FC2ブログ

興津(おきつ)背射砲陣地

GWに千葉県勝浦の興津漁港にある、背射陣地を発見した
本来はキャンプがしたかっただけなのだが、ワガママな奴が居て、日中は穴探しになった
午前中は不本意な結果になったが、午後からのリトライは当たりだった。
背射陣地とは、湾や谷等の奥まった所に進軍してきた敵の、背後から袋叩きにするのが目的の陣地
上陸時に敵に見つかり難いのだが、一度上陸されたら自分等も逃げ道が無い背水の陣である
DSC01786_R_20190509183732130.jpg
今回は少数精鋭でのトライとなった
DSC01827_R_2019050918373396d.jpg
興津東漁港に到着
DSC01828_R_201905091837358b4.jpg
最近の漁港はうっかり停めるとお金を徴収する
DSC01829_R_20190509183736e6b.jpg
漁港の内側に大穴が開いている
DSC01831_R_20190509183737acb.jpg
横幅も広く、震洋ではない
DSC01834_R_201905091837398ac.jpg
しかし、奥行きは余り無く、回天、海龍でも無さそうだ
DSC01837_R_201905091837412a6.jpg
すぐ近くに震洋壕がある
DSC01839_R_20190509183742d97.jpg
サイズとしては、ほぼ半分である
DSC01840_R_201905091837437c9.jpg
一応海岸を見て回るが、特には見当たらない
DSC01841_R_20190509183745bb5.jpg
これは水の道だろう
DSC01843_R_20190509202744cda.jpg
東側は峻険すぎて、上陸ポイントにはならないだろう
DSC01846_R_2019050920274671b.jpg
一応、西漁港に移動する
DSC01852_R_201905092027471e1.jpg
海保界の他に、港海保ってなんやろ?
DSC01853_R_201905092027483fe.jpg
あそこに何か有る!
DSC01854_R_20190509202749698.jpg
一見祠かと思ったが、鉄の扉が付いている
DSC01855_R_20190509202751c71.jpg
扉は硬く錆び付いていて動かないが、パパさんが風が来るよと気が着いた
DSC01857_R_2019050920275258d.jpg
さっそくもう一つの入り口を見つけたパパさん
DSC01858_R_20190509211107e54.jpg
ワガママ言った奴、さっさと調べて来んかい!っと斥候に行かされる
DSC01860_R_20190509211108fc1.jpg
入り口は厳しいが、内部はしっかりしてそうだ、カナリアは主人に大丈夫な事を伝える
DSC01862_R_20190509211109252.jpg
比較的広く、しっかりした壕だ
DSC01865_R_20190509211112305.jpg
左手に分岐
DSC01866_R_20190509211113582.jpg
いや、弾薬庫のようだ、ここにこれがあるって事は、入って来たのは砲室だったようだ
DSC01871_R_201905092139087a7.jpg
今度は右に分岐がある
DSC01872_R_20190509213910a8a.jpg
左はパパさんに任せる
DSC01873_R_20190509213912ad8.jpg
右に行くとT字路だ
DSC01874_R_201905092139136a2.jpg
ちょっとクランクして
DSC01876_R_20190509213915ff6.jpg
さっき表から見た鉄扉だ
DSC01877_R_20190509213916058.jpg
左に行くと、すぐ右に部屋がある、足元には朽ちた扉が!
DSC01878_R_20190509213917fdd.jpg
中に入ると、正面に何か?
DSC01883_R_201905092203490ef.jpg
木枠の付いた棚が二つあったようだ、作戦室か?
DSC01886_R_201905092203494b5.jpg
壁に鎹も打って有る
DSC01885_R_20190510191314aae.jpg
これは棚の枠組み?木箱?
DSC01887_R_2019050922035152b.jpg
左へ行ったはずのパパさんがいる、ループしているようだ。何か叫んでいる
DSC01888_R_20190509220353509.jpg
水没だが広い部屋だ
DSC01891_R_2019050922035411f.jpg
この時点で長靴は自分だけ、奥に行ってみる
DSC01894_R_20190509220355e04.jpg
木箱が原型を留めて沈んでいる、小銃の弾薬箱か?
DSC01899_R_20190509220357672.jpg
たくさんある長方形の木箱
DSC01900_R_201905092203579c4.jpg
速射砲の弾薬箱だろうか?
DSC01903_R_2019050922040011a.jpg
奥に伸びる通路
DSC01904_R_20190509220400dfe.jpg
残念ながら下り傾斜の水没だ
DSC01907_R_201905092204024e7.jpg
方向的には海岸線に向かっているので、出入り口だったのだろう
DSC01916_R_201905101935356a3.jpg
棒状の金属も沈んでいる
DSC01918_R_20190510193537cd2.jpg
側面にある登り勾配の通路を上ると右に分岐がある
DSC01919_R_20190510193538f34.jpg
何かのパーツ?
DSC01922_R_20190510193540976.jpg
小さな部屋のようだ
DSC01923_R_20190510193540bea.jpg
横の壁になぜか釘一本
DSC01924_R_20190510193542ee5.jpg
更に登っていく
DSC01926_R_20190510193544bdf.jpg
残念ながら行き止まりだ、上部への抜き穴なのだろう
DSC01927_R_20190510201058810.jpg
さて、戻ろう
DSC01929_R_20190510201100cba.jpg
水没の部屋を経由して、メイン通路に戻る
DSC01930_R_20190510201101f84.jpg
この通路がループ部分で、最奥となる
DSC01936_R_20190510201102149.jpg
右に部屋がある
DSC01937_R_201905102011044f4.jpg
L字型の部屋
DSC01940_R_20190510201105fef.jpg
崩落防止か、意外に入り口が分厚い
DSC01942_R_20190510201106bf1.jpg
部屋を出て、最後のループを曲がる
DSC01944_R_20190510202937214.jpg
バックヤードは何も無いストレートな通路
DSC01945_R_20190510202938ff3.jpg
最初の交差点に戻ってきた、これで一周だ
DSC01946_R_20190510202940fd2.jpg
防錆塗料やリベットの無い溶接の扉は後世の物であろう
DSC01948_R_20190510202941705.jpg
もう一度部屋を見ていく
DSC01952_R_2019051020294524e.jpg
コンクリートで整形された間口
DSC01949_R_20190510202942021.jpg
扉で個室となっていた、特別な部屋
DSC01951_R_20190510202943aa0.jpg
悩ましい部屋だ
DSC01955_R_201905102029472ce.jpg
ねこさんも気になるようだ
DSC01957_R_20190510210235b2e.jpg
さて、脱出しよう
DSC01958_R_20190510210237bde.jpg
無事脱出
DSC01959_R_20190510210238db0.jpg
付近を捜すともう一つあった
DSC01960_R_2019051021024011b.jpg
しかしこちらは完全に天井が崩落していて、入る事が出来ない
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お疲れでした(o^―^o)ニコ
思い付きのノープランで流してみるってのも、たまにはええですね。
yakumoさんのせいで(笑)
いいもの拾いました。

しかし、毎度写真がいいですねーーー
特に推定作戦室、少なくとも左官クラス将校の
部屋かなあ…
木の扉の画像が素晴らしい。
ということで、今度はキャンプやりましょう(笑)

ねこさん

わがままは言ってみるモンですね!
対岸まで行こうって言ったおかげで大物釣り上げましたね。
パパさんも大活躍でしたからね、獅子奮迅、独り舞台と言っても過言じゃないかも?

せっかく自前の道具そろえたんで、ゆるキャンしましょうね!