木更津海軍航空隊その2

前回は、外周部を紹介したので、今回は陸上自衛隊木更津駐屯地内を紹介する。
DSC08916_R.jpg正門を入り格納庫側来客駐車場に車を停める、その前に米軍時代の遺構がある
DSC08917_R.jpg近くに退避壕が見える
DSC08918_R.jpg鉄製の入り口扉
DSC08919_R.jpg後から、通気孔があるとゆうことは、元は埋まっていたのだろう
DSC08946_R.jpg当時の格納庫
DSC09037_R.jpg重厚な扉、重そうだ
DSC09038_R.jpg鉄骨萌え
DSC09024_R.jpg掩体壕、白十字は今も照準テスト用に役立っている
DSC09026_R.jpgグーグルで航空写真を見るだけでも、10基近く確認出来る
DSC09054_R.jpg中ノ島側の遺構を見る
DSC09055_R.jpg木造、鉄筋コンクリが混在する
DSC09058_R.jpg油脂庫や倉庫に現在も使われている物が多い
DSC09060_R.jpgすべりと桟橋、奥に中ノ島が見える
DSC09061_R.jpg集会所だろうか、大き目の建物だ
DSC09062_R.jpg左は橋に見えるが橋ではない、桟橋への通路
DSC09063_R.jpg正面入り口
DSC09064_R.jpg退避壕、これがオリジナルの土盛り
DSC09065_R.jpg後にもう一基ある
DSC09066_R.jpg集会所の裏側に行くと
DSC09067_R.jpg爆風避け付きの退避壕がある
DSC09068_R.jpg中は水没で入れない
DSC09069_R.jpg野外機材庫
DSC09070_R.jpg似ているが、別の退避壕
DSC09071_R.jpg後ろは集会所
DSC09072_R.jpg土を退かすと、こんな感じ
DSC09073_R.jpg千葉は砂の産地でもあり、コンクリも分厚そうだ
DSC09074_R.jpgさっきの海岸沿いの退避壕2つと、丸い的が書いてあるネット(左)
DSC09075_R.jpg奥の物は小振りに見える
DSC09076_R.jpg管制塔裏手にも建物と退避壕が
DSC09078_R.jpg黒い消火栓
DSC09079_R.jpg通気孔が2つ、大型の物だ
DSC09080_R.jpg爆風避けも付いている
DSC09081_R.jpg電気まで入っている
DSC09082_R.jpg側面にも何か出ている、司令部用退避壕だろうか?
DSC09083_R.jpg裏側は使用中
DSC09084_R.jpgここでは珍しい煉瓦作りの油脂庫?
DSC09085_R.jpg短艇格納庫か
DSC09086_R.jpgその手前の桟橋
DSC09087_R.jpg桟橋は二つある
DSC09088_R.jpg格納庫の概観は改修されてしまっている
DSC09089_R.jpg基礎部に残る当時の水道と現代の弾薬箱



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント