FC2ブログ

舞鶴 第三火薬廠 その4

DSC00912_R_2019070223380382e.jpg
この辺に溶酸破砕場が有るはずだが
DSC00913_R_20190702233804483.jpg
瓦が散らばる場所がある、これがその跡なのだろうか?
DSC00914_R_201907022338069f7.jpg
枝道に入って行くと
DSC00916_R_20190702233808635.jpg
爆薬庫411があった
DSC00918_R_201907022338083d5.jpg
米軍管理番号411
DSC00919_R_2019070223380916d.jpg
手前に何か見えるが後回し
DSC00920_R_201907022338104c5.jpg
見た感じ、爆薬庫392と同じ構造の様だ
DSC00921_R_2019070223381397e.jpg
うっすらと迷彩塗装も見て取れる
DSC00925_R_20190702234855fc1.jpg
鉄扉の状態はいい
DSC00922_R_201907022348515ba.jpg
ここはかなり保存状態がいいようだ
DSC00923_R_2019070223485444d.jpg
天井に格子や壁の板張りがほとんど残っている
DSC00924_R_20190702234853a31.jpg
若干浸水しているが、さっきよりマシだ
DSC00927_R_201907032226575c5.jpg
ほぼ内部全景
DSC00931_R_20190703222659797.jpg
外壁に着いているこの木材は何だろう?
DSC00936_R_201907032226591e9.jpg
傘の着いた電灯が残っている
DSC00937_R_201907032227022e7.jpg
下手に入り込むと、足が抜けなくなるから注意が必要だ
DSC00943_R_20190703222704615.jpg
道はまだ奥に続いているのだが、建物として爆薬庫が谷の最深部なのがここのセオリーの様なので引き返す
DSC00945_R_2019070322581805d.jpg
橋の衛所まで戻ってきた
DSC00946_R_20190703225816c9f.jpg
Y字分岐の左に行って来たので、今度は右に行く
DSC00952_R_201907032258205c9.jpg
左手に水槽が現れた
DSC00954_R_201907032258206e6.jpg
緑に覆われ、全貌が良く分からないが、結構大きい
DSC00961_R_2019070322582747b.jpg
竹に覆われて分かり難いが、広範囲に基礎がある
DSC00951_R_201907032258283af.jpg
DSC00958_R_201907032258326ed.jpg
これはトイレっぽい?
DSC00956_R_20190703225835a2e.jpg
DSC00963_R_20190703232721808.jpg
DSC00965_R_201907032327234ad.jpg
DSC00966_R_201907032327231be.jpg
DSC00968_R_20190703232726600.jpg
DSC00971_R.jpg
資料的には風呂場らしい
DSC00974_R_201907032329453a7.jpg
くぼ地の中に、配管らしき物が見える
DSC00975_R_20190703232946f8c.jpg
一部道路が崩れている所もある
DSC00976_R_2019070323294820a.jpg
また水槽だ、資料には無い
DSC00977_R_20190703232950f16.jpg
まさかこっちが風呂か?違うと思うが
DSC00978_R_2019070323295101b.jpg
またアーチトンネルが見えてきた
DSC00980_R_20190703232952b91.jpg
DSC00981_R_20190703232953e52.jpg
気にしてなかったが、画像で見るとトンネルがネジれて見える
DSC00982_R_2019070323295566f.jpg
位置的には火薬乾燥場
DSC00983_R_2019070323295697e.jpg
何となく奥に基礎が見えるが、ぬかるんで近寄れない
DSC00986_R_201907042215473b6.jpg
何やら穴がある
DSC00991_R_20190704221548688.jpg
何だろう?釜だったとか?
DSC00992_R_20190704221550ce7.jpg
また小さめなトンネルが現れた
DSC00993_R_20190704221550b11.jpg
トンネル内が川となっているので歩きにくい
DSC00994_R_201907042215529d7.jpg
元はトンネル脇に水道があったようだ
DSC00996_R_20190704221553f7d.jpg
川に沿って進んでみる
DSC00997_R_20190704221554448.jpg
これ以上は資料にも建物は無いし、引き返す事にする
DSC00998_R_20190704224554b32.jpg
一つ目のトンネルをくぐり
DSC01000_R_20190704224555347.jpg
二つ目をくぐる
DSC01002_R_20190704224556730.jpg
本来川の水は、この土管を通過するはずだが、埋まってしまっている
DSC01007_R_20190704224558662.jpg
そんな物を見ていたら、これは!
DSC01008_R_20190704224600114.jpg
川に下りてみると、すごい形で生えている消火栓を発見
DSC01009_R_201907042246011b4.jpg
キャンプ場に有ったやつと同じ様だ
DSC01011_R_20190704224602672.jpg
路肩が崩れ、90度横倒しになっているのだろう
DSC01012_R_20190704225411e82.jpg
DSC01015_R_2019070422541297e.jpg
あれは
DSC01017_R_201907042254149f8.jpg
地下壕じゃないですか!
DSC01018_R_201907042254158c6.jpg
すぐ、崩れて終わりかと思ったら
DSC01019_R_20190704225416d21.jpg
どっこい繋がっていた
DSC01020_R_2019070422541751b.jpg
DSC01023_R_201907042254193d9.jpg
これ以上は駄目そうだ、粘土質の崩れやすい壕だった
DSC01025_R_2019070518385244f.jpg
ここで予定時間を使い切ったので撤収する。(第三火薬廠の半分ぐらいかな)

DSC01026_R_20190705183854ef8.jpg
東舞鶴駅に戻る前に、ちょっと寄り道をした
DSC01027_R_2019070518385502a.jpg
通常向け見学コース、引揚記念館
DSC01030_R_2019070518385674f.jpg
DSC01034_R_20190705183858596.jpg
DSC01036_R_201907051839008c3.jpg
DSC01047_R_20190705183900797.jpg
DSC01049_R_20190705183902d3e.jpg
DSC01051_R_20190705183904845.jpg
DSC01042_R_2019070518465764d.jpg
DSC01052_R_20190705184659d4f.jpg
DSC01053_R_20190705184659f21.jpg
DSC01054_R_20190705184701886.jpg
DSC01055_R_201907051847027bf.jpg
DSC01056_R_20190705184705b7f.jpg
引揚の港はもう遺構は無いようだ
DSC01059_R_20190705192134c7b.jpg
復元桟橋があると言うので、一応行ってみた
DSC01060_R_201907051921365a3.jpg
DSC01063_R_2019070519213948f.jpg
DSC01061_R_20190705192136d93.jpg
DSC01062_R_20190705192138680.jpg
DSC01064_R_20190705192141b87.jpg
DSC01071_R_20190705192145533.jpg
DSC01067_R_20190705192142478.jpg
DSC01069_R_20190705192144822.jpg
鎮魂を祈りつつ、撤収する
IMG_4552_R.jpg
IMG_4553_R.jpg
東舞鶴駅に着くと、タイムリーにこんな物が有った
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント