FC2ブログ

大房岬砲台

千葉県南房総市富浦町多田良1212-29にある大房岬自然公園が砲台跡だった。
この岬は約3km標高80mとかなり広いのだが、戦時中は地図から削除されて隠蔽されていた。
大房岬砲台は昭和3年起工、7年完成。ワシントン条約で廃棄となった巡洋戦艦鞍馬の副砲
45口径20cm連装砲(420トン)を陸上用に改造、40mの間隔を開けて2基4問を配備
関東では洲崎第一、千代ヶ崎、城ヶ島、大房にのみ砲塔砲台が設置された(全国で12箇所)

直径2mの昇降式探照灯は総コンクリート製でかなり大きな設備だが、現在も機材は無いが
エレベーター部分まで入って見学が可能
2つある地下式弾薬庫も内部見学可能だが、時期により水没
その東側に発電所施設があるが、柵がある上に半分埋没している
ビジターセンターが開いてる時間なら、小銃弾薬箱、ジオラマ等が展示されている。

DSC06387_R_201808141706316af.jpg
第二砲座と言われる花壇
DSC06386_R_20180814170630853.jpg
約40m離れたこれか?って思われる円形の空き地
DSC06398_R_20180814170632473.jpg
書いてあるからには、こっちは確かなのだろう?
DSC06388_R_2018081417173460b.jpg
背面の第二砲座用弾薬庫
DSC06389_R_20180814171736044.jpg
内部は意外に綺麗だし乾燥している
DSC06390_R_201808141717373a0.jpg
入り口付近の良くある謎の穴
DSC06391_R_20180814171738bbd.jpg
内部には弾薬庫が2つ並んでいる
DSC06392_R_201808141717407c1.jpg
若干水が溜まっているが、状態は良好
DSC06395_R_20180814171742944.jpg
第二の方はスロープが曲がっている
DSC06396_R_20180814171743960.jpg
振り返り、上の穴は電気配線及び通気かな?ここには扉があった
DSC06397_R_201808141717447d9.jpg
上部にある弾薬庫の通気塔
DSC06400_R_20180814182116a03.jpg
木の陰にコンクリートの構造物が見える
DSC06401_R.jpg
弾薬庫の盛り土が流れて、露出してしまっているのだ
DSC06403_R.jpg
排水施設らしい?
DSC06404_R_201808141821225c0.jpg
第一砲座用弾薬庫、スロープは真っ直ぐ
DSC06405_R_201808141837135ac.jpg
内部構造は同じ
DSC06406_R_20180814183715799.jpg
手前の弾薬庫
DSC06408_R_20180814183715cc3.jpg
奥の弾薬庫、共に水が溜まっている
DSC06409_R_201808141837172c2.jpg
反対側
DSC06411_R_2018081418371991e.jpg
上部の通気口
DSC06412_R_2018081418372196c.jpg
こんな感じ
DSC06413_R_201808141843317ae.jpg
小発電所、こっちは砲塔砲台用の電源だろう
DSC06414_R_20180814184333016.jpg
入り口は小さい
DSC06415_R_201808141843343fb.jpg
発電機台座
DSC06416_R_20180814184335bad.jpg
天井に残る、電気配線の碍子跡と通風孔
DSC06417_R.jpg
入り口周りには、高圧碍子も残っている
DSC06420_R_201808141843387d2.jpg
上部の通気口
DSC06423_R_20180814185947c83.jpg
海岸に下りると昔の台場がある
DSC06424_R_20180814185948d82.jpg
ビジターセンター付近に下りていく
DSC06427_R_20180814185951b72.jpg
絶対に当時ものの建物だが詳細不明
DSC06429_R_2018081418595382d.jpg
無造作に東京湾要塞地帯標が転がっている
DSC06425_R.jpg
第1掩灯所、今は倉庫に使われている
DSC06430_R_20180814185953617.jpg
天井の庇に吊り金具が残っている
DSC06434_R_20180814202032fa5.jpg
文化財
DSC06435_R_201808142020345f7.jpg
第2掩灯所が下に見える
DSC06440_R.jpg
地下施設がある
DSC06443_R_20180814202036e86.jpg
この施設は掃除されているようだ
DSC06444_R_2018081420203719a.jpg
入り口四角、内部は丸い通路を下っていく
DSC06446_R_20180814202039b89.jpg
天井の電気配線の跡
DSC06447_R_20180814202040053.jpg
床は滑り止め加工
DSC06449_R_2018081420324365b.jpg
到着した
DSC06451_R_201808142032446f0.jpg
下はかなり深い
DSC06452_R_201808142032455ed.jpg
ここには何があったのだろう?
DSC06457_R_20180814203248876.jpg
下が昇降部分
DSC06456_R_2018081420324672d.jpg
人物比とのさん
DSC06460_R_20180814204426dfb.jpg
なんか配線の跡が付いてて面白い
DSC06461_R.jpg
エレベーターの下から見上げる
DSC06463_R_201808142044282f0.jpg
この台座って何だろう?ストッパー?
DSC06466_R_201808142044304fd.jpg
もちっと詳しく書いて欲しいな!見たまんまやん。
DSC06467_R_20180814205254662.jpg
第2掩灯所地下通路からの縦穴出入口
DSC06468_R_20180814205256275.jpg
上から見たエレベーター
DSC06470_R_2018081420525881b.jpg
落ちたらちょっと痛そうだから、気をつけよう
DSC06471_R_201808142052580c1.jpg
土管、伝声管?
DSC06472_R_20180814205300683.jpg
石垣が組んである
DSC06474_R_2018081420530183f.jpg
地下施設からの通風孔
DSC06475_R_20180814210028039.jpg
探照灯用地下発電所
DSC06477_R_201808142100307bd.jpg
DSC06478_R_201808142100318a4.jpg
半分土に埋もれていて、分かりにくい
DSC06480_R.jpg
脇に地下通路がある
DSC06481_R_20180814210033368.jpg
完全水没だが、兵器庫らしい
DSC06485_R_201808142100355a4.jpg
反対側の出入り口も水没
DSC06486_R.jpg
海岸園地から海辺に降りる
DSC06487_R_20180814213724216.jpg
水辺にコンクリートの遺構が有る
DSC06498_R.jpg
魚雷艇基地のレールだと言われる
DSC06489_R_20180814213725500.jpg
脇に野球のベンチみたいなコンクリート遺構が有る
DSC06491_R_20180814215546582.jpg
階段のすぐ後ろに
DSC06493_R_20180814215547fd2.jpg
魚雷艇の格納庫と言われる穴が有る
DSC06494_R_201808142155482e2.jpg
奥に行くとかなり狭く、魚雷艇など入らない
DSC06496_R.jpg
入り口もこの様に岩が邪魔で入れないので、配備はされず、計画だけだったのだろう
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

大房ナイト盛り上がってきましたね(-^〇^-)
キタ━(゚∀゚)━! ってな感じですね。

おそらくこれが、今夏の最大おもしろイベントになることでしょう。
食って、飲んで、探検楽しんでいきましょう。


ちなみに画像のオレンジの上着の人物はとのさん!?  ・・・・ですか

ねこさん

お察しの通り、8年前のとのさんです!
まだみんな若かったですね~

ちなみに今夜から遠征で、ソーメン、キャンプと目白押しな夏です。