FC2ブログ

舞鶴 第三火薬廠 その2

DSC00760_R_20190625225654481.jpg
土塁に囲まれた「409」
DSC00761_R_20190625225655bfc.jpg
この番号は、米軍の管理番号。日本の管理番号は財665だ
DSC00763_R_20190625225656a22.jpg
内部は水没しているが、状態はいい
DSC00764_R_20190625225658a39.jpg
板を張って、コンクリートを固めた痕跡が見える
DSC00767_R_20190625225700564.jpg
いったい何の施設だったのだろう
DSC00768_R_201906252257018a3.jpg
土塁の上から見て見る。空から見てもぜんぜん判らない様に偽装されている
DSC00769_R_201906282215543cc.jpg
別の谷に入ってみる
DSC00770_R_20190628221556391.jpg
あった
DSC00772_R_20190628221556fe1.jpg
財664、続きナンバーだ
DSC00775_R_20190628221558adc.jpg
内部は同じ
DSC00777_R_2019062822160185c.jpg
米軍の番号は読み取れなかった
DSC00780_R_20190629200510e67.jpg
ロシア病院の隣にある建物に移動する。これが5月の茂り方だ、左半分が建物。
DSC00781_R_20190629200511e75.jpg
基本的にはロシア病院に酷似した建物だ、同じく砲炸薬成形工場
DSC00783_R_20190629200513e70.jpg
外部から回り込む
DSC00787_R_2019062920051329e.jpg
DSC00791_R_20190629200516f63.jpg
溝の掘られた部屋
DSC00792_R_2019062920051676a.jpg
あとは小さな部屋が並ぶ
DSC00797_R_20190629200518244.jpg
ほとんどに煉瓦の台座がある
DSC00799_R_201906300817562f3.jpg
奇妙な独立した建物があった
DSC00801_R_201906300821107bf.jpg
中外共に鉄パイプで囲まれ、内部は水没、天井は30cmほどの穴が開放している
DSC00804_R_20190630081759354.jpg
気を抜くと、そこら中にあるくぼ地に水が溜まっている
DSC00805_R_20190630081759f92.jpg
ここも裏表で2棟並んでいる
DSC00806_R_201906300818021f8.jpg
煉瓦2組、壁の穴2つの部屋が並ぶ
DSC00809_R_2019063008180319a.jpg
この辺はキャンプ場の建物に酷似している
DSC00810_R_2019063008180487d.jpg
やはり別棟がある
DSC00811_R_20190630085555414.jpg
小さな用具庫?のもの背面
DSC00813_R_20190630085556ad9.jpg
表にはこんな部屋が並ぶ
DSC00816_R_20190630085557c1f.jpg
どんな作業をしていたんだろう
DSC00817_R_201906300856009ec.jpg
DSC00818_R_20190630085600119.jpg
ここでいやな物を見た
DSC00819_R_201906300856029a3.jpg
意外に新しい靴が揃えてある、とりあえず上には誰もぶら下っていなかった
DSC00820_R_2019063009204104a.jpg
DSC00821_R_20190630092043e9b.jpg
ここだけは扉が付いていた、事務所のような物か?
DSC00822_R_20190630092044557.jpg
基本的には同じ建物だが、こっちの方が荒廃が激しかった

DSC00823_R_2019063009340126b.jpg
切り通しの中に、人工物が見える
DSC00824_R_20190630093403ddf.jpg
石垣が組んである
DSC00825_R_201906300934054a5.jpg
米軍管理番号394粉末一時置き場
DSC00834_R_20190630093408d93.jpg
日本管理番号財661
DSC00832_R_20190630093407886.jpg
中は前の2つより広めだった
DSC00831_R_20190630093405827.jpg
ここに有るのは朽ち果てたスクーターが一台だけ
DSC00837_R_2019063009204518d.jpg
表に出ると、コンクリートの建物基礎がある
DSC00839_R_201906302056305a0.jpg
五月の頭でこれだから、7.8月なんかは全く見えないだろう
DSC00840_R_20190630205631441.jpg
手前の地面はコンクリートで固めてある
DSC00838_R_2019063020562822e.jpg
建物裏山に、軽トラ道があるが、現代の林業用なのかは不明
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント