20180619223955390.jpg
でもすぐに水没
DSC03077_R_20180619223957076.jpg
トロッコの枕木が並んでいる
DSC03081_R_201806192239599eb.jpg
M16のマガジンが沈んでいる、空母氏?
DSC03091_R_20180619225814b3b.jpg
通路が湾曲して真っ直ぐでなくなった
DSC03092_R_2018061922581625a.jpg
塞がれた壕口だ
DSC03101_R_201806192258176e2.jpg
壕口付近は、持ち込まれたゴミが多い
DSC03111_R_20180619225818fea.jpg
扉のある出入り口も有る
DSC03116_R_201806192258202da.jpg
やっぱり地下壕は複雑な方が萌える
DSC03121_R_201806192258214f9.jpg
碁盤目より特徴があって憶えやすい
DSC03140_R_201806192258233f2.jpg
さて、そろそろ一周したので出るとしよう、もう二時間経っている

武山地下壕脱出 (クリック)

DSC03141_R_201806192258249ad.jpg
体が冷え切っているのか、壕口付近が暖かい
DSC03142_R_20180620220314941.jpg
これがさっきのブロックで塞がれた所だろう
DSC03143_R_201806202203153c0.jpg
これは扉のあった所かな?
DSC03144_R_201806202203161e3.jpg
軍道を見つけ、山に入る
DSC03149_R_2018062022031733c.jpg
だいぶ人が歩いていない様だ
DSC03150_R_20180620220319210.jpg
切り通しがある
DSC03151_R_2018062022032060e.jpg
かなり大掛かりに道を作っている、この先に何か有る?
DSC03153_R_20180620220322c7e.jpg
切り通しはつづく
DSC03154_R_20180620222030ad9.jpg
かなり荒れてきた
DSC03156_R_20180620222032cbe.jpg
山頂に着いてしまった
DSC03157_R_20180620222032d6a.jpg
上から下の切り通しを観る
DSC03159_R_20180620222035c69.jpg
何だこれ?山頂にあった唯一の構造物(まさかただの参道だったとか?)
DSC03160_R_201806202220365f8.jpg
思えば高い所まで登ったものだ
DSC03162_R_20180620222037d7e.jpg
塹壕が走っているので、他にも何か有るかも?
DSC03164_R_20180620223711bec.jpg
あとは下山するだけ・・・
DSC03166_R_20180620223712d8c.jpg
スーツで地下壕に入る人から教えてもらった周辺壕を観ていく
DSC03168_R_20180620223714084.jpg
う~ん入れない
DSC03169_R_20180620223715623.jpg
もいっちょ、DSC03170_R_20180620223715123.jpg
先は有りそうだが、入れない
DSC03172_R_201806202237176dc.jpg
次の場所
DSC03171_R_2018062022482544e.jpg
今度は入れそうだ
DSC03174_R_2018062022482732c.jpg
入れた
DSC03175_R_20180620224828492.jpg
律儀なほどに四角い角の部屋
DSC03176_R_201806202248295da.jpg
しかしゴミだらけだ
DSC03177_R_20180620224830504.jpg
開口部は多いようだ
DSC03179_R_201806202248339e9.jpg
更に奥がある
DSC03180_R_2018062023071505b.jpg
僅かに開いてる
DSC03181_R_20180620230717776.jpg
更に奥
DSC03182_R_2018062023071881c.jpg
四角い部屋
DSC03183_R_201806202307204c5.jpg
埋まった出口
DSC03184_R_201806202307214d3.jpg
抜き穴か?
DSC03185_R_201806202307222b7.jpg
う~ん出口だ
DSC03188_R_20180620231500806.jpg
付近の道にも穴が有る
DSC03191_R_20180620231502095.jpg
小さな物だ
DSC03193_R_201806202315020c4.jpg
なんだ、やぐらか
DSC03196_R_20180620231504dfc.jpg
これかな?
DSC03197_R_2018062023150500e.jpg
上にはこんな祠があっただけ
DSC03198_R_201806202315082eb.jpg
住宅の影に、怪しい場所が
DSC03199_R_201806202315083fe.jpg
入れ無そう
DSC03201_R_20180620231956bf8.jpg
DSC03202_R_20180620231958215.jpg
DSC03203_R_201806202320007cc.jpg
DSC03207_R_20180620232000784.jpg
りっぱそうだが入れない

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

凄まじい水没壕ですねw しかも一人でこんな奥まで…自分は絶対に無理。というか生きて帰れなさそうですw とは言うものの暑くなってきたし、夏休み涼みに来たくなるかも( ̄ー ̄)ニヤリ♪
あっサバゲしてないですからね!

空母氏

昔総軍さんが入った時は、長靴で行けたらしいけど、10数年の内に水位が上がったみたいだね?
どっぷり冷たい地下水に浸かって行く?
大井の続きもやりたいね

No title

大井の続き良いですね~アルミ脚立用意しますんで行きましょう♪ 
話変わりますが富士川燃料壕潜入できそうですよ!秋口攻めましょう! 
というか一人じゃ無理なんで宜しくです。

空母氏

富士川って、すでに3年前の話やな?500年は持ちそうな柵がして有るとか何とか?

突入口見つけたんかな?まさかの武闘派転向!
空母氏ですら一人で無理なんてなんてレベルの高い壕なんだろう。