FC2ブログ

鎌倉市関谷狙撃陣地

001_R_20200505113623f83.jpg
コンクリート擁壁の斜面に穴があり、裏側に貫通していると、情報提供者R様より連絡をいただいた。
002_R_20200505113624585.jpg
確かに穴は確認出来るが、とても登れないので裏に回る
003_R_2020050511362756a.jpg
裏側も結構な斜度だが何とかなる、ふと見ると民家の裏側にも明らかに壕を塞いだであろう部分がある
さすがにビッチリ封鎖されているので、諦めるが結構大きい
004_R_2020050511362608f.jpg
8割ほど斜面を登ると、壕口らしきものが見える
005_R_20200505113629836.jpg
正面に立つと、まさにぶった切り状態の壕があった
006_R_20200505125606137.jpg
綺麗に掘られた入り口部分は祠の転用と思われる
007_R_202005051256084b3.jpg
内部は綺麗にくり貫かれた通路のみ
008_R_20200505125609eee.jpg
擁壁から顔を出すと下には県道に出るバイパス路が見える、この工事の為に銃眼、狙撃室は削り取られて無くなったのだろう。
009_R_202005051256108f9.jpg
残っているのは10m少々だけ
010_R_2020050512561286a.jpg
すぐそばにある祠、同様の形式をしている
011_R_2020050514203444a.jpg
山を少し歩き回る
012_R_20200505142036762.jpg
下の方に何か発見
013_R_2020050514203732a.jpg
似た形の壕口だ
014_R_20200505142038c01.jpg
コンクリートに塩ビパイプが伸びている
015_R_2020050514203961e.jpg
水の満ちた水槽になっている
016_R_2020050514204114a.jpg
右に分岐があるが、水が溜まっているって事は、大した長さでは無いだろう
017_R_20200505143814498.jpg
地表面まで降りて行くと、いくつかの地下壕群があるが小さい
018_R_202005051438168ff.jpg
足のしたにもなんか空間がある
019_R_20200505143817b46.jpg
この辺は祠とは違う
020_R_20200505143818743.jpg
部屋を要した倉庫のような物だろう
021_R_20200505143819c17.jpg
意外とそれなりの陣地だったのだろう
022_R_2020050514382158f.jpg
正面に爆風よけ
023_R_20200505143822f4b.jpg
右手に一部屋ある
024_R_20200505143824d70.jpg
何の貯蔵庫だったのだろう
025_R_2020050514382830c.jpg
埋まりかけの壕口
027_R_20200505143827a11.jpg
奥ゆきは無く、5mほどで終わっている

狙撃陣地では?との情報を頂いていたのだが、これほど多くの壕があるとは思わなかった
ここは以前紹介した玉縄地下壕(龍宝寺)とは指呼の間にある、関連施設と見てもいいのかも知れない。
1号線から玉縄地下壕との中間点にあり、玉縄地下壕の背後には大船がある
第1海軍燃料廠があることで有名だ。

いつも情報を下さるR様はこの近辺に精通し、独力で探索をしている。
自分は内陸部のこの地区には疎く、十分なギブアンドテイクが出来てはいないだろう
様々な情報提供者様に支えられて、このブログは成り立っています。
感謝と共に探索をさせてもらっています!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

yakumoさんありがとうございます!

ル様

いつも情報ありがとうございます
及ばずながら探索させて頂きました。
単純壕だけかと思ったら、中々楽しめる内容でした。
次回あっちの陣地もやります。