FC2ブログ

千葉 大房岬砲台キャンプ(朝探索編)

023_R_201809052145121c6.jpg
夜明けと共に起き出す人が半数以上、破壊したテントで未だ熟睡する若手二人
024_R_20180905214513c53.jpg
テントが壊れるまで、夜中に何やってたんだろう?
DSC05863_R_20180905214514aad.jpg
完全に夜があけて、片付けを始める
DSC05865_R_20180905214516ad6.jpg
ゴミの後始末など、ルールはしっかりと守りましょう!
DSC05868_R_201809052145181ca.jpg
9時に受付の人が来るまでチェックアウト出来ないので、朝セブンとしゃれ込む
DSC05869_R_20180905214519ac7.jpg
ここでキャプテンヤッシーさんが離脱、前夜の探索時に滑落したのだ
20180904100823e92.jpg
これが滑落直前を写したネコさんの写真だが、足元に白い物と壁に顔が伺える
DSC05870_R_201809052145208db.jpg
チェックアウト後軽く大房岬の遺構を回る
DSC05455_R_20180905232454c52.jpg
現代図
DSC05456_R_20180905232456f46.jpg
戦時中の大房、面倒なので張っておく
DSC05872_R_2018090523382130b.jpg
まず、兵舎跡を探そうと駐車場から藪の中に突入すると、程なく穴が開いていた
DSC05873_R_20180905233822b57.jpg
確かに人為的な地下壕が他にも有る
DSC05875_R_20180905233823b58.jpg
ひだりに伸びているようだ
DSC05876_R_201809052338257bf.jpg
さっき見つけた穴と繋がっているらしい、こっちの光が見えるらしい
DSC05878_R_20180905233827f65.jpg
似たような穴がそこら中に有る
DSC05881_R_2018090523382814d.jpg
U字型をしている所からも、兵舎の防空壕だったのだろう
DSC05882_R_20180905234959ef9.jpg
暫らく行くと、コンクリート遺構を見つけた
DSC05884_R_201809052350004cd.jpg
水槽状の物のようだ
DSC05886_R_20180905235001c9a.jpg
周りは石垣に囲まれている
DSC05887_R_201809052350039bc.jpg
階段があり、二層の平場があった
DSC05889_R_20180905235004578.jpg
兵舎跡だと思ったが、地図から見ると機械室のようだ、冷却用の水槽と合点が行く
DSC05891_R_20180906232003cd0.jpg
道路に出てしまったので、歩いて駐車場まで戻る
DSC05892_R_20180906232005233.jpg
ついでに時間になったのでチェックアウトの手続きをする
DSC05896_R_20180906232005a38.jpg
ビジターセンターに有る弾薬箱を見ていく
DSC05897_R_201809062320074d0.jpg
小銃弾薬箱
DSC05900_R_20180906232008551.jpg
一年式曲射歩兵砲駄載用弾薬箱
DSC05903_R.jpg
ジオラマに残る兵舎跡
DSC05954_R_201809062320115f1.jpg
ジオラマに付いているプレート
DSC05456_R_20180905232456f46.jpg
見比べると兵舎の前の道が変わっている、兵舎はもっとY字路の先端部分だったようだ
DSC05904_R_20180907134114ebd.jpg
南係船場の魚雷艇発進所だが、向きも大きさもメチャクチャだ
DSC05905_R_20180907134115a6f.jpg
ビジターセンター横に有る、第一掩灯所
DSC05909_R_201809071341169be.jpg
45口径20cm連装砲塔砲台第二砲座
DSC05911_R_201809071341172e6.jpg
その真後ろの第二砲塔用の弾薬庫
DSC05912_R_201809071341193bc.jpg
この日は通路も水没で入れなかった
DSC05913_R_2018090713412182f.jpg
同じく第二砲座
DSC05914_R_20180907135401ffc.jpg
昨夜見つけられなかった砲塔砲台用の発電所を探しに行く
DSC05915_R_20180907135608083.jpg
排煙用の通風孔を発見
DSC05916_R_20180907135402fb5.jpg
あっさり発電所を発見
DSC05918_R_20180907135404e5f.jpg
砲塔砲台発電所
DSC05920_R_2018090713540511a.jpg
カモフラージュの跡が残る
DSC05921_R_20180907135406767.jpg
円形の何かが立っていた跡
DSC05924_R_20180907135408254.jpg
何も無いが、踏むと沈むので、ここに発電機用の冷却水層が埋まっているものだと推測
DSC05925_R_201809071736584ca.jpg
発電機室は6畳弱ぐらいだろうか、防音処理されている
DSC05926_R_20180907173659627.jpg
発電機台座
DSC05927_R_201809071737000cd.jpg
天井の通気孔
DSC05929_R_20180907173701d77.jpg
これだけ防音材や高圧碍子が残る公開遺構も珍しい
DSC05936_R_2018090717370446e.jpg
第一展望台、これが砲座だとする人もいるが、第二砲座の前にあるここに砲座を造ったら、後の第二砲座が正面に撃てない
DSC05938_R_201809071737069df.jpg
昨夜見つけた観測所を見に行った
DSC05940_R_201809071757490c0.jpg
肉眼では見やすいのだが、写真にすると朝の木漏れ日でさっぱり分からない
DSC05943_R_2018090717575059e.jpg
DSC05946_R_20180907175752e3e.jpg
夜の方が写真は判りやすい
DSC05949_R_20180907175753db6.jpg
小さなコンクリート遺構に向かう
DSC05950_R_20180907175754a3d.jpg
これは昼も夜も変わらんな
DSC05953_R_20180907175756d19.jpg
後は軍道のなごりか、草薮に石組みが有った程度
DSC05955_R_201809071835555a9.jpg
大房岬砲台の探索を終える

大房岬砲台の前回訪問記事にはその他遺構も載ってます
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いまさらながら、兵舎跡の壕確認しときゃよかったですね~~~
やっぱ常に懐中電灯装備しとかんとダメですわ。
多分入口2箇所で、真ん中あたりに部屋が
あるような構造なのでしょうね。

ねこさん

当日は体調不良の中、お疲れさまでした!

自分が照らしたライトの灯りが、隣の壕口を覗いてたとのさんから見れたそうなので、U字型の小さな退避壕だと思われます。

また、懲りずにここでキャンプしますか!