FC2ブログ

京都祇園祭(前祭)2018 山鉾巡行その2

878_R.jpg
864_R.jpg
13.月鉾の辻回しの竹を地面に敷く
869_R_2018072023220984c.jpg
11トンもの重さの鉾を人力のみで回していく
872_R.jpg
辻回しのある、鉾は目を引く
874_R.jpg
長い真木を揺らしながら河原町通を上がっていく
875_R.jpg
14.山伏山
878_R_201807222354230b6.jpg
879_R.jpg
軽く向きを変えて行く
880_R.jpg
と、思ったら回り始めた
884_R.jpg
その場で一回転するパホーマンスを見せてくれた
888_R.jpg
15.四条傘鉾
890_R.jpg
ただ曲がって行った
894_R_20180723112232843.jpg
16.占出山
898_R_20180723112233629.jpg
パホーマンスを見ると、次に期待してしまうのだが、これが普通なのだな
900_R.jpg
警官達もばてている
903_R.jpg
17.菊水鉾の辻回しの竹が運ばれる、この上を滑らせないと回れない
907_R.jpg
屋根の形が特徴的な菊水鉾がやって来た
909_R.jpg
菊水鉾のみが、てこを持ち歩いていた
913_R.jpg
辻回しは一度では回る事が出来ない
918_R.jpg
一度に付き30度ぐらいづつ回転させる
919_R.jpg
基本的に3回の辻回しで回っていく
922_R.jpg
上に乗っている人は、回る時怖いだろうな~
924_R.jpg
926_R.jpg
18.保昌山
932_R.jpg
19.郭巨山
934_R.jpg
山にしては屋根のある大型の物
938_R.jpg
939_R_20180723192510994.jpg
20.木賊山
942_R.jpg
21.放下鉾
949_R.jpg
953_R.jpg
フクロウのタペが特徴的
955_R.jpg
これで残り二基となる
958_R.jpg
22.岩戸山
961_R.jpg
鉾に見えるが、中心に真木で無く真松が据えられている
967_R_20180723203903b06.jpg
よって曳山という車輪を付けた山である
969_R.jpg
そこが簡単に山と鉾を見分ける方法
972_R.jpg
そもそも記録上1467年に名前が出ているが姿形は全く違う、「洛中洛外図屏風」に描かれている
974_R.jpg
火事による消失や時代背景により、姿は豪華賢覧にそして巨大になっていった
975_R.jpg
最後の一団がやって来た
977_R.jpg
23.船鉾
980_R_20180723220040020.jpg
元々船鉾は前祭用と、後祭用の二基あったが同時に巡行する事が無い為、同じ名前であったが、後祭用の船鉾が焼失
983_R.jpg
若干大きかった後祭用の船鉾が2014年に復活したので、そちらを大船鉾、前祭用を従来通り船鉾とした
984_R.jpg
全ての山鉾巡行が終わった
986_R.jpg
消防の撤収早や!
987_R.jpg
左側の信号機、山鉾が通る為に90度回してあるのだ、これから元に戻す
989_R.jpg
信号を戻したら、あっという間に通常に戻る四条河原町
990_R_20180723223321f34.jpg
デパートの入り口ミストでちょっと涼むが、カメラに良くない
IMG_2297_R_20180723225002892.jpg
丸井の二階の喫茶店で一休み
IMG_2307_R.jpg
クールダウンは必要です!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント