FC2ブログ

千葉 大房岬砲台キャンプ(前夜編)

DSC05694_R_201809012316333e3.jpg
仕事を早く上がって、一路大房岬に向かう
DSC05696_R_20180901231634104.jpg
駐車場到着、メンバーの車がある
DSC05705_R_20180901231635e8d.jpg
山さんが駐車場まで迎えに来てくれた
002_R_20180901232921ad8.jpg
先発隊メンバーと合流、既に6本は開いていた(500cc)
003_R_20180901232923f19.jpg
予想外にキャンパーは多かった
004_R_201809012329234ea.jpg
キャプテンヤッシーさんが手際よく薪を燃やす
008_R_20180901232925441.jpg
あっと言う間にいい火加減
DSC05709_R_20180901234653d88.jpg
とのサン、マメピーと合流して一騒ぎ
DSC05710_R_20180901234655a40.jpg
飲み食いが終わったら、装備を整える
DSC05713_R_20180901234655620.jpg
まいどお馴染みの、夜間探索だ
DSC05723_R_20180901234658a65.jpg
キャンプ場近くの第二掩灯所施設
DSC05718_R_201809012346572fc.jpg
知る人ぞ知るホラースポットらしい
DSC05722_R_20180902203603434.jpg
では肝試しのスタート
DSC05724_R_2018090220360441c.jpg
と言っても、みんなのライトが明るすぎて、ぜんぜん怖くない
DSC05726_R_20180902203605bb7.jpg
結局いつもの夜間探索と変わらない
DSC05729_R_20180902203607cc4.jpg
台風の影響か、水がプール状に溜まっていて、向こう側に渡れない
DSC05733_R_20180902203608d0f.jpg
エレベーター上部を見上げる
1535888965794.jpg
ねこさんから奇妙な写真が送られて来た、全員こっちに居たはずなのに?
DSC05740_R_2018090220361086c.jpg
これが自分の撮った同じ時間、確かに全員こっちにいる、黒服のネコさんが撮った写真が上のもの、位置もあう
DSC05751_R_20180902211816abe.jpg
次のホラースポットに向かう
DSC05752_R_20180902211817064.jpg
気のせいか、シャツに濡れた様な色が憑いている
DSC05754_R_201809022118187b2.jpg
山頂近くにあるキャンプ場から、海岸へと下りて行く
DSC05758_R_20180902211820e7c.jpg
階段はあるが、かなり歩きにくい
DSC05759_R_20180902211822083.jpg
奥が深いと!期待が高まり突撃開始
DSC05764_R_20180902211824568.jpg
下方向に5mほど下がっている
DSC05765_R_20180902211824778.jpg
入り口付近はかなり広い
DSC05768_R_20180902223047bc6.jpg
振り向くと入る人、入らない人に分かれる
DSC05770_R_20180902223049d0b.jpg
山さんが先に進む
DSC05774_R_2018090222305131a.jpg
一見行き止まりに見えるが、上下に隙間が有る
012_R_20180902223043b34.jpg
隙間から潜り込む
013_R_201809022230459a5.jpg
しかし、すぐに行き止まりとなった、しかも誰も来ない
DSC05780_R_20180902230504d28.jpg
既にみんな脱出していた
DSC05783_R_20180902230505657.jpg
海岸で一息入れて、一気に登って行く
DSC05793_R_201809022305064f5.jpg
標高差80mを一気に登る
DSC05796_R_20180902230508671.jpg
ここから山さんと二人で見落としの戦跡を確認に向かう
DSC05798_R_20180902232833af4.jpg
幕末砲台跡に有る、観測所跡を探しに来た。八八式電気式海岸射撃具が据えられていた。
DSC05801_R_201809022328349f6.jpg
残念ながらコンクリートの観測所は、爆破されていた
DSC05804_R_2018090223283579a.jpg
意外に大きな建物だったようだ
DSC05807_R_20180902232838ba9.jpg
しかしなんで弾薬庫なんかはそのままで、殺傷力の無い観測所を爆破したんだろう?
DSC05821_R_20180902232838993.jpg
場所は確認したので、明日夜が明けてから再訪しよう
DSC05818_R_20180902234051bd6.jpg
山さんが昔この辺で他のコンクリート遺構を見かけたとの事で、探しに行く
DSC05824_R_20180902234053a1f.jpg
意外と近くに落ちていた、向きに寄っては見えないかも知れないが
DSC05830_R_201809022340544cc.jpg
コンクリート台座にボルトが見える、これは観測所用の発電所かもしれない
DSC05832_R_201809022340569f2.jpg
これは破壊されたのか、鉄泥棒か判別できない、台座にボルトも残っているし
DSC05833_R_201809071802427ac.jpg
外灯一つ無い西芝生公園から運動園地へ移動する
DSC05836_R_20180903202424149.jpg
45口径20cm連装砲塔砲台第二砲座跡
DSC05837_R_20180903202424d58.jpg
同じく第一砲座跡
DSC05838_R_20180903202426398.jpg
耐火煉瓦が敷かれ、キャンプファイヤーの場所になってしまっている
DSC05840_R_201809032024277e8.jpg
第一砲座の弾薬庫
DSC05841_R_20180903202430282.jpg
日焼けのせいか、有っただろう迷彩色が判らない
DSC05843_R_20180903202430033.jpg
軽く水没した弾薬庫が2つ内部に有る
DSC05846_R_201809032024325cd.jpg
反対側に抜けている
DSC05852_R_20180903210631704.jpg
上部にある弾薬庫の通風孔
DSC05858_R_20180903210632ef7.jpg
土が流れ、露出した弾薬庫の外壁
DSC05859_R_20180903210633cc4.jpg
軽く一回りしたのでキャンプ場に戻る
DSC05862_R_20180903210635583.jpg
狂乱の夜は続く

1535977282826.jpg
後日こんなラインが届いた、ここに顔があると・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おつかれさまです。
いやしかし・・・・改めてよ~~~く見ると気になる画像がいくつかありますね~~~。
特にやまさんのシャツのシミなのか、影なのか
・・・・非常に気になるとこです。
あとは追々出していくとして。
やっぱ、やまさん担当だけのことはあるんですねーーー。(-^〇^-)

それと、それなりにスポットと言われるような
場所は、それなりに不可思議なことが起きるのは確かなようですね。
ますます次回のKが楽しみです。

ねこさん

シャツのシミの様な物は、光源が自分のライトにしてはおかしいし、高所から照らさないと上に影が出来ない。
自分と山さんの間に葉っぱ等の影になる物も無かった。
まぁこれは汗という事にしておきましょう!