FC2ブログ

洲崎海軍航空隊 洲ノ崎海軍航空隊射撃場

館山海軍航空隊に隣接して、洲ノ埼海軍航空隊といわれる施設があった。
横須賀海軍航空隊から独立して開隊した全国でただひとつの兵器整備練習航空隊で、操縦以外の航空機にかかわる専門技術を学ぶ養成機関であった。
よって、唯一無二の滑走路一本も持たない航空隊なのだ。
CIMG0053_R_20180704232314f88.jpg
洲ノ崎海軍航空隊射撃場 照準壕が5つ並んでいる
CIMG0054_R_201807042340284bb.jpg
山を掘り込んで、戦闘機の機銃の弾道調整を行ったそうだ
CIMG0058_R_20180704232316199.jpg
誘導路からこの穴に向けて、7.7mm、20mmの機銃弾を打ち込む
Screenshot_20180704-235324_R.jpg
赤枠が館山航空隊の滑走路で緑が誘導路、マーキングが射撃場
CIMG0060_R.jpg
壕内はコンクリート(素掘りもあり)外壁に土の射だ(弾を打ち込む部分)
CIMG0061_R_20180705223755683.jpg
射点方向は、雑木林になってしまった
CIMG0062_R_20180705223755a17.jpg
横には石垣が組まれている
CIMG0064_R_20180705223758c35.jpg
基本的にこんな形
DSC09038_R_201807052314017b6.jpg
コンクリートを吹き付けただけの壕
DSC06064_R_201807052313573a2.jpg
良く探すと、コンクリートにめり込んだ弾を見つけられる
DSC06070_R_20180705231359133.jpg
壁面には、跳弾の跡がいっぱい
DSC09047_R_20180705232708b1f.jpg
藪を掻き分け、傍らの地下壕を探す
DSC09048_R_20180705232709db5.jpg
狭い壕口発見、これはマニアの人なら知っている壕だ
DSC09049_R_2018070523271028f.jpg
狭いのは入り口だけ
DSC09050_R_20180705232712cbd.jpg
中はこの様に、立派な物だ
DSC09051_R_2018070523271485f.jpg
うっすらと排水溝も切ってある
DSC09052_R_20180705232715cc4.jpg
射撃場の側面に在るので、弾薬庫兼防空壕の様な物だろう
DSC09055_R_20180706225930667.jpg
複数の岐路を持つ通路
DSC09056_R_20180706225931754.jpg
ほとんどは単独の倉庫壕
DSC09057_R_20180706225933f35.jpg
湾曲した通路を進むと
DSC09058_R_20180706225933e71.jpg
閉塞の出口
DSC09060_R_201807062259358b7.jpg
また、別の岐路を行くと
DSC09061_R_20180706225937934.jpg
開口部があった、しかし出た先は湿地になっていて、引き返した
DSC09062_R - コピー
これは、また別の壕口、これを知る者は同行者の他にいない
DSC09063_R_201807062314119ca.jpg
内部はコンクリート
DSC09064_R_2018070623141215e.jpg
小型の機体なら入れそうなサイズ
DSC09066_R - コピー
若干の埋め戻しの跡がある
DSC09065_R_20180706231413980.jpg
奥に通路がある
DSC09067_R_20180706232318118.jpg
長方形の通路
DSC09069_R_2018070623231972d.jpg
壁に穴が空いている
DSC09072_R - コピー
もう一つ同じ様な壕が存在するが、素掘りだ
DSC09075_R - コピー
こっちは開口部側なのだが
DSC09074_R - コピー
完全埋没だ
DSC09077_R_201807062345428bc.jpg
すごくまっ平らな壕床
DSC09079_R_20180706234543335.jpg
潜ってきた連絡通路から戻る
DSC09081_R_201807062345441c9.jpg
最初の格納壕、完成度は高いって言うか、使っていたはずだ
DSC09083_R_20180706234545080.jpg
肉厚15cmぐらい
DSC09084_R_20180706234547647.jpg
しかし何処にも鉄筋が見えない
DSC09085_R_20180706235511d42.jpg
DSC09086_R_20180706235513b00.jpg
DSC09087_R_20180706235514e06.jpg
いつ崩れても、不思議は無さそうだ
DSC09088_R - コピー
やばそうなので、撤収する
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント