FC2ブログ

大阪港赤レンガ倉庫 ピースおおさか(大阪砲兵工廠診療所跡)

DSC06176_R_2020033117241221c.jpg
大阪国際平和センター(ピースおおさか)
DSC06177_R_20200331172414554.jpg
大阪城側入り口
DSC06178_R_20200331172414511.jpg
被弾した水筒
DSC06180_R_20200331172417763.jpg
DSC06181_R_20200331172418868.jpg
空襲された森之宮駅ホーム
DSC06183_R_20200331172420bf7.jpg
DSC06186_R_20200331172423e0b.jpg
工廠は、かなり広範囲に広まっていた
DSC06187_R_20200331172424c6d.jpg
DSC06188_R_20200331172425124.jpg
DSC06189_R_2020033117242684b.jpg
DSC06190_R_2020033117242895b.jpg
DSC06191_R_202003311724294d4.jpg
DSC06193_R_20200331174408105.jpg
奉安庫(御真影と教育勅語が収められていた)
DSC06197_R_20200331174410a00.jpg
DSC06203_R_20200331174416715.jpg
DSC06198_R_20200331174412b72.jpg
DSC06200_R_2020033117441385a.jpg
DSC06201_R_20200331174415963.jpg
消火弾(ガラス製)
DSC06206_R_202003311744197a5.jpg
DSC06207_R_202003311754347d4.jpg
DSC06208_R_20200331175436832.jpg
1トン爆弾の模型
DSC06211_R_202003311754368ef.jpg
焼夷弾の模型
DSC06212_R_2020033117543733d.jpg
ばら撒かれた弾子
DSC06213_R_20200331175440d4b.jpg
DSC06215_R_20200331175442f97.jpg
撃墜されたP51のプロペラ
DSC06220_R_20200331175444489.jpg
DSC06219_R_20200331175443aff.jpg
家庭用防空壕
DSC06221_R_202003311754450ab.jpg
防空法

DSC06001_R_202003311809232ab.jpg
大阪港の外れに来た
DSC06005_R_20200331180925ad2.jpg
大阪港には大きく2ヶ所に分かれて赤レンガ倉庫群が残っている
大阪港は商業港で軍港ではないが、当然軍需物資、民間物資の荷揚げも行っている
DSC06007_R_202003311809266f0.jpg
引込み線のレール跡
DSC06008_R_20200331180927632.jpg
DSC06010_R_20200331180929da2.jpg
いまだ現役の倉庫として稼動している
DSC06012_R_202003311809300cd.jpg
少し離れた所にも、補修された倉庫がある
DSC06020_R_20200331222313e02.jpg
ジーライオンミュージアム(クラシックカー博物館や飲食店)
DSC06016_R_20200331222307062.jpg
そこにある築港赤レンガ倉庫
DSC06014_R_20200331222306615.jpg
DSC06017_R_2020033122230905a.jpg
DSC06018_R_20200331222310379.jpg
DSC06019_R_20200331222311814.jpg
ミュージアムは有料だが、外から赤レンガ倉庫を見て周る事は無料で出来る
DSC06022_R_20200331222314485.jpg
DSC06023_R_20200331222316abd.jpg
DSC06025_R_20200331223900137.jpg
DSC06027_R_2020033122390231d.jpg
DSC06028_R_2020033122390201c.jpg
DSC06029_R_20200331223904ae3.jpg
DSC06030_R_202003312239060c6.jpg
DSC06033_R_20200331223907bf7.jpg
DSC06037_R_20200331223908721.jpg
DSC06038_R_202003312239106f9.jpg
DSC06039_R_20200331223912c07.jpg
DSC06040_R_20200331223913994.jpg
DSC06041_R_20200331223914295.jpg
幾分改造はされているが、外観的には良く残っている方だろう
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント