FC2ブログ

舞鶴 吉坂堡塁砲台(本堡塁)再訪 その2

788_R_20190920212301267.jpg
砲座から降りていく
IMG_5668_R.jpg
配置図
792_R.jpg
砲座間の砲側弾薬庫
793_R.jpg
落ち葉が溜まって、ぬかるんでいる
794_R_201909202123053fb.jpg
太陽が当たるところだけ苔が映えている
796_R.jpg
奥は真っ白
797_R_2019092021230906c.jpg
砲座間の横墻の地下に弾薬庫はある
799_R_20190920221747a22.jpg
中央の砲座
800_R_2019092022174823d.jpg
階段を登った所になぜか深い排水溝
801_R_20190920221750e14.jpg
即応弾薬置き場の蓋の止め具がちゃんと残っている
802_R.jpg
803_R_20190920221752feb.jpg
砲座を降りて、次の弾薬庫へ
804_R_20190920221754ea1.jpg
次の砲座間の弾薬庫
806_R.jpg
中は同じなので省略
807_R_20190922214044004.jpg
次の砲座に向かう
809_R_201909222140453b9.jpg
こんな危ない位置に排水溝がある
810_R_201909222140487fd.jpg
2門ある内の左側のカノン砲座
812_R_201909222140487c5.jpg
砲を撤去する時に割られてしまっている
820_R_20190922214054380.jpg
右側の砲座、カノン砲座としては珍しく、前壁の窪みが円形ではない
816_R.jpg
腰の高さぐらいの深さだった
834_R_20190922214056015.jpg
830_R_20190922214055fbb.jpg
胸墻の形が独創的で面白い
838_R.jpg
参考に隣の砲座の胸墻、これが普通だ
841_R_20190923085832efd.jpg
ん、外れた所に何か有る
843_R_20190923085833369.jpg
地下通路?
845_R_20190923085837d59.jpg
軍道を辿ると遺構が見えてきた
846_R_20190923085838fa0.jpg
円形観測所
849_R_20190923085838526.jpg
珍しくポケットも何も無いツルッとした内側
855_R.jpg
意外と大きい
1563403445393_R.jpg
とのさんの秘密道具で記念撮影
IMG_5668_R.jpg
いま居るのは右上の辺り
852_R.jpg
一番端にある機関銃砲座
864_R_20190923102600417.jpg
三つのコブが判るだろうか?
866_R.jpg
868_R.jpg
867_R.jpg
これが銃座間の横墻となり、被害を軽減する
870_R.jpg
横墻間のこの部分から射撃する
873_R.jpg
コブは人の高さぐらいだろう
876_R.jpg
銃座から軍道が伸びている、右の上が砲座となる
880_R_20190923111154f5a.jpg
一番端っこまで歩いてきた
883_R_20190923111155b23.jpg
上に上がると両津眉毛の胸墻の左側砲座
888_R_201909231111582d1.jpg
各砲座の上を歩いて戻る
884_R_201909231111597de.jpg
メンバーが誰もいない
890_R_201909231112003a0.jpg
観測所でお疲れ休みしていた
894_R_20190923111201404.jpg
入り口方面に戻る、4連弾薬庫
895_R.jpg
一応この手の物は砲具庫とされている
897_R_20190923111207e26.jpg
門の外の平場の排水溝
901_R_20190923111207bc7.jpg
ビンマニア達が収集を始めた
902_R_20190923111208f82.jpg
よくも集めて来る物だ
900_R_201909231112064ed.jpg
自分はこっちを探す、陸界だろうが読めない
903_R_20190923113540d80.jpg
機銃掩体がある、堡塁入り口の防衛用だろう
905_R.jpg
かなり歪な標柱がある
907_R_20190923113544a15.jpg
陸界3字体が面白い
912_R_20190923113545834.jpg
碍子も落ちている
913_R_201909231135467fb.jpg
謎のコンクリート
917_R.jpg
桜の湯のみ
915_R_20190923113547c11.jpg
薬ビンが多数落ちている
916_R.jpg
いろんな形があるもんだ、微妙に違う
918_R_20190923113554442.jpg
戻ると増えていた
921_R.jpg
923_R_20190923114648aa0.jpg
他にも機銃掩体はいくつか外縁に沿って掘られている
920_R_20190923114643aca.jpg
928_R_201909231146506aa.jpg
おのおの最後の撮影をする
930_R.jpg
付属堡塁 に向けて出発する


堡塁は、銃座、砲座、指揮所、観測所、兵舎や弾薬庫となる掩蔽棲息部、交通路、等からなる(これらが必ずしも全て備えられている訳ではない)。

堡塁同士は互いに組み合わされて防衛線となっており、侵攻を阻んだ。一般には都市などの外周に作られ、堡塁が抜かれない限り内部に砲弾が落ちないように築かれた。

15世紀以降、大砲による攻城側の攻撃力の上昇に伴い、城壁は無力化し、従来の砦や城では大砲に対抗できなくなった。
そこで土を盛った防衛陣地を都市の外縁に配置した。砲撃の衝撃を軟らかい土で吸収しようという設計である。
また斜面を設け、攻城側の砲撃に対しては城内部が死角となり、一方で守城側からの砲撃・銃撃は死角が無いように設計された。
また、陣地がお互いの射程を補完することにより死角をなくし、更に多数の兵士による小銃による十字砲火を浴びせられるように設計された。こうした防御陣地が、堡塁の発祥である。
大日本帝国陸軍では、要塞を建設する際、対艦射撃用の海岸砲台を「砲台」、海岸砲台の背面を守る陸戦砲台を「保塁」として区別し、これらを複数組み合わせて、要塞を形成した。

堡塁は大砲の発展と共に姿を現し、航空機の登場と共に姿を消していった。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いつも、レポート楽しみにしています。
吉坂は分岐が多くて迷いようになったのと、延々と続くヘアピンに心が折れそうになったのを思い出します。

10月から旧軍港4都市で日本遺産WEEKが始まるらしく、秋に開催するかもと話があった東山防空指揮所の見学会が11月3日、9日に予定されているそうです。
観艦式やらで10月で軍資金欠乏なるのと日程的に厳しいので舞鶴は無理ですが、横須賀の千代ケ崎砲台跡ツアーには参加しようと思います。
欲を言えば浦郷とか比与宇、船越の地下工場を公開してほしいですね。

スーパー好きA様

ありがとうございます!
もう時期観艦式ですね、自分は気が付かない内に申し込みが終わっていて、参加出来ません。
艦船見学だけで終わりそうです。
10/5.6には横浜大桟橋でいずもの一般公開もあるので客観的に楽しみます。
地下壕の一般公開は難しいですね、誰も何かの時の責任は取りたく無いですからね。