FC2ブログ

千葉 大井北側戦闘指揮所及び付属壕

DSC05958_R_20180909213821cf9.jpg
大房岬撤収後、大井の山中にやって来た
DSC05960_R_20180909213822415.jpg
まずは駐車場側下にある小規模壕
DSC05961_R_20180909213824004.jpg
交通壕は立派なのだが
DSC05964_R_201809092138245fa.jpg
藪を漕ぎながら北側戦闘指揮所の入り口を探す
DSC05968_R_20180909213826f17.jpg
あった、夏場は毎度壕口探しに苦慮する
DSC05969_R_201809092138283db.jpg
早速初見の人達に入ってもらう
DSC05971_R_20180909220044fde.jpg
交差点部分が崩落しているが、
DSC05974_R_20180909220046882.jpg
乗り越えると何でもない
DSC05975_R_201809092200475ed.jpg
最初の部屋を覗くとのさん
DSC05977_R_201809092200481b4.jpg
右の分岐は無視して左に進む
DSC05980_R_20180909220049d63.jpg
生息室は左右に結構ある
DSC05982_R_20180909222831229.jpg
湿度が増してきた、って事は閉塞が近い
DSC05984_R_2018090922283311d.jpg
奥に行くほど通路が低くなる所がある
DSC05985_R_2018090922283446d.jpg
ちょっとだけ水没している
DSC05986_R_20180909222835e01.jpg
その先は土砂の流入で閉塞
DSC05989_R_201809092228372e5.jpg
反対側も閉塞なのだが、こっちの通路は丸くなっている
DSC05994_R_20180909222838031.jpg
しかも小森さんいっぱい
DSC05997_R_201809092342207b9.jpg
引き返す
DSC05998_R_20180909234222733.jpg
下り階段を降りて行く、下りはじめが滑って落ちそうだ
DSC06002_R_201809092342228bf.jpg
下の方はしっかりとした階段
DSC06005_R_20180909234224738.jpg
ちょっと崩落している先に広い生息室があるが、入らなかった
DSC06010_R_201809092342260db.jpg
土砂がはみ出してきている通路
DSC06011_R_20180909234227a49.jpg
見上げると、上に地上が見える(後で上から見る)
DSC06012_R_20180909234229ca5.jpg
水没している通路
DSC06013_R_2018091121314877e.jpg
そこを抜けると、大き目の壕口に出る
DSC06014_R_2018091121315016d.jpg
山頂に登ってみた
DSC06016_R_201809112131514f5.jpg
さっき下から見た縦坑、5mはありそうだ
DSC06018_R_20180911213153800.jpg
三角点もある
DSC06019_R_20180911213155bc4.jpg
これが北側戦闘指揮所のコンクリート観測室
DSC06023_R_20180911221622240.jpg
更に奥地へ向かう
DSC06026_R_2018091122162448b.jpg
変わった蓋の付いている貯水槽
DSC06027_R_201809112216252a5.jpg
尾根を一つ越えると
DSC06031_R_201809112216270e0.jpg
南側戦闘指揮所、観測壕到着
DSC06038_R_2018091122162837b.jpg
南側のコンクリート観測所は2つある
DSC06039_R_20180911221629d96.jpg
南側戦闘指揮所、唯一の壕口だが、かなりキツイ
DSC06040_R_20180911224959be6.jpg
ライトの電池を使い切ってしまった自分は、南には入らず付属壕に向かう
DSC06042_R_201809112250006fb.jpg
壕の場所を知るネコさんに、無線機で聞きながら独りで進む
DSC06043_R_20180911225002814.jpg
フェニックス畑に出てしまった、行き過ぎたようだ
DSC06045_R_20180911225002c45.jpg
仕方なくネコさんが迎えに来てくれた、悪い事をしたな
DSC06047_R_20180911225004613.jpg
壕口に案内してもらった
DSC06049_R_201809112250069f7.jpg
入り口から水没しているが数mだけ
DSC06048_R_20180911231510358.jpg
ライトが無いのでストロボを頼りに壕に入る
DSC06050_R_201809112315116df.jpg
振り向いた壕口、出て来れるかちょっと不安
DSC06052_R_20180911231512606.jpg
一つ目の部屋、10m位ある
DSC06053_R_201809112315145c9.jpg
先が二股になる
DSC06057_R_2018091123151534b.jpg
二つ目の部屋、かなり広い
DSC06058_R_20180911232323e55.jpg
海軍並みに綺麗に作られていた
DSC06059_R_201809112323259dc.jpg
振り向いた部屋の入り口
DSC06060_R_20180911232326d9d.jpg
大きな部屋が二つあるだけの倉庫壕の様だ
DSC06062_R_2018091123232735d.jpg
辺りには壕口が埋まった様な場所が沢山ある
DSC06063_R_20180911232330ff2.jpg
じっくり他にも探してみたいが、あまり時間が無い
DSC06064_R_20180911232331c38.jpg
メンバーの元に戻ると、ちょうど出てくる所だった
DSC06066_R_20180911233328ea5.jpg
何か手に持って出てくるマメピー
DSC06067_R_20180911233330962.jpg
ドロだらけで出てくるとのさん
DSC06069_R_20180911233330448.jpg
しばらく壕口前でカエル談義をする一部のメンバー
DSC06072_R_201809112333322cc.jpg
さぁ、撤収しよう
DSC06075_R_2018091123333594d.jpg
車に戻り、次の目標を協議する
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント