FC2ブログ

147師団の連隊本部とおぼしき巨大壕 周辺壕その1

264_R_2019071621270038c.jpg
この司令部壕への別の接続壕が有ると言う、尾根を越えて反対側に向かう
266_R_201907162127019f3.jpg
そしてまた、急激な斜面を降りていく
267_R_20190716212702020.jpg
協力者情報もあり、あっさり発見
268_R_20190716212703347.jpg
入るなり、うねうねしている通路
270_R_20190716212705f0f.jpg
277_R_20190716212707d6f.jpg
T字にぶつかる
278_R_201907162247066c2.jpg
左へ進む
279_R_2019071622470760d.jpg
程なく突き当たり
283_R_201907162247072ae.jpg
引き返す
285_R_2019071622470828d.jpg
今度は右側に進む
286_R_201907162247092f4.jpg
ズリ出しがされず、残っている
287_R_20190716224711bf0.jpg
こちらも突き当たりで終わりかと思ったら
293_R_201907162247139c7.jpg
少し手前の天井に、黄色い穴が空いている
294_R_20190716224714e5b.jpg
穴を見上げると、上に空間が見える。司令部壕のあのアナッポコの下に来ている
296_R_201907162302265c2.jpg
よじ登るが、限界。無理!
301_R_20190716224717e8e.jpg
総軍さんが、穴に首を突っ込んでいる図
302_R_201907162247181e6.jpg
さて、出よう

304_R_20190716231357b54.jpg
また斜面を登り、神社へ向かう
306_R_201907162313591ce.jpg
神社前のトレンチを丹念に調べるやる気のパパさん
307_R_20190716231403983.jpg
次の壕に向かうメンバー達
312_R_20190716231404fe2.jpg
やる気のパパさんが次の斜面に向かう!一見ただのオッサンだが、この国を将来背負う有能な若者達を教える先生と言われる立場にあり、探索に廃棄でベンツで乗り入れる兵である。左手にはロレックスが光る!
308_R_20190716231404f8e.jpg
人を見失いそうな原生林に入って行く
313_R_20190716231405517.jpg
下の見えない様な斜面を下る
314_R_20190716231406753.jpg
沢に沿って下って行くと
316_R_20190716231408dc0.jpg
壕口が見えて来る
317_R_20190716231409e9b.jpg
よくもこんな場所を見つけたモノだ!318_R_20190716231410c21.jpg
軽く水没している入り口に入って行く
321_R_20190717201456885.jpg
振り返り
325_R_20190717201458b91.jpg
真ん中に排水溝が有るが、壕口に土砂が蓄積しているので機能していない
327_R_2019071720145879e.jpg
くの字に曲がる
328_R_2019071720150177d.jpg
グチョグチョの床面に地下水が染み出している。あっさり終了
332_R_20190717201502ddb.jpg
さて、戻ろう
334_R_20190717201504699.jpg
すぐ近くにもう一つ地下壕がある
337_R_201907172015056ed.jpg
良くこんなの見つけたものだ
339_R_20190717203329b5b.jpg
壕口からは、止めど無く地下水が流れ出ている
340_R_201907172033311c4.jpg
一時期半分ほど土砂で埋まったのだろう、地下水が少しずつ復元してくれている
341_R_20190717203332a5d.jpg
20mもすれば、普通に歩けるようになる
343_R_20190717203334e55.jpg
爆風避けをへて、左に曲がる
345_R_20190717203334656.jpg
陸軍らしい、馬蹄形の通路
348_R_20190717203336c51.jpg
壁面にはいくつかの碍子が見られる
351_R_20190717203338d4c.jpg
振り向くと、僅かに広くなっていた事が判る
352_R_20190717203339b39.jpg
狭まりながら、右に軽く曲がる
356_R_20190717210059987.jpg
この辺には坑木を入れていた跡が壁面にある
358_R_20190717210100ff5.jpg
接続のミスか、ささくれた場所
360_R_20190717210103ab8.jpg
壁面の両側に碍子が付いている
363_R_2019071721010314f.jpg
激しくヤバイ色のドロ
1561497814480_R.jpg
足が激しく沈む、尚且つ抜けない
365_R_20190717210105595.jpg
行ける所まで行ってみる
362_R_20190717211058d7d.jpg
右にも一本通路がある
373_R_2019071721010566f.jpg
もはやこれ以上は行けそうに無い、土の質から外部からの流入と思われる
374_R_201907172110599f4.jpg
ヤバクなる前に引き上げる
379_R_20190717211100680.jpg
壊れた蛇口のように染み出す地下水
386_R_20190717211101722.jpg
こんな水分の高い壕を、何に使っていたのだろう
387_R_20190717211103b8d.jpg
抜け落ちた碍子
393_R_201907172111063fa.jpg
脱出!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

下層の写真をまったく撮らなかったので、内部の状況すっかり忘れてしまってました。
あーーー、こんなだったかなって感じです(o^―^o)ニコ
先日、例の先生から追加の情報がきたので、冬になったら15Kと合わせてまたやりましょうね。 ちなみにココ最近の下調査は、全部不発です。 

ねこさん

下調べご苦労様です!
この時期は植物がジャマで、探すのも大変ですよね。
あの先生、また見つけちゃったんですか?スゴイ人ですね。
夏休みに暇が有ったら焼き鳥だけでもやりませんか!