茂原海軍航空隊 掩体壕 その2

今回は掩体壕⑦~を紹介する。
茂原海軍航空隊基地を開設する為、150戸以上の民家や神社、学校なども強制的に移転させられた。
その一つに東茂原小学校がある。
DSC08584_R_20130222202505.jpg珍しい迷彩模様を施された碑が建立されている。
1996年3月31日 茂原市教育委員会発行(第252空)茂原海軍航空隊調査報告書_R念の為、ここにも張って置く
DSC09579_R.jpg掩体壕⑦
DSC09581_R.jpg人物比、左バンデラ氏、右榴弾砲氏
DSC09582_R.jpg少し歪な後方開口部
DSC09583_R.jpg建設時の筵一枚ずつの使い方が分かりやすい
DSC09584_R.jpg左前方から
DSC09586_R.jpg後部人物比
DSC09589_R.jpg後方からみる、この通り林の中にあるので、見つけ難い
DSC09591_R.jpg掩体壕⑧
DSC09595_R_20130222211142.jpg住宅街の畑の中にあるので、許可を取って、立ち入って下さい
DSC09596_R_20130222211144.jpgトラクターが駐機してある、③と同程度の大きさ
DSC09597_R_20130222211145.jpg所々から針金が出ているが、製作時の金網か?
DSC09593_R_20130222211141.jpg後方より
DSC08585_R_20130222212243.jpg掩体壕⑨
DSC08586_R_20130222212244.jpg住民の方の許可の下、中を見せて貰う
DSC08587_R_20130222212246.jpg人物比、大工さんだそうだ
DSC08588_R_20130222212247.jpgなんと卓球台装備
DSC08589_R_20130222212250.jpg木工場として自分で改造したそうだ
DSC08592_R_20130222212926.jpg個人工場なので、差しさわりなさそうな所のみ掲載する
DSC08594_R_20130222212927.jpg雨の為滑って登れなかった
DSC08596_R.jpg真横から
DSC08609_R.jpg掩体壕⑩
DSC08610_R_20130222213549.jpg大きさから見ると、奥行きが短く感じる
DSC09552_R.jpg後から
DSC09554_R_20130222213709.jpg人物比
DSC09539_R.jpg掩体壕
DSC09543_R.jpgこれは③の市の史跡掩体壕の斜め後方にある
DSC09544_R.jpgこの辺では見ない形の前面の形をしている
DSC09546_R_20130222214413.jpg人物比、若干埋まっている様だ
DSC09547_R_20130222214415.jpg後ろは竹薮になっている
DSC09548_R.jpg内側から見る
DSC09549_R_20130222215126.jpg材料不足か、木材混入
DSC09551_R.jpgこの辺が特徴的だ

これで、掩体壕11個コンプリートだが、あれから3年経っているので、現状では無い
周りの宅地化に伴い、消えて行く物がある、すでに約半数が破壊されているのが現状だ。
費用さえ出せば、指定を受けている③以外は破壊可能なのである、ちなみに調布の掩体壕を調べている時に
持ち主に聞いた処、3つ持っていたが、一つは自宅(工場)融合している、二つ目は市に寄贈現在整備されている
調布街道下の掩体壕がそれ、最後のは破壊したが重機3台使って1週間200万円掛かったそうだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント