FC2ブログ

佐室地下壕(決64部隊)本編

DSC07717_R_20200318214556f70.jpg
パパさんがカメラに向かって話している、自分の世界に入っているようだ
DSC07718_R_20200318214558b7c.jpg
危ないので先に壕内に逃げる
DSC07737_R_20200318214610bef.jpg
入り口部分はきちんと階段になっている
DSC07735_R_20200318214608faa.jpg
階段を降りると丸い穴がある何だろう?
DSC07722_R_20200318214559555.jpg
食器類が散乱する
DSC07724_R_2020031821460088f.jpg
出入り口を人為的に塞ぎ、銃眼に改造してある。入って来た壕口は、そのために後から造ったのだろう
DSC07727_R_20200318214604d67.jpg
奥に通路は伸び、右に曲がる
DSC07728_R_20200318214605b55.jpg
壕内は倍の広さになる
DSC07729_R_2020031821460650a.jpg
行き止まりなので引き返す
DSC07738_R_202003192128112d2.jpg
すぐ隣にある穴
DSC07739_R_2020031921281289b.jpg
これが炭焼きの穴だそうだが、煤の跡も何も無く奥を掘った形跡があるので、墳墓改造にも見える
DSC07740_R_2020031921281660a.jpg
も一つ
パパさん動画
DSC07741_R_20200319212815773.jpg

崩れた斜面を動画を撮りながら余裕で歩くパパさん

DSC07746_R_20200319212817d1b.jpg
軽いフットワークで倒木も難なくクリア
DSC07748_R_202003192128198f9.jpg
古道を歩いているパパさんは生き生きしている
DSC07752_R_20200319212820516.jpg
しかし、古道も激藪に消え、戦績探索に戻る
DSC07754_R_20200319212821147.jpg
次の機関銃陣地に到着
DSC07755_R_20200319214558ef2.jpg
入って一部屋だけな小規模な陣地
DSC07759_R_202003192146000ce.jpg
銃眼部の分厚さは、1mを越える防御力だ
DSC07760_R_20200319214602d93.jpg
外から見た銃眼部

DSC07764_R_202003192146020b2.jpg
次の機銃陣地に到着
DSC07768_R_20200319221912ba5.jpg
銃眼部は大きく、人の体がすっぽり入る大きさだった
DSC07772_R_20200319221914004.jpg
って事で、入ってしまった
DSC07774_R_20200319221915fdf.jpg
銃眼の大きさから、重機関銃陣地かもしれない
DSC07773_R_20200319222402761.jpg
背面の通路
DSC07775_R_202003192219165fe.jpg
まさか銃眼から入っているとは思わなかったパパさんが、外で待っていた
DSC07777_R_20200319221919f8e.jpg
入れ替わりに潜って行く


DSC07779_R_20200319222404662.jpg
壕口が埋没したような跡があるが、確証は無い
DSC07780_R_2020031922310685e.jpg
パパさんばかりに負担を掛けられないので、自分も探す
DSC07781_R_20200319223108dce.jpg
50mほど先の斜面に、何か見える
DSC07782_R_20200319223111a39.jpg
どうやら当たりのようだ、新規発見の壕だ
DSC07784_R_20200319223112a4e.jpg
馬蹄形の通路
DSC07787_R_2020031922311455a.jpg
ちょっとだけ水没している
DSC07790_R_20200319223115ac2.jpg
真四角の綺麗な銃室だ
DSC07793_R_20200319223116dad.jpg
ここも前面は分厚い
DSC07797_R_2020031922311843a.jpg
支保の木材がゴロゴロしている
DSC07801_R_20200319225914ed7.jpg
銃室から見た通路は、少しうねっている
DSC07803_R_20200319225916026.jpg
入れ替わりにパパさんが潜って行く
DSC07808_R_20200319225917dce.jpg
その隙に、山を越え銃眼を見に来た
DSC07809_R_20200319225918340.jpg
銃眼から見た内部

DSC07810_R_20200320091438765.jpg
探索が終わって、下まで一気に降りてしまおうとムチャゲーノさんが言う
DSC07811_R_20200320091440536.jpg
慎重に歩を進めるムチャゲーノ氏、だんだんコースを外れて大回りを始める。最後まで穴探しの執念か?
DSC07813_R_20200320091443126.jpg
自分はさっさと道路に最短距離で降りてしまったが、あえて峻険な道を行くパパさん
DSC07814_R_202003200914485ed.jpg
10分ほど待っていると、捜索を諦めてパパさんが道路に戻ってきた
DSC07815_R_20200320091444082.jpg
お疲れの様なので、自分はそばに有る大きな穴に向かう
DSC07820_R_20200320091447862.jpg
厳重に封鎖されたトンネル
DSC07818_R_20200320091445ca3.jpg
何故か下半分が埋められていた
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

新規発見素晴らしい(*´∇`)
ちなみにここが1個小隊【機関銃】配備であれば…
【4個分隊】であるならば、もう1つあるかもですね。 ついでの時にまた寄ってみましょう。
ますます面白きなってきました(*´∇`)

ねこさん

ここは大規模坑道は無いものの、機銃陣地としては、かなり強固に造ってあって面白いですね。
のだ名人を投入して探したいものです。