FC2ブログ

舞鶴 海軍さんの港まちガイドツアー~東山防空指揮所見学会~に行ってきた

前回とのさんと行った舞鶴探索で、謎と残った東山防空指揮所だったのだが
その後とのさんの独自訪問で、いくつかの潰れた壕口は発見されていた
折り良く読者様の「初心者A」様よりここの一般公開があるとの情報を得て、行ってみる事にした

この東山防空指揮所は、山頂にあった防空砲台の指揮と傍受した暗号解読などの事務仕事もしていた
鎮守府長官や参謀長の部屋もあり、実質的な鎮守府の司令室であったようだ

東西に16.4M 南北に36.8M 高さ7.7Mで、木造二階建ての建物が壕内に建っており、冷暖房完備だった
隣に発電機室があったが、こちらは戦後の米軍による爆破で
完全埋没しているようだ

当時防備隊山と言われていた東山だが、港の埋め立ての土を切り出すために、機銃砲台及び山頂防空指揮所と共に破壊し、山を削り取った
その際に忘れ去られていたコンクリート製の地下防空指揮所が発見され、今回に至る

DSC00068_R_201905262258482b9.jpg
アカレンガパーク2号館に集合、点呼後屋外に移動する
DSC00073_R_201905262258508b0.jpg
ガイドさんの説明が始まる
DSC00078_R_20190526225851b43.jpg
対岸に見えるのが東山
DSC00077_R_20190526225852adc.jpg
残念な事に資料目当てで参加したのに、資料配布は何一つ無かった
DSC00087_R_20190526225853463.jpg
徒歩で東山まで移動する
DSC00089_R_20190526225854dc7.jpg
上までは舗装道が続いている
DSC00090_R_20190526225856d5b.jpg
一般の参加者にはしんどい様で、ずるずる遅れていく
DSC00093_R_201905262258597db.jpg
山頂に着き、待機していた係員からヘルメットをもらい、レクチャーの続きを受ける
DSC00094_R_2019052622585977e.jpg
削り取られて平らになった頂上に、何の遺構も無い
DSC00095_R_2019052622590023a.jpg
DSC00098_R_20190526225903efe.jpg
DSC00100_R_20190526225903f3c.jpg
DSC00110_R_20190526225905f12.jpg
この地図の通用路の位置は間違っている
DSC00111_R_20190528074654582.jpg
この地下壕は2月に一度公開されている、今回が二回目の一般公開となる
DSC00117_R_20190528074656cbc.jpg
入り口到着
DSC00121_R_201905280746578f3.jpg
20mほど素掘りのあと、指揮所入り口10m弱はコンクリート補強となる
DSC00124_R_20190528074659ca8.jpg
地下壕全景、ここにあった二階建て指揮所は爆破解体時の火災で、1週間燃え続けたそうだ
DSC00136_R_20190528074701452.jpg
本来爆破、埋没させるはずだったが、ダイナマイトでは壊れなかったらしい
DSC00138_R_20190528074703832.jpg
DSC00134_R_201905280746593aa.jpg
基本的に入って来た所と、ここは裏口だ
DSC00142_R_20190528081841e33.jpg
爆破閉鎖の際に天井の一部が崩れている
DSC00206_R_20190528081843f27.jpg
通路内頭上
DSC00208_R_20190528081843ce6.jpg
電気の配線が引かれているが、発電機ではなく無線通信用の配線だろう、この目の前に送信機室があった
DSC00212_R_20190528081845220.jpg
こちら側の通路は完全埋没だった
DSC00154_R_201905301058490cd.jpg
当時の建物に使われたタイル、煉瓦、コンクリートが散らばる
DSC00155_R_20190530105851ab2.jpg
土管の継ぎ手のあるパイプも焼け残っている
DSC00159_R_20190530105852b05.jpg
DSC00160_R_20190530105853463.jpg
解体爆破の跡と思われる場所も多い、丸い穴は発破穴だろう
DSC00101_R_2019053011305210e.jpg
通路ぶぶんを見て行く
DSC00165_R_201905301058557c0.jpg
上側の発電機室への通路は、爆破埋没している
DSC00171_R_201905301123571dd.jpg
一般出入り用通路
DSC00186_R_201905301123597cc.jpg
ちゃんと鉄筋が入っている
DSC00184_R_201905301123574d9.jpg
炭化した建物の柱
DSC00168_R_201905301123559dc.jpg
この辺は爆破跡が激しい
DSC00166_R_20190530112353e54.jpg
恐らく埋め立て工事の時に発見された部分だろう、この土砂の下に長官、参謀長用通路があったはず
DSC00216_R_20190530112401b89.jpg
所々に硝石の逆さツララが出来ている
DSC00193_R_20190530115023ae8.jpg
地下空間としては、このサイズなら、いくらでも見て来たが、コンクリート製となると貴重な空間だ
DSC00217_R_20190530115025ed4.jpg
野島の掩体壕の方がコンクリート製でも大きいな
DSC00219_R_2019053011502524b.jpg
20分ほどで見学時間が終わる
DSC00222_R_20190530115028073.jpg
図面では非常口となる通路から出て行く
DSC00224_R_201905301150296ee.jpg
素掘り部分は、上の埋め立て用掘削工事の為に崩れている
DSC00227_R_20190530115030cf5.jpg
現在唯一の壕口が閉じられる
DSC00228_R_201905301150323b0.jpg
隣にあるもう一つの非常口は、完全に埋まっている
DSC00230_R_20190530115034acd.jpg
ヘルメットを返却し、見学会が終了する
DSC00232_R_201905301215348e4.jpg
その後公園を抜けて、おまけの会食となる
DSC00237_R_201905301215365e2.jpg
なんか砲弾に見えるものがあったが見に行けない
DSC00240_R_20190530121537610.jpg
やっぱり団体行動は苦手だ
DSC00245_R_20190530121539c63.jpg
「海軍割烹術参考書」を当時のまま再現した洋食レストラン、東郷平八郎も利用したとか
DSC00248_R_20190530121540f5f.jpg
さざれ石
DSC00256_R_201905301215416e3.jpg
ユニホームは海軍を意識したものか?
IMG_4547_R.jpg
海軍ラムネとガトーショコラのみ
IMG_4548_R.jpg
もちろんお皿は後世の模造品である

偶然にもここで初心者A様とお会いした、お互い顔も知らんのに良くも会えたものだ
関東圏の人だが、戦跡の道に萌え、何度も舞鶴にも来ているそうだ、とても初心者とは言えないレベルだろう
そろそろ改名しては?
少々の情報交換の後、お互い予定があるので、見学会と共に解散となった。
初心者A様、その節はお世話になりました、おかげ様で防空指揮所の中をみる事が出来ました
また、何処かでお会い出来ればいいですね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

うおおお、羨ましい!!
指揮所があった大空間が、前回一緒に行った時に外から見た大きく塞がれてた場所ですか??
いずれにしても、もう一度訪問しなくては!!!

とのさん

もう一度行きたいですね、ここならアクセス楽だし、場所も判った。
あと一つ外部壕口が有るみたいだから、塞がってるけど確認したいしね。
行きたいけど週休二日で無いから、超弾丸しか出来ないんだよね~
夏休みかな?テント持って第三火薬廠にいこか?

No title

巨大コンクリート壕、人物比がいい感じに見にいきたい欲を刺激してきまする(´∀`)
夏休み?テント?是非参戦したいです!

空母氏

> 巨大コンクリート壕、人物比がいい感じに見にいきたい欲を刺激してきまする(´∀`)
> 夏休み?テント?是非参戦したいです!
夏休みで、暑くて寝れないようだったら、市内の宿泊施設利用してもいいしね。
現状土曜休みが取れないので、難しいんだよね
空母氏の家からなら3時間ぐらいで行けるかな?

No title

こちらこそ舞鶴ではお世話になりました。
お墨付きがもらえた事ですし、ご厚意に甘えて改名させていただきます。

始発で横浜から東舞鶴に来て、浦入から赤レンガパークまでレンタカー移動とは恐れ入ります。
今回のガイドツアーは遺構と関係無い話が多すぎましたね。
話している時間があるなら遺構に滞在する時間を増やしてほしかったです。
時間つぶしに一般人との日常話をするつもりが、会話の節々で相当な猛者だと確信しましたよ。

そういえば槇山公園への道が復活したそうですよ。
最初の舞鶴行で興奮して細かい所が見れなかった金岬砲台に再訪したいです。

スーパー好きA様

お世話様です!
舞鶴では車は必須ですね、移動手段が少なすぎます。
ほんとにこのガイドはまだ慣れていないとは言え、説明不足だわ、図面が間違っているわ、資料は何一つくれないわで、ちょっと不満でしたね。
槇山公園への道が復活したんですね!
良かった、今度行く時はいってみたいと思います。
いつも情報ありがとうございます。

No title

お世話になっているのは私の方ですし、ありがたいお言葉です。

年末年始は横須賀、ゴールデンウィークは舞鶴を3日くらい放浪してますし、
2か月に1回は横須賀に行ってるので、私も機会があればぜひお会いしたいです。
舞鶴でしたら大体は車で移動したので、声をかけて頂ければピックアップしますよ。

スーパー好きA 様

まさにスーパーな遠距離探訪ですね!
自分にはさすがに出来ません。
連休がめったに取れないんですよね~
すっかり草木が茂って、観にくくなって来ましたね、虫はともかく蜂や蛇が活発になりますので、お互いに気を付けましょうね!