FC2ブログ

舞鶴 吉坂堡塁砲台(付属堡塁)再訪 その2

1050_R_20190929171118b5d.jpg
第二砲座に移動する、この砲座の方が若干荒れている
1051_R_2019092917111998a.jpg
横墻に即応弾薬置き場が作られていないので、弾薬庫サイドに増設してあるのだろう
1052_R_201909291711209e9.jpg
何故か胸墻にしか即応弾薬置き場を設けていない
1054_R_20190929171125bb2.jpg
丘の傾斜を削っただけと言う、実に簡易な砲座
1055_R_201909291711267f3.jpg
砲座前盾を上から見る
1056_R.jpg
人が入ると砲座の小ささが判る
1057_R.jpg
砲座の隣には建物の基礎がある、兵舎だろう
1058_R_20190929173335632.jpg
ボルトが残り、木造建築物が有ったのだろう事を窺わせる
1061_R.jpg
玄関部分だろうか?
1063_R_2019092917333873a.jpg
角の部分以外の石垣は、かなり崩れてしまっていた
1062_R_20190929173339f84.jpg
排水溝と土管の一部
1064_R_20190929173341411.jpg
兵舎脇から軍道が下って行く
1065_R.jpg
排水溝も切られ、しっかりした道だ
1067_R_2019092917334532d.jpg
かなりの部分は土砂で埋まってしまっている
1066_R_20190929173346938.jpg
公的調査をした部分だけが掘り起こされている
1076_R_201909291755038b3.jpg
カーブ辺りは妙に広くなっている、埋まってしまっていたが何か調査した跡がある
1077_R_20190929175504318.jpg
排水溝の接合部が掘り出されている、公的図面にはかなり詳しい位置情報が載っているのだろう
1078_R.jpg
ぐるっと回って左上側が砲座になる
1080_R_20190929175508a73.jpg
軍道を外れ、尾根道を行ってみる
1079_R_201909291755096a2.jpg
途中、道は消えかかるが乗り越える
1081_R.jpg
穴がある
1083_R_20190929175511427.jpg
ほとんど埋まっていて入れなかった
1084_R_20190929175515e81.jpg
元道に戻ると、空母氏がどっから出て来た?みたいな顔でこっちを見ている
1086_R_20190929181430d50.jpg
排水溝の遺構を見ていたようだ
1087_R_201909291814314fc.jpg
外周路をぐるっと周って来た
1088_R.jpg
元の井戸の所に戻ってきた
1093_R_20190929181435788.jpg
木の育成によると思われる崩壊部分
1096_R_20190929181442dc5.jpg
全く鉄筋の入っていないコンクリート壁、割れるわなこれは
1094_R_201909291814370f8.jpg
良く見ると階段がある
1095_R.jpg
回り階段のようだ
1090_R_2019092918143669e.jpg
みんな一回りして集まりだした
1101_R_20190929184832afb.jpg
総軍さんがまだ見ているので、も少し周りを見る
1100_R_20190929184830ccd.jpg
かまど、羽釜を乗せるような形になっている
1099_R_20190929184829918.jpg
ここの煉瓦も線一本の刻印
1120_R.jpg
このスロープに沿った施設の高さも面白いもんだ
1110_R.jpg
門柱の脇には針金が生えている、境界柵に直接伸ばしていたのだろうか?
1109_R_201909291848358bb.jpg
門から少し離れた排水施設
1123_R_2019092918483853c.jpg
さて、下山を始める
1111_R.jpg
名残惜しそうに物色している男はおいて行く
1124_R_201909291905517ae.jpg
帰りはちゃんと、正規ルートから降りる
1126_R_20190929190552494.jpg
付属堡塁のすぐそばに鉄塔が立っているので、これを目指してくれば大概到着できる
1128_R.jpg
いくつか分岐が有るので確認しながら降りて行く(入山ルートと違うコースに向かう)
1132_R.jpg
これを下れば目的地だ
1563403465102_R.jpg
これで探索らしい探索は終了する
1146_R_20190929200324dde.jpg
杉森神社に降りてきた
1138_R_20190929200322260.jpg
ここには移設されて来た標柱が二本有る
1154_R_20190929200327bf1.jpg
1本は日清日露時代の凱旋記念
1149_R_20190929200328076.jpg
もう一本はSMIZ舞鶴要塞第一地帯票
1159_R_20190929200328446.jpg
名残惜しそうにしている男を置き去りにして撤収する
IMG_5649_R.jpg
ここで奈良から参戦のO氏と別れ、関東勢も帰路に着く
IMG_5652_R.jpg
しかし、途中の原発マネーで建てた公民館にある物を空母氏が見つける
IMG_5653_R.jpg
なんとタイムリーな!しかし公民館なのに閉まっていた
IMG_5657_R.jpg
IMG_5658_R.jpg
IMG_5661_R.jpg
IMG_5664_R.jpg
ガラス越しに覗き込んだ
IMG_5665_R.jpg
あの机に置いてある資料が欲しい!裏には付属堡塁の図面もあるかも知れない。しかしどっしょもない
IMG_5663_R.jpg
みな何とかして写真に収めようと努力するが、諦めて撤収する
IMG_5674_R.jpg
空母氏は静岡へ向けて爆走して行く、この後生きている彼を見た者は誰も居ない、いやマジで!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント