fc2ブログ

舞鶴 夜の赤レンガ

DSC00461_R_201906152029351d7.jpg
再び赤レンガ倉庫に戻ってきた、営業が終わっても自由に外観は観れる
DSC00463_R_20190615202936231.jpg
DSC00465_R_201906152029373e3.jpg
DSC00474_R_20190615202938b10.jpg
DSC00476_R_20190615202940f37.jpg
DSC00480_R_20190615202941700.jpg
DSC00482_R_20190615202943c95.jpg
DSC00490_R_201906152034002e7.jpg
DSC00492_R_20190615203402d01.jpg
DSC00493_R_2019061520340359e.jpg
DSC00495_R_20190615203405844.jpg
DSC00496_R_20190615203406a53.jpg
DSC00497_R_2019061520340867c.jpg
DSC00513_R_201906152054502f6.jpg
海側に出てみると、海自の艦船が電灯艦飾を行っていた
DSC00516_R_20190615205452fc1.jpg
多用途支援艦の電灯艦飾は珍しいかな?
DSC00522_R_201906152054524c8.jpg
DSC00529_R_201906152054544ff.jpg
舞鶴クレインブリッジ
DSC00537_R_201906152054554e8.jpg
「ひゅうが」
DSC00539_R_20190615205457069.jpg
補給艦「ましゅう」と、多用途支援艦「ひうち」
DSC00559_R_20190615205458ab5.jpg
奥のイージス艦がよく見えない
DSC00562_R_20190615211022f4e.jpg
DSC00563_R_20190615211024bf9.jpg
DSC00564_R_2019061521102441a.jpg
駐車場に戻りながらまた観ていく
DSC00565_R_20190615211027e5f.jpg
DSC00570_R_20190615211027e93.jpg
誰も居ない赤レンガ倉庫を独り占めの気分だった、横浜とは大違いだ
DSC00577_R_20190615212001efa.jpg
高台に登って観たイージス護衛艦「みょうこう」
DSC00583_R_20190615212002ed6.jpg
DSC00588_R_20190615212003ce8.jpg
「あたご」は電灯満艦飾をしていなかった
DSC00571_R_201906212129315d6.jpg
車を停める所が無いので、流し撮りした
DSC00573_R_20190621212933593.jpg
舞鶴海軍経理部衣糧科被服庫が2棟
DSC00576_R_201906212129333be.jpg
舞鶴海軍軍需部第三被服庫は起伏が無く窓がつるっとしている
DSC00597_R_20190615214205a1f.jpg
この辺にちょっと面白い物がある
DSC00599_R_20190615214420d14.jpg
この辺から回って見る
DSC00603_R_20190615214422a3d.jpg
レトロっぽい飲み屋さん、なぜビリケンがいる?
DSC00600_R_2019061521442124e.jpg
 東西に走る道路には戦艦・巡洋艦などの軍艦の名がつけられた。八重山・富士・八島・敷島・朝日・初瀬・三笠だが、この大門は軍艦ではない。「 東門 」「 西門 」があり、その門に通じる大通りを「 大門通り 」と呼んだようだ。
DSC00605_R_2019061521442310e.jpg
戦艦「八島」
DSC00606_R_201906152144251a6.jpg
戦艦「敷島」
DSC00607_R_20190615214426506.jpg
戦艦「朝日」
DSC00608_R_201906152144285a2.jpg
戦艦「初瀬」
DSC00610_R_201906152144291bc.jpg
戦艦「三笠」、「敷島」、「朝日」、「初瀬」、「三笠」の4隻は同型艦である

三条通り沿いに探したのだが、八重山・富士は見つけられなかった。どこかにあるのだろうか?

空母氏が舞鶴に来月行くらしいので、きっと見つけて来てくれるだろう!
彼は期待を裏切らない男だ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント