FC2ブログ

佐世保海軍工廠造兵部 川棚魚雷遠距離発射場(片島魚雷発射試験場跡)その1

DSC01793_R_20200723195057443.jpg
片島公園に豪雨の中、到着した
DSC01797_R_20200723195059d43.jpg
駐車場には、すでに何らかの遺構が見えている
DSC01799_R_2020072319505958d.jpg
DSC01804_R_202007231951037b5.jpg
煉瓦の兵舎や倉庫の跡だろう
DSC01803_R_202007231951028d9.jpg
貯水槽もある
DSC01806_R_20200723195104351.jpg
ここは、1918年(大正7年)に開設された魚雷発射試験場跡をはじめ、海軍工廠、魚雷艇訓練所など太平洋戦争当時、旧海軍の重要な軍事施設 がありました。魚雷発射試験場では、佐世保海軍工廠や三菱長崎兵器製作所で製造された魚雷の発射試験が行われた。すぐそばにある大きな建物(本部)の中で、魚雷の最終検査や調整などをしていたのではないかと言われています。また、当時魚雷発射の状況を記録・確認するための観測所跡も残っており、ここで合格となった魚雷のみ、船で佐世保鎮守府に送られていたそうです。
DSC01807_R_20200723195106dc5.jpg
観測所も10分程度で登れる
DSC01808_R_20200723214613863.jpg
有名な5連アーチの突堤が見えて来た
DSC01811_R_20200723214615d73.jpg
空気圧縮ポンプ室跡
DSC01812_R_20200723220205d5c.jpg
その手前のコンクリート基礎は第一魚雷調整場跡
DSC01817_R_202007232146153c6.jpg
数mは石垣が組まれている
DSC01819_R_20200723214617db2.jpg
コンクリートの内部は非常に雑で、今なら許可が下りないレベル
DSC01822_R_20200723214618e19.jpg
魚雷運搬軌条、中央がレールかと思ったら
DSC01824_R_20200723214620cad.jpg
左右に2本あり、ポイントで切り替えていたようだ
DSC01829_R_20200723214623c93.jpg
突端部分、ここで軌条は90度曲がる
DSC01830_R_20200723221545527.jpg
右側のカッターボンド、比較的良く残っている、角が面取りしてある
DSC01831_R_20200723221546090.jpg
端部のクレーン台座
DSC01858_R_202007232215512cb.jpg
ここから先の崩壊は激しく、カッターボンドも削られている
DSC01855_R_20200723221552d31.jpg
ここで魚雷はクレーンで海面に降ろされる
DSC07913_R_20200723230635534.jpg
DSC07916_R_202007232306373ba.jpg
これは呉のクレーンだが、同等の物があったのだろう
DSC01848_R_20200723221548609.jpg
水門の跡がある、波の影響が無い様に発射前は閉じていたのだろう
DSC01837_R_202007232228515c5.jpg
魚雷発射場の左側の塔、外部に屋上までの梯子の痕跡がある
DSC01836_R_20200723222849b19.jpg
右側にあっただろう塔は崩壊している、この間が魚雷降し口になる
DSC01839_R_202007232228526bc.jpg
右塔横の窓から見る左塔のガレキ
DSC01840_R_20200723222854b73.jpg
足元にはコンクリート加工された、ロープのスリットだろうか
DSC01841_R_202007232239326fa.jpg
左塔のこの部分に、右塔との共有の屋根の庇跡がある
DSC01861_R_202007232239351c1.jpg
二階部分には右塔への出入口もある
DSC01856_R_20200723223933a18.jpg
ガレキの量からも、右塔は水門管理程度の平屋だったのだろう
DSC01864_R_20200723223938b2c.jpg
右塔の窓
DSC01863_R_20200723223937f72.jpg
右塔の外縁部には、建物の痕跡が無い、塔すら無くて、壁のみだった可能性が強い
そもそもこの幅1m程度の所に塔を建てるのは無理だ。
DSC01866_R_20200723223939c7d.jpg
ここから1階部分が結合していたのだろう
DSC01842_R_20200726163211551.jpg
左塔の中に入る
DSC01843_R_2020072616321376f.jpg
正面の丸窓を見ると
DSC01844_R_20200726163214b5c.jpg
新観測所と言われる探信儀領収試験場
DSC01846_R_20200726163215642.jpg
空気圧縮ポンプ室が見える
DSC01847_R_202007261632175d9.jpg
ボロボロの桟橋部、なんでこんなにブロック化しているのだろう?一面ベタ基礎で平く塗れなかったのか?
DSC01854_R_20200726163220692.jpg
上を見上げると、2F3F共にゆかは抜けている
DSC01850_R_20200726163219621.jpg
この右上の面から梯子状の上り下りをしていたのだろう、階段は痕跡が無い
DSC01859_R_202007261632220ec.jpg
興味深い建物だった
DSC01868_R_202007261728052f8.jpg
護岸に残る階段、当時は少し浜があったらしい
DSC01869_R_20200726172806522.jpg
護岸の穴は空気圧縮ポンプ室からの排水溝か?


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

呉のクレーン

台風のなか 偵察任務 ありがたいです。詳細まで 克明に イメージできます。 りっぱな 建造物が 幾度もの 暴風雨に めげず しっかりと 現代に つたわるよう 残っていることを 教えて いただき 感動してます。

ジェットモグラ様

ここは直に見てみたかったんですよね!
風雨で波がヤバいかとも思いましたが、内海なので、全く問題ありませんでした。
やはり、武器弾薬に関するコンクリート遺構は萌えます。