FC2ブログ

舞鶴 吉坂堡塁砲台(本堡塁)再訪 その1

625_R_2019091622123105f.jpg
吉坂堡塁砲台(本堡塁)への車道を歩いて登る
628_R.jpg
軽の4駆や軽トラなら車で登れる(分岐路は幾つかあるが標識は無い)
631_R_2019091622123417b.jpg
砲台入り口に到着
636_R_20190916221239e21.jpg
634_R_201909162212407e9.jpg
635_R_20190916221241643.jpg
632_R_20190916221241208.jpg
入り口付近には、建物の基礎が数多く残る
643_R_20190916221243f12.jpg
発掘された、本来の深さの部分
640_R_2019091622124492e.jpg
645_R_20190916221246bd1.jpg
友ヶ島と良く似た井戸の形状
652_R_201909172225447cc.jpg
奥には炊事場のような跡がある
648_R_2019091722253958c.jpg
文字の入った耐火煉瓦
651_R.jpg
高圧碍子も落ちている
655_R_2019091722254306d.jpg
兵舎の方に移動する、大型兵舎が2棟並んでいた
656_R_20190917222545256.jpg
調査の為、掘り起こされた部分
659_R_2019091722254729a.jpg
奥の棟と囲まれた土塁
663_R_20190917222549e64.jpg
手前の棟と土塁
661_R_20190917222550114.jpg
中央にある土塁に上がる為の階段
668_R_20190917223711465.jpg
奥の一角に、1段下がった場所がある
672_R_20190917223712060.jpg
階段が気に入った空母氏
674_R_2019091722371636b.jpg
ここにはおトイレがあった
680_R_20190917223716c62.jpg
何か書いて有るような、ただのキズのような煉瓦
675_R_201909172237178bb.jpg
トイレの排水溝
681_R.jpg
近くに落ちていた瓦屋根
683_R_20190917223719e8d.jpg
瓦にも刻印があるようだ
687_R_20190917223721d9b.jpg
土塁から下の兵舎跡を見下ろす
690_R_2019091722372275f.jpg
井戸を狙う空母氏
691_R_201909172237230ea.jpg
門を狙う総軍さん
694_R_201909172237266c3.jpg
門は外側から撮った方が絵になる
697_R_201909182126246da.jpg
コンクリートの床に根が張れず、傾いてしまった樹木
698_R_2019091821262636e.jpg
70数年の自然の侵食
702_R_20190918212627e29.jpg
窓の無い弾薬庫
703_R_201909182126285f2.jpg
奥が丸みを帯びている
704_R_20190918212629da4.jpg
通風孔の形も違う
706_R_20190918212631d71.jpg
空母氏が上を見上げている
707_R.jpg
おお!番号が振ってある。他には見当たらなかった
713_R_201909182139455ba.jpg
兵舎跡
714_R_2019091821394724d.jpg
奥には井戸がある
715_R_20190918213950f04.jpg
飛び石の付いた立派なものだ
718_R_20190918213952502.jpg
ろ過水槽がある
720_R_201909182139517d5.jpg
その向かいにある、4連の掩蔽部
722_R_201909182139549be.jpg
727_R.jpg
妙に広いスロープ
728_R_20190918213955672.jpg
右側の一つだけが、地形的に短い
732_R.jpg
少しずれて全ての部屋が繋がっている
745_R_2019091821563208c.jpg
長さ意外はみんな同じ構造だ
746_R.jpg
突き抜けた通路
748_R_20190918215635a79.jpg
外には排水溝がしっかり残っている
755_R_20190918215636c0f.jpg
4つとも写すのは意外に難しい
758_R_20190919232706860.jpg
これは三角点ではなく、砲陣地の座標を示す物らしい。横須賀の走水低砲台にもある。
759_R_20190919232707acc.jpg
砲側弾薬庫
766_R_20190919232708f0d.jpg
緩やかなカーブがすばらしい
768_R_20190919232709f9e.jpg
入り口には銃眼が覗いている
776_R_20190919232710118.jpg
内側から見たところ
777_R_20190919232712a22.jpg
弾薬庫の奥は、まんまるだ
780_R.jpg
スロープを上がり、砲座に向かう
783_R.jpg
787_R_2019091923363515b.jpg
カノン砲の砲座、一座に二門据えられていた
791_R_2019091923364071f.jpg
この窪みの前に砲は据えられる
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント