FC2ブログ

舞鶴 第三火薬廠 その1(ロシア病院)

DSC00628_R_20190621164213af9.jpg
貧乏人の朝は、キャンプ場で始まる
DSC00620_R_201906211642098d8.jpg
キャンプ場A・B棟は第三火薬廠の遺構である
DSC00630_R_20190621164214135.jpg
火薬成型工場、表側は完全に原型を留めていないが、裏側は壊れているが当時の物だ
DSC00634_R_20190621164216692.jpg
庇部分が破壊されている
DSC00636_R_201906211642172bf.jpg
二階は無く通風の為の窓だったようだ
DSC00637_R_20190621164219576.jpg
内部は四角い独立した部屋が並んでいる
DSC00638_R_20190621164220b4c.jpg
カブ1m程は、防湿用のコールタールが塗ってある
DSC00639_R_20190621164222829.jpg
火薬を吸い込まない為に、換気が必要だった
DSC00641_R_20190621221147903.jpg
耐震問題で、庇を撤去したのだろうか?元の画像が何処にも見つからない
DSC00642_R_20190621221149575.jpg
2棟の間ぐらいの山側に
DSC00643_R_20190621221150f4c.jpg
消火栓がある
DSC00644_R_20190621221153561.jpg
確かに海軍のものだ
DSC00652_R_20190621221153a05.jpg
裏手の藪地に向かった水路の様な物がいくつか見受けられる
DSC00649_R_201906212230455de.jpg
一つの建物に見えるが
DSC00658_R_201906212230475ee.jpg
間に空間が有り、完全に別棟である(要するに4棟残っている事になる)
DSC00655_R_2019062122304629d.jpg
表側と裏側の一部は、半コテージ風になっていて遺構らしさは無い
DSC00626_R_20190621223710e8f.jpg
当時の土塁と思われるが資料が無い
DSC00612_R_20190621223703ce7.jpg
舞鶴工業高等 専門学校の裏手にある隧道式火薬庫
DSC00614_R_20190621223705592.jpg
完全に封鎖されていて、出口は農協敷地になるので見ていない
DSC00615_R_20190621223706ef8.jpg
電気配線の跡
DSC00616_R_201906212237088c9.jpg
内側から鎖で閉じられていて、ビクともしなかった
DSC00619_R_20190621223709713.jpg
金庫の様なダイヤル錠だったのが驚いた(米軍摂取時かも知れないが)
DSC00663_R_201906212313068ea.jpg
公園から高専前の道に繋がる橋は、無くなっていた
DSC00667_R_20190621231308fd1.jpg
川沿いに歩き、この辺から入れば遺構があると思うのだが
DSC00668_R_20190621231308790.jpg
ここの橋も落とされている
DSC00672_R_20190621231311ba5.jpg
生きている橋を渡って第三火薬廠 砲炸薬成形工場 煩谷(ほこだに)22工場(別名ロシア病院)
戦後、廃墟となったこの建物は、捕虜のロシア人の解剖実験をしてただの根拠の無い噂が広まり、ロシア病院と呼ばれた。
DSC00673_R_20190621231312ed4.jpg
入り口にぽつんと消火栓がある
DSC00675_R_201906212313131c0.jpg
キャンプ場のとは違うタイプの消火栓だ
DSC00317_R_2019062123363444e.jpg
煉瓦博物館の前にあった物と同じタイプだが、上の蓋等が微妙に違う
DSC00678_R_201906212344196b0.jpg
入り口にはそれぞれ手洗い場が完備されている
DSC00679_R_20190621234421cef.jpg
付近には、換気用ダクトが無造作に放棄されている
DSC00681_R_201906212344220b2.jpg
キャンプ場と同じ様に、表裏で二棟が背中合わせになっている
DSC00682_R_2019062218221960a.jpg
入り口付近の部屋は、昭和の落書きが残っている
DSC00684_R_20190622182221594.jpg
分厚い防湿用コールタールが壁面下部に塗られていたが、最早剥がれ落ちている
DSC00686_R_20190622182221933.jpg
一部屋がかなり大きい
DSC00687_R_20190622182223f1c.jpg
窓の外には、付属施設がある
DSC00689_R_20190622182224024.jpg
本体は、大きな部屋が2つだけ
DSC00693_R_20190622182227c71.jpg
足元には溝とコンクリート台座
DSC00691_R_2019062218222659d.jpg
天井を見上げると、滑車でも着いていたのだろうか?
DSC00694_R_20190622204343683.jpg
天井の梁もシンプル
DSC00695_R_20190622204344777.jpg
70年経っても、意外に木材が残っている事に驚くが、米軍に摂取されていたせいだろう
DSC00697_R_2019062220434529c.jpg
奥にももう一棟ある、右は付属施設
DSC00698_R_20190622204346023.jpg
こちらは真四角な部屋が、複数並んでいる
DSC00702_R_201906222043498f5.jpg
向かいの付属施設には、濡れずに行き来出来るように、屋根が繋がっていたようだ
DSC00704_R_2019062221052104f.jpg
裏側の間口は狭い
DSC00705_R_20190622210522c00.jpg
入ってすぐにクランクして奥に進む
DSC00706_R_2019062221052343e.jpg
吹き抜けの部屋になっている
DSC00707_R_20190622210524b71.jpg
横の壁に、不思議な穴が開いている。戦後調査なのか、かなり壁は分厚い事が解る
DSC00709_R_2019062221052616c.jpg
表から見る、付属施設には3つの部屋が有った
DSC00713_R_201906222117234c4.jpg
本館に戻って来た
DSC00714_R_20190622211724ea8.jpg
外から見ると、本館の屋根の形が面白い
DSC00715_R_201906222117263d3.jpg
剥がれた庇の中に、木の壁が見える。この辺は木造にモルタルを塗っているだけのようだ
DSC00718_R_20190622211727f09.jpg
裏側にも手洗い場がある、火薬で手が荒れてしまってここでの作業は過酷だったらしい
DSC00720_R_20190622211728d7c.jpg
建物の間の通路
DSC00722_R_201906222117303c9.jpg
裏側の建物
DSC00726_R_20190624192119762.jpg
小さな部屋が並んでいる
DSC00723_R_201906241921173e1.jpg
3m無いぐらいだろうか
DSC00724_R_20190624192118d1a.jpg
二階は無く、吹き抜け
DSC00727_R_20190624192122afa.jpg
裏手はコンクリート壁に囲まれ、あちこちに防火用水と思われる水溜りがたくさんある
DSC00729_R_20190624192122a63.jpg
壁にいろいろな器具が取り付けられていたのだろう
DSC00731_R_2019062420013651a.jpg
付属施設、山側なので風化が少ないようだ
DSC00734_R_20190624200137ef2.jpg
窓は横開きではなく、下から紐で開け閉めするタイプ
DSC00736_R_2019062420013975b.jpg
機械台座がそれぞれある
DSC00738_R_2019062420014088f.jpg
サイズや形はマチマチだ
DSC00739_R_2019062420014142d.jpg
付属施設の裏側から本館側に出た
DSC00741_R_20190624200143457.jpg
DSC00743_R_20190624204803dbb.jpg
DSC00744_R_20190624204805240.jpg
DSC00745_R_2019062420480512d.jpg
DSC00747_R_20190624204808851.jpg
DSC00748_R_201906242048098aa.jpg
DSC00750_R_2019062420481084f.jpg
DSC00753_R_20190624204812aba.jpg
DSC00754_R_2019062421041952a.jpg
DSC00755_R_201906242104217b1.jpg
DSC00756_R_20190624210422337.jpg
DSC00757_R_2019062421042443f.jpg
DSC00758_R_20190624210425ef8.jpg


30分程で見て周ったロシア病院、思いの外広かった。
外観から二階建てだと思っていたが、全て平屋だった。
思ったより落書きも無く、比較的綺麗な廃墟だった。
廃墟の観かたは人それぞれ
自分は戦跡としてみて周った
うちのメンバーを連れて行ったら、どんな風に撮るだろう?
秋から冬になる頃にでも、また行けたらいいな!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 海軍大学校 目黒上大崎


J.M様
当方戦闘色の薄い、地上司令部だとか学校、病院、軍人墓地等にはあまり興味が無いので行っていません。
そちらも平成14年には解体された様なので、樹木だけでも残されていて良かったと思います。
築地に碑だけは残されている様ですね。