木更津太田山地下壕

木更津海軍航空隊を見たついでに、近くの遺構を探してみた。
木更津海軍航空隊はメジャーな遺構なのだが、それ以外の遺構とゆうものが、昔高射砲がありました
今は何もありません的な物しか聞こえてこない。
やっと見つけた太田山(地下壕と高射砲陣地)の遺構を探しに行く。
太田山山頂に木更津市郷土博物館金のすずと、きみさらずタワーが建って居るが博物館には掩体の写真ぐらいしかない、高射砲陣地は跡形も無いようだ。
しかし、地下壕は生きていた、飛び切り頑丈な奴が、しかもオールコンクリートとしては大型だ。
DSC09906_R_20130217201509.jpg太田山に沿って走っていると壕口がいきなり見えた
DSC09907_R_20130217201511.jpg手前にもう一つある
CIMG0608_R.jpg床面は全体的にぬかるんでいた
CIMG0612_R.jpg扉の付いていた蝶番
CIMG0613_R.jpg未だに稼動する
DSC00002_R.jpg何かを挿してあった様な穴
DSC00004_R.jpg天井の角部分の作りもきれいだ
DSC00006_R.jpg奥行きは50mほどか
DSC00001_R.jpg奥から入り口を見る
DSC00007_R.jpg別の入り口
DSC09987_R.jpg構造は同じ通路
DSC09988_R.jpg横の連絡抗は若干低い
DSC09990_R.jpgしかし、しっかりした作りだ
DSC09991_R.jpgまるで、日吉連合艦隊司令部壕の拡大版
DSC09992_R.jpg所々に通風孔か開いている
DSC09993_R.jpg突き当たりに開いている穴から土砂が流入している
DSC09995_R.jpgその直前の連絡壕
DSC09996_R.jpg床はずるずるだ
DSC09997_R.jpg上からも来ている
DSC09999_R.jpg隣の通路に出る
DSC09885_R_20130217211933.jpg床面はコンクリートではなく、煉瓦だった
DSC09892_R.jpg二つ目の通路の突き当たり
DSC09882_R.jpg表からは隠れている4つ目の壕口
DSC09883_R_20130217210639.jpgここだけは壕口から直通ではない
DSC09904_R_20130217211237.jpg天井には金具が付いている
CIMG0604_R.jpg壁にも上の方に何かがあった跡が
CIMG0606_R.jpg床には機械があった跡が
CIMG0607_R.jpg壁面下の方にもある
CIMG0598_R.jpg4本目の通路は短いが、レトロな物が置いてある
CIMG0599_R.jpg水車のような物
CIMG0600_R.jpg糸車のような物
CIMG0602_R.jpg荷車の足だけ?
DSC09903_R_20130217212708.jpg奥を覗く
DSC09902_R_20130217212707.jpgもう突き当たり
DSC09899_R.jpg3本目入り口
DSC09898_R.jpg天井の穴は全部塞がっている様だ
CIMG0610_R.jpg一通り見たので撤収する
DSC09909_R_20130217213619.jpg太田山の西側の道沿い、木更津幼稚園の直下に穴発見
DSC09917_R_20130217213620.jpg物置に隠れているが、壕がある
DSC09918_R.jpg妙にきれいな素掘り壕
DSC09919_R.jpg入り口付近に掘り込みがある
DSC09923_R_20130217214147.jpgこの柵の奥にも壕がある
DSC09908_R_20130217214142.jpg隣のラーメン屋にも壕がある
DSC09910_R_20130217214143.jpgラーメン屋裏手
DSC09912_R.jpgゴミ捨て場と化している、かなり低い壕
DSC09911_R_20130217214144.jpg駐車場側の壕
DSC09913_R.jpg入り口には笹が投げ込まれている
DSC09914_R_20130217214715.jpg掘り方はこちらもきれいだ
DSC09915_R.jpgこの柱は上に木更津幼稚園が建っているせいだ
DSC09916_R_20130217214718.jpgさて帰ろう

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント