FC2ブログ

走水低砲台(一般公開開始後の様子)その1

この記事は、相当前に行ったのをフォルダごと忘れていた物です

以前上げた走水低砲台の記事と見比べてもらうと、整備後との変わり具合が判って、面白いかも知れない。
整備されて初めて見える様になった9㎝速射カノン4門の台座等、新たな楽しみもある

横須賀市が5100万円を投資し、猿島、千代ヶ崎砲台と共に観光資源として活用して行く
現在は既に観光ガイド付き限定で、一般公開されており、民間会社トライアングルが業務を仕切っている
◎猿島公園コース お一人様「600円」(6名以上)

  ■5名以下の場合:全員でガイド料金「3,500円」

◎走水低砲台跡コース お一人様「400円」(6名以上)

  ■5名以下の場合:全員でガイド料金「2,200円」

◎猿島+走水低砲台跡コース お一人様「1,000円」(6名以上)

  ■5名以下の場合:全員でガイド料金「5,700円」
交通費、猿島渡航料別途

DSC04674_R_2018062122295344b.jpg
旗山崎公園
DSC04676_R_201806212229547e9.jpg
当時の石段がそこここに見受けられる
DSC04678_R_20180621222955cdd.jpg
公園内整備は驚くほど徹底的に行われていた
DSC04679_R_20180621222957790.jpg
左翼観測所に登る階段は未整備
DSC04680_R_20180621222959efe.jpg
左翼弾薬庫、右翼にも同様の物がある
DSC04682_R_20180621223000e5f.jpg
施錠されているので入れない、内部は過去記事の方を見て下さい
DSC04685_R_20180621223003d3c.jpg
70余年の内に、育ってしまった大木
DSC04683_R_20180621223001c81.jpg
側溝は当時の瀬戸物のようだ
DSC04686_R_2018062123114334a.jpg
第一砲座(便宜上)には見学者用階段が取り付けられて外観を損なっている、回り込めばいいのに!
DSC04687_R_2018062123114412c.jpg
砲座には27cmカノン砲のアンカーボルトが残っている
DSC04689_R_201806212311459f3.jpg
砲座間の横墻に登る
DSC04690_R_2018062123114797b.jpg
ここのレンガには、様々な刻印を観る事が出来る
DSC04691_R_20180621231148705.jpg
横墻のここには、揚弾井が口を開けていたのだが、塞がれている
DSC04692_R_20180622220105d55.jpg
フランス積みのレンガが綺麗な横墻
DSC04693_R_20180622220107136.jpg
砲座間にある、小隊長壕
DSC04695_R_2018062222010940f.jpg
隣の第二砲座
DSC04699_R_20180622220109268.jpg
アンカーボルト
DSC04700_R_201806222201116f9.jpg
胸墻にある即応弾薬置き場
DSC04701_R_20180622220112b03.jpg
胸墻から砲座左端の昭和の練習砲台時代のコンクリート構造物
DSC04704_R_201806222201146a5.jpg
9㎝速射カノン4門の練習砲台の観測指揮所かも知れない
DSC04706_R_20180622220115413.jpg
明治砲台時代の観測壕のまん前に建てられているからだ
DSC04707_R_20180622225850025.jpg
2m四方ぐらいで胸ぐらいの深さ
DSC04708_R_2018062222585179e.jpg
現在の東京拘置所の前身、小菅監獄で受刑者によって造られた煉瓦
DSC04709_R_201806222258527de.jpg
位置関係、木の前に有るのが昭和の建物基礎
DSC04719_R_2018062222585325b.jpg
第一砲座の上を周る
DSC04721_R_2018062222585603e.jpg
当時の数段の階段があり現在は歩ける様に整備された遊歩道になっている
DSC04720_R_20180622225855d5d.jpg
数年前までは藪に覆われ、歩く事すら出来なかった
DSC04722_R_201806232258555f8.jpg
第一砲座を回り込むと、小階段がある
DSC04723_R_20180623225856471.jpg
砲座間の小隊長壕に出た
DSC04724_R_20180623225858f1a.jpg
第二砲座再び
DSC04728_R_20180623225859fb8.jpg
反対側から
DSC04731_R_2018062322590046b.jpg
これが9cm速射砲台の台座部分
DSC04732_R_201806232314093cc.jpg
ここでちょっと崖下に下りてみる
DSC04734_R_201806232314112e3.jpg
石組みの構造物
DSC04737_R_201806232314134fb.jpg
明治以前の台場があった場所
DSC04740_R_20180623231413bb0.jpg
またあそこまで戻らなければならない
DSC04742_R_20180623231415f50.jpg
めんどくさいな~なんて海を観ながら現実逃避したいが、しかたがない
DSC04743_R_201806232314179de.jpg
あと、もう少し
DSC04745_R_2018062323420063d.jpg
これを登れば
DSC04747_R_20180623234202090.jpg
生還した・・・

走水低砲台動画その1(クリック)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント