FC2ブログ

笠間機関銃陣地

横浜市栄区にある笠間機関銃陣地に訪れた
こちらもR様からの情報提供であるが、R様は入っていないとの事だった
040_R_20200505210331eaf.jpg
竹林を掻き分けて行くと
041_R_20200505210332263.jpg
岩盤の裂け目にコンクリートが見える、情報どおりだ
044_R_20200505210334b39.jpg
確かに誰も入っていない銃眼のようだ
140_R_2020050521033461c.jpg
まずは綺麗にお掃除する
049_R_202005052248100dc.jpg
何とか入った
051_R_20200505224811764.jpg
内側から見るこの段々が何とも言えない、これは斜めに平らく作ると、躇弾で敵弾が中に入って来てしまうから
吸収する為に段を付ける工夫をしている。
053_R_20200505224812fce.jpg
内部は広い
058_R_20200505224817b47.jpg
銃室には支保工の跡も伺える
055_R_20200505224814d08.jpg
背面の弾薬庫とおぼしき空間
057_R_202005052248155a2.jpg
弾薬庫から見た銃室、前面部のみ総コンクリートばりだ
060_R_202005052344493d2.jpg
通路に向かうと、すぐにまた右に曲がる
061_R_20200505234451214.jpg
カーブを振り返る
064_R_20200505234451c9c.jpg
通路は全体的に低めだ、右に分岐がある
065_R_20200505234452119.jpg
右に曲がるとささくれの様な接合部、両方から掘り進んだが、僅かにずれたのだろう
066_R_20200505234455fd6.jpg
壕の幅がまた元に戻る
068_R_20200505234456a69.jpg
うねりながら奥に進む
071_R_2020050523445844e.jpg
意外に長いぞこの壕は
072_R_2020050620513044e.jpg
左に分岐がある
073_R_20200506205130bfc.jpg
岩盤が縦に割れやすいのか、つるっとした壁がいくつかある
075_R_20200506205131f50.jpg
左に曲がる
076_R_20200506205132f16.jpg
すぐに右に曲がる
077_R_202005062051331ff.jpg
そして埋め戻し
082_R_2020050621234637c.jpg
引き返す
084_R_202005062123484bc.jpg
元の道に戻った
086_R_2020050621234931d.jpg
盛り上がった接続部のT字路
087_R_20200506212351728.jpg
右側
088_R_20200506212352dbf.jpg
左側に気になる物が見える
089_R_202005062123534be.jpg
第二のコンクリート銃眼だ
090_R_20200506220923c26.jpg
支保の柱ごとコンクリートを塗ったのか、外周に丸い枠がある
095_R_20200506220924054.jpg
銃眼はやはり埋まっている。たぶんコンクリート擁壁に埋まっている
099_R_2020050622092516c.jpg
右側の通路に行って見る
102_R_202005062209277c5.jpg
爆風避けがあり
101_R_20200506220927226.jpg
その前には良く似た別の銃眼がある
111_R_202005062209294c4.jpg
こちらも当然埋没
114_R_20200506220930d9e.jpg
床面もコンクリートのようだ
116_R_20200506233540ae3.jpg
引き返す
117_R_20200506233541217.jpg
排水溝がうっすら見える
119_R_20200506233542fb4.jpg
分岐に戻ってきた
120_R_202005062335427ca.jpg
少し登る
121_R_20200506233544f8c.jpg
天井は低い
124_R_2020050623400170d.jpg
カーブを抜けると
127_R_20200506234003fdb.jpg
分岐路だ
128_R_20200506234003c50.jpg
天井に碍子
129_R_2020050623400690c.jpg
正面からは、ドロが流入して来ている
130_R_20200506234006569.jpg
碍子が二つ
131_R_2020050623400914d.jpg
先は完全閉塞
132_R_2020050623442334e.jpg
分岐に戻る
133_R_20200506234424c01.jpg
分岐右に進む
134_R_202005062344252b2.jpg
こちらも左上から土砂が流れ込んでいる
135_R_2020050623442611b.jpg
予想通りの閉塞、根っこがあるので、地表に近いのだろう
136_R_2020050623442844b.jpg
全ての探索が終わった
139_R_20200506234429587.jpg
銃眼から這い出して撤収する
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント