FC2ブログ

京都 (永観堂、哲学の道、熊野若王子神社、大豊神社)

DSC09365_R_20200419151225507.jpg
紅葉で有名な永観堂
DSC09366_R_20200419151227c86.jpg
DSC09370_R_202004191512303ec.jpg
DSC09367_R_2020041915123048c.jpg
時期を外せば10時でも閑散としている
DSC09376_R_2020041915123224a.jpg
桜も昨日の雨でかなり散ってしまったようだ
DSC09379_R_20200419151232542.jpg
唐門と身を清める為の盛り砂
DSC09384_R_20200419151234b99.jpg
DSC09385_R_20200419151235521.jpg
廊下に舞い散る桜がいい
DSC09387_R_20200419151238766.jpg
DSC09388_R_20200419151241fb0.jpg
臥龍廊
DSC09386_R_202004191512396c2.jpg
登り切った所にある水吟窟
DSC09389_R_202004191512415fe.jpg
多宝塔に向かう
DSC09393_R_202004191512434e1.jpg
多宝塔にはこだまがいた
DSC09394_R_20200419162036976.jpg
多宝塔からの眺めは良い
DSC09396_R_20200419162038558.jpg
放生池
DSC09397_R_20200419162038beb.jpg
DSC09398_R_20200419162041f0a.jpg
弁天社
DSC09399_R_202004191620413fc.jpg
永観堂を後にする
DSC09404_R_2020041916304539c.jpg
哲学の道に入る前に、熊野若王子神社に立ち寄る
DSC09406_R_20200419163047cd1.jpg
DSC09408_R_2020041916304848d.jpg
DSC09410_R_202004191630509ee.jpg
ちょうど桜花祭の時期だ
DSC09414_R_202004191630514e5.jpg
小さな神社だが、桜の枝ぶりは良かった
DSC09415_R_20200419163051822.jpg
その裏手の山に上る
DSC09416_R_20200419165237f8c.jpg
ちょっとした広場に出る
DSC09417_R_202004191652396c8.jpg
映画で知られた陽光桜を見に来た
DSC09426_R_20200419165242f90.jpg
DSC09419_R_202004191652409ee.jpg
一重の濃いピンクが特徴
DSC09424_R_202004191652435fe.jpg
かなり昨夜の雨で散ってしまい、一面ピンクの絨毯になっていた
DSC09429_R_20200419170721673.jpg
竜宮神社から登っていくと滝があるらしい
DSC09432_R_2020041917072431c.jpg
意外と登りそうだ
DSC09435_R_202004191707258eb.jpg
え、これ?って感じの水量しかない滝だった
DSC09430_R_20200419170722102.jpg
途中で見た、木の股から流れ出る小滝の方が面白い
DSC09439_R_20200419170726670.jpg
哲学の道、南基点
DSC09442_R_20200419201252ca5.jpg
さすがに哲学の道は2km程度のお散歩コースとあり、沢山の人がいた
DSC09441_R_20200419201251de9.jpg
ほぼ必ず鴨もいる
DSC09446_R_20200419201253165.jpg
もちろん桜の名所として有名だ
DSC09452_R_20200419201257655.jpg
それでも南起点側はお店が少ない分人も少なめ
DSC09450_R_20200419201257247.jpg
のんびり散策出来る
DSC09457_R_20200419201258e7b.jpg
途中の大豊神社に寄って行く
DSC09461_R_20200419201259dee.jpg
見事な大振りの桜に気を取られるが
DSC09466_R_20200419201302c61.jpg
ここの象徴は椿である
DSC09464_R_20200419201303aa1.jpg
この時期だけの椿と桜のコラボ
DSC09473_R_202004192025529d1.jpg
ここの名物狛犬ならず、狛ねずみ
DSC09475_R_2020041920255425a.jpg
この時は片方だけに椿が乗っていたので
DSC09481_R_20200419202555fac.jpg
反対側にも赤いのを乗せてみた(悪戯ではなくて、これが本来の形だったりする)
DSC09489_R_20200419202557a71.jpg
ねずみくじ、中におみくじが入っている
DSC09486_R_20200419202558e72.jpg
沢山の椿の品種を見ながら次に向かう
DSC09492_R_202004192041417bc.jpg
ふたたび哲学の道
DSC09495_R_20200419204143515.jpg
桜だけでなく、いろんな花も咲いている
DSC09496_R_20200419204146d50.jpg
黄色い三叉も咲いていた
DSC09500_R_20200419204146c2e.jpg
この辺は川幅が狭くなるので、桜の密集度も高い

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント