FC2ブログ

西浦砲台 空母氏 御案内

DSC09432_R_20190504232941a31.jpg
空母氏を連れて、彼の念願の西浦砲台に移動する
DSC09433_R_20190504232942868.jpg
さっそく山に入る
DSC09435_R_201905042329448eb.jpg
今度は迷わず到着
DSC09437_R_20190504232946a59.jpg
右翼観測所の計算室
DSC09442_R_20190504232946b3f.jpg
観測所に上がる空母氏
DSC09445_R_201905042329484f9.jpg
コンクリートの分厚さがよく判る
DSC09446_R_20190504232949b1a.jpg
物入れも無く、伝声管の穴だけが空いている
DSC09451_R_20190506133646725.jpg
第一砲座は地震で崩れてしまっているので背後の塁道を迂回する
DSC09454_R_20190506133649bb5.jpg
右側の茂みが第一砲座になる、弾薬庫と共に埋没している
DSC09453_R_201905061336473a1.jpg
第一と第二砲座間には、小隊長位置が置かれる
DSC09455_R_2019050613365034f.jpg
二つの砲台を同時に見るので、かなり大型だ
DSC09458_R_20190506133652d11.jpg
砲台間の石垣は、丸みを帯びている
DSC09460_R_201905061336526be.jpg
砲座背後の土塁に上る階段(登っても土塁なので何も無い)
DSC09461_R_201905061336550fe.jpg
第二砲座の裏側から伸びる砲台への軍道がはっきり分かる
DSC09463_R_20190506144004d3d.jpg
各砲座には左右2つづつの弾薬庫がある(第一のみ右側弾薬庫埋没)。もしかすると榴弾弾頭部と炸薬がそれぞれ別に管理されていたのか?
DSC09464_R_201905061440061ee.jpg
第二砲座右側弾薬庫と、第一砲座左側弾薬庫は内部で接続している
DSC09467_R_201905061440061d6.jpg
弾薬庫内部はドロが流入、ぬかるんでいるので長靴が望ましい
DSC09469_R_2019050614400884f.jpg
一本の通路に2つの弾薬庫、前後にそれぞれの砲座に出る出入り口が基本構造
DSC09470_R_2019050614400979e.jpg
この程度の土砂はいい方だ、奥に行くほど酷くなる
DSC09472_R_20190506144011733.jpg
通路も庫内も地震で中央が割れ、隆起している
DSC09476_R_20190506144012ecb.jpg
全ての庫内には、奥にこんな入り口に向いた銃眼が設置されている
DSC09481_R_2019050619225748e.jpg
第一砲座左側弾薬庫、形は左右対称で同じだ
DSC09486_R_20190506192259897.jpg
第一砲座側出入り口、完全に埋没
DSC09490_R_20190506192259d6a.jpg
振り返り
DSC09493_R_201905061923014d7.jpg
弾薬庫の境目の柱は割れている
DSC09494_R_2019050619230413e.jpg
外に出て第二砲座から、第三砲座側に弾薬庫内から回り込む
DSC09496_R_20190506192304dc5.jpg
ここは隆起のしかたが半端無い
DSC09501_R_20190506192305d2b.jpg
西浦砲台のいい所は、落書き一つ無い所
DSC09504_R_20190506220456e28.jpg
第三砲座に出る
DSC09505_R_201905062204575ec.jpg
第三砲座は唯一何となく砲座の感じが判り、一部コンクリートも見える
DSC09506_R_20190506220458aa7.jpg
外部からちょっとだけ第二砲座側に戻る
DSC09512_R_20190506220500964.jpg
ここには危険な穴がある
DSC09507_R_201905062205008e3.jpg
ちょうど人間サイズの穴、深さ4mほどあるので、単独で落ちたらアウトだな
DSC09514_R_20190506220502b45.jpg
第三砲座からまた、弾薬庫経由で第四砲座へ
DSC09521_R_20190506220503027.jpg
この通路はドロが流入し、床の隆起がわからない
DSC09525_R_20190506220505945.jpg
第一砲座に近い埋まり方なんだろう
DSC09526_R_20190507121744dda.jpg
ここに当時のドラム缶と囁かれていた緑のドラム缶があるが、この上の方に同一のドラム缶が複数あり、ただの産業廃棄物であると判明した
DSC09530_R_20190507121745871.jpg
第三、第四砲座の間にも小隊長位置はある
DSC09541_R_20190507121752127.jpg
第四砲座にも砲座部分に穴がある、どこに穴が空いていて、上に枯れ木が被さって見えなくなっているか見えない物もあるだろうから、なるべく弾薬庫経由での通過をおすすめする
DSC09536_R_2019050712174729a.jpg
第四砲座左側の弾薬庫、こんな風に砲座の前面にある弾薬庫は他に例を見ない
DSC09538_R_20190507121749612.jpg
内部は同じ形だが、弾薬庫は一つだけとなる
DSC09540_R_201905071217509b7.jpg
これで西浦砲台を端から回った事になる
DSC09545_R_201905071257172fc.jpg
戻りがけに何か構造物が有る
DSC09548_R_20190507125719e0b.jpg
たった二段の号令代のようなものだ
DSC09552_R_20190507125720dfc.jpg
周りは平地になっているので、似たような用途だったのだろう
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

長靴ドロドロにしてごめんなさいm(__)m 
ホント助かりました!
しかし懐中電灯いいですね~ 今までの写真と全く違う! 自分も欲しい奈~

空母氏

長靴と人生は汚す為にあるのです!
両方とも中身が汚れなければOKでしょう。

いい事ばかりでは無く、デメリットもあるよ
まず、デカイし重いし、予備バッテリーが無い
全体を手で持つタイプだから、10分も使ってると、結構熱くなってくる。
3万円超えのライトだから慎重にね!