洞口着弾観測所(ピラム壕)

前回の続きで、洞口着弾観測所及び周辺遺構を紹介する。
127号線を海岸に沿って進み、内房線竹岡駅を過ぎた辺りにトンネルがある、その手前に
釣具屋ピラム(現在閉店)がある、その駐車場に高さ3m程の所に大きな壕口が見えている。
この前を走った事のある人は見たことがあるだろう、元々は低い位置に開口していたが
駐車場を作る時に手前を削ったら、自然とこうなってしまったそうだ。
トンネルを越えた海岸に洞口着弾観測所が海岸に見える、ピラム側の海岸からは回れない。
<DSC00008_R_20130213221933.jpgこれが数年前の開業時のピラム壕の外観だDSC05870_R.jpg現在のピラム壕
DSC05871_R.jpg拡大すると左に続いているのが見える
DSC05874_R_20130213222235.jpg山によじ登ると切り通しがある
DSC05876_R.jpg山頂、この下に壕口がある
DSC05878_R.jpg明らかに人工的な石積み
DSC05880_R_20130213222735.jpgほこら
DSC05881_R.jpg石棺付き祠
DSC05882_R.jpgUP、ここに遺体が安置される
DSC09745_R.jpg崖だらけで危険なので降りる、仕方ないのでこの辺から助走する
DSC09731_R_20130213223224.jpgカメラとライトを肩に掛け、飛び付き懸垂で登る
DSC09732_R.jpg進入成功
DSC09733_R_20130213223226.jpg正面はすぐ行き止まり
DSC09734_R.jpg左に進むと開口部が見える
DSC09735_R_20130213224220.jpg扉の跡がある
DSC09736_R.jpg崖の中腹に開口しているが、道も何も無い通気用か
DSC09737_R_20130213224222.jpg開口部から2mほどの所に扉がある
DSC09738_R.jpg次に進む
DSC09739_R.jpgこの通路は行き止まり
DSC09740_R.jpgまた違う分岐を進む
DSC09741_R_20130213224758.jpgもうどの位歩いたか分からなくなって来た
DSC09742_R.jpgやっと終点、開口部は2ヶ所だけだった
DSC09743_R.jpgさぁ、どうやって降りよう?
DSC05872_R_20130213231249.jpg海岸に出て岩場を回る、観測所が見える
DSC05873_R.jpg降りれなくは無いが、波が激しくカメラが濡れそうなので、元に戻る
DSC07210_R_20130213225414.jpgトンネルを越えた海岸に洞口着弾観測所はある、
DSC07211_R.jpg本当に波打ち際だ
DSC07212_R_20130213225416.jpg海側に窓は無い
DSC07213_R_20130213225417.jpg庇は大きめ、衛所にしか見えない
DSC07214_R.jpg横の小窓、作りは当時物だがなんだろう(聴音所とするサイトも有り)

この二つの遺構が関連性が有るかどうかは不明、トンネル挟んですぐなので、無関係ではなさそうだが・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おー、ピラム壕=3=3
小規模だけど入りたい・・・(*´ω`*)
てか、いつの間にか釣具屋なくなっちゃったんですね。

No title

tonotamaさん
商いを辞めただけで、まだ老夫妻は、ご在宅です。
ハイエースをバックで寄せて、キャリアから登れば行けそうですよ!

No title

なるほど=3=3
その作戦で行きましょう!!

No title

tonotamaさん

一枚目の写真の軽自動車であれなんで、ハイエースなら楽勝かな?
2mちょっとなので、助走を付ければ、ジャンプでも行けますよ!
てか、2段ベットの内側に数本足場を付け足せば、ひっくり返して梯子に
早代わりするのでは?