FC2ブログ

洲崎海軍航空隊 防空壕群

洲崎海軍航空隊はいわゆる養成所である、その為に多くの訓練兵がいた
基本的に直接戦闘要員ではないので、空襲時には退避しなければならない
その人員を収容する為の、巨大な防空壕施設が必要となった。
縦の通路が5本、それを繋ぐ横の通路が2本の升目状の防空壕が掘られた。

DSC09090_R_20180708171435723.jpg
この防空壕は、現在宅地に面しているので、基本的に封鎖されている
DSC09089_R_20180708171434156.jpg
壕口付近は水が溜まっている所が多い
DSC09091_R_20180708171437e57.jpg
奥行きはあまり無い、30m程か?
DSC09092_R_20180708171438d6f.jpg
二つ目の壕口
DSC09093_R_20180708171439b51.jpg
排水溝もあり、通路もしっかりしている
DSC09094_R_2018070817144190c.jpg
大きな掘り込みがある
DSC09095_R_20180708173956b23.jpg
三本目、水没
CIMG1685_R.jpg
崩落ではなく、埋め戻しがされているヶ所がある
DSC09096_R_20180708173958f5c.jpg
ガレを乗り越える
DSC09097_R_20180708173959ada.jpg
 縦通路の排水溝の切り方
DSC09098_R_20180708174001c5c.jpg
横方向の排水溝、排水の流れを考えてある
DSC09099_R_201807081740028ba.jpg
最終ブロックの壕口は、貯水槽に利用されている
DSC09100_R_2018070817534621b.jpg
戦後宅地造成の残土を突っ込んだのだろう
DSC09101_R_2018070817534715f.jpg
それが無ければ基本的にいい状態だ
DSC09102_R_201807081753487f2.jpg
奥の横通路は広め
DSC09103_R_20180708175349b59.jpg
カスガイが落ちている、残留物の全く無い壕だ
DSC09104_R.jpg
4本目の壕口
DSC09105_R_2018070818165528f.jpg
近代コンクリートの何かが有る
DSC09106_R_201807081816586b2.jpg
井戸だ、戦後再利用していたのだろう、近くに畑もある
DSC09107_R_20180708181658e9c.jpg
ただの防空壕にしておくには、勿体無い広さと完成度だ
DSC09108_R_201807081817001bd.jpg
ここで初めて木材を観た
DSC09109_R_2018070818170134f.jpg
公的調査の時の3番通路のマーキング
DSC09110_R_20180708181702923.jpg
しかし、海軍の壕は立派だな
DSC09111_R_20180708183854f49.jpg
縦の通路は狭く造って、強度を保っている(縦が潰れると奥から出れなくなる)
DSC09112_R_2018070818385537d.jpg
4番マーキング、こんな分かりやすい壕にマーキング必要か?
DSC09113_R_201807081838570cc.jpg
上の128高地司令部壕は崩れまくっているのに、この壕は全くの無傷だ
DSC09114_R_20180708183857206.jpg
5番最終地点
DSC09115_R_20180708183859bd0.jpg
なにやら柱が建っている
DSC09116_R_201807081839004ef.jpg
支保にしては細いし
DSC09117_R_20180708185429058.jpg
しかし、綺麗だが何も無い升目状の壕はちょっと飽きる
DSC09118_R_20180708185431285.jpg
贅沢なんだけどね
DSC09119_R_20180708185433a49.jpg
昭和18年6月に開隊した航空隊施設としては、かなり条件がいい
DSC09120_R_2018070818543464f.jpg
何故か天井の一部がコンクリート?
DSC09121_R_20180708185435836.jpg
さて、脱出しよう
DSC09122_R_2018070818543658b.jpg
外部電源がある、内部の井戸は未だに使用中か?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント