FC2ブログ

京都 祇園祭後祭2019 宵山編

7月17日の前祭(さきまつり)で23基の山鉾が巡行した後、24日の後祭(あとまつり)では10基の山鉾が巡行します。(今年から11基)
本来の祇園祭の姿に戻すもので、2014年には約半世紀ぶりに後祭が復活し、150年ぶりに大船鉾も復活しました。
長い間休み山となっていた鷹山も今回から復活し唐櫃での巡行参加となる、数年後には山として復活予定。
IMG_5863_R.jpg
京都駅に会社帰りに直行、そのまま烏丸御池まで地下鉄で直行する
005_R_2019072621270936a.jpg
地下鉄から地上に出たら、バッチリ鈴鹿山の前に出た
011_R_2019072621271265c.jpg
明日の山鉾巡行に備えて、後は人形等を乗せるだけの状態になっている
013_R_2019072621271334f.jpg
015_R_20190726212715a4d.jpg
019_R_20190726212716e15.jpg
後祭は始めての参加なので、ご朱印も集めて行く(ちなみに前祭と違い、百円がほとんど)
御朱印とはコレクターグッズでもスタンプラリーでもなく、自分で書いた経を収め、信仰や感謝の証として頂くものであるが、最近は神社仏閣の資金源として限定、バージョン違いなど1ヶ所で10種類を超える所もある。
008_R_20190726212711210.jpg
今夜は宵山、最終的な前夜祭となる

022_R_20190726220447189.jpg
役行者山
024_R_2019072622044952e.jpg
026_R_20190726220450c46.jpg
宵山の市街地は、ごった返している
027_R_20190726220452b10.jpg
028_R_20190726220453843.jpg
茅ノ輪潜り
029_R_20190726220455d81.jpg
030_R_20190726220456093.jpg
034_R_2019072622045763b.jpg
035_R_20190726220500d66.jpg
038_R_201907262205009e6.jpg
048_R_201907262205041f7.jpg
046_R_20190726220502efe.jpg
役行者山(えんのぎょうじゃやま)

054_R_20190727082318b38.jpg
鷹山、長い間戦災等の焼失により休み山となっていたが、200年ぶりに復活をとげる。曳山として完全復活は2022年予定
051_R_20190727082316842.jpg
058_R_201907270823200c4.jpg
056_R_20190727082318b8a.jpg
壁に投影されたプロジェクション

067_R_20190727133057dff.jpg
誉田屋源兵衛さんの個人参加の帯。私財のみでやっているらしい
077_R_20190727133058ac4.jpg
この鯉は毎年1匹ずつ増えて行く

083_R_20190727133059655.jpg
黒主山(くろぬしやま)
088_R_20190727133101273.jpg
087_R_20190727133057cb5.jpg
090_R_20190727133103bbc.jpg
093_R_20190727133104b7f.jpg
098_R_20190727133105d48.jpg

111_R_20190727134912e3b.jpg
浄妙山(じょうみょうやま)
114_R_20190727134915b0f.jpg
102_R_2019072713491028a.jpg
112_R_2019072713491327c.jpg

133_R_20190727135640d88.jpg
八幡山(はちまんやま)
125_R_20190727135633e16.jpg
126_R_2019072713563432b.jpg
134_R_2019072713564277f.jpg
129_R_201907271356370ff.jpg

137_R_2019072714071670e.jpg
北観音山「上り観音山」ともいう
144_R_2019072714072008e.jpg
145_R_20190727140722656.jpg
152_R_20190727140722375.jpg
155_R_20190727140724f8c.jpg
158_R_20190727140725bb7.jpg
161_R_20190727140726f20.jpg
140_R_20190727140718b06.jpg
山と言っても曳き山で、鉾と同じ形をしている

164_R_20190727151712470.jpg
南観音山「下り観音山」ともいう
170_R_20190727151715e32.jpg
172_R_20190727151717b2e.jpg
175_R_20190727151718abc.jpg
167_R_20190727151714996.jpg
後祭の最後を行く曳き山だったが、大船鉾の復活によりその役を譲る

185_R_20190727153453590.jpg
大船鉾、後祭の鬮とらずとして殿をつとめ、前祭の船鉾が出陣船鉾と称されるのに対して凱旋船鉾といわれていた
190_R_20190727153454d59.jpg
196_R_20190727153457a9a.jpg
204_R_201907271534594cd.jpg
大船鉾は平成26年に150年ぶりの巡行復活を遂げるが、未だ復興の途上である
207_R_20190727153459bed.jpg
失われた人形の復元もなされた
209_R_20190727153501f2c.jpg
しかし未だ塗装もされず向き身の木材そのままだ
216_R_201907271535039d3.jpg
224_R_201907271616427f2.jpg
コンチキチンを奏でながら、四条通を回って行く

229_R_20190727161643221.jpg
橋弁慶山(はしべんけいやま)
235_R_20190727161644d6d.jpg
240_R_20190727161648f6b.jpg
弁慶と牛若丸が戦った五条大橋
241_R_201907271616485cd.jpg
239_R_201907271616459c7.jpg
弁慶と牛若丸の人形
245_R_2019072716165220a.jpg
243_R_20190727161651122.jpg

246_R_20190727164258630.jpg
鯉山(こいやま)
253_R_2019072716430042a.jpg
254_R_20190727164301bdb.jpg
258_R_20190727164303ef9.jpg
265_R_2019072716430531b.jpg
269_R_2019072716430692f.jpg
龍門の滝をのぼる鯉の奔放な勇姿が人気
277_R_20190727164307922.jpg
黒い酒樽がカッコイイ、三列目の提灯になにがあった?
250_R_20190727164259a94.jpg


217_R_201907271705354aa.jpg
これで後祭参加の全11基の山鉾をコンプリートした事になる
225_R_201907271705354b6.jpg
宵山の姿が観たいが為だけに仕事帰りの横浜から駆け付けた馬鹿も居る
285_R_20190727170538f5e.jpg
22時になっても人は衰えず賑わっている、自分は満足と共に撤収する。
山鉾オリジナルの御朱印もコンプリートした、後は翌日の山鉾巡行の作戦を考えるだけだ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント