FC2ブログ

北海道 トイトッキ浜トーチカ及び大樹⑬トーチカ

DSC03639_R_20200902220837779.jpg
早朝の羽田を立ち、新千歳空港に向かう
DSC03641_R_202009022208394dd.jpg
千歳でレンタカーに乗り換え、帯広を目指す。なぜ帯広空港にしなかったかと言うと、単純にお一人様ツアーは選択肢が狭く、飛行場やホテルを選ぶ幅が極端に狭いのだ、ましてや行くのを決めたのは1週間前だし。
DSC03643_R_202009022208415f5.jpg
何処迄も続く直線道路と変な矢印(積雪用)を見ると、北海道だなと思う
DSC03644_R_20200902220842fc7.jpg
アートな納屋に、思わず車を停める
DSC03646_R_20200902220843c11.jpg
どこに行ってもこんな風景が続く
DSC03647_R_20200902220844fee.jpg
帯広市最北のトーチカに到着、十勝郡浦幌町トイトッキ浜トーチカ
DSC03649_R_202009022208480e2.jpg
大型のトーチカで、銃眼も深くデカい
DSC03654_R_20200902220850f00.jpg
この斜め傾斜が入り口なのだが
DSC03656_R_20200902220851686.jpg
おや、少し後ろに別の入り口が?
DSC03657_R_202009022208531c7.jpg
本来は長い入り口トンネルだったのが、途中でポッキリ折れている様だ
DSC03652_R_2020090222384600a.jpg
反対側にも銃眼があるが、ほぼ埋まっている
DSC03653_R_20200902220852980.jpg
知らなきゃ銃眼とも思わないだろう
DSC03650_R_20200902223845433.jpg
結局入れるのは、この銃眼だけ
DSC03662_R_20200902223848bfc.jpg
内部はかなり広い
DSC03663_R_202009022238504d0.jpg
思えば、こんなオールコンクリート製のトーチカに入るのは、初めてかも知れない
DSC03666_R_20200902223850fea.jpg
DSC03672_R_2020090222385502c.jpg
これが本来の入り口で、半地下構造になっていた様だ
DSC03671_R_20200902223854079.jpg
結構内部構造はふくざつで、内部隔壁がしっかりしている(反対側の銃眼が破壊されても、一方は残る)
DSC03668_R_2020090222385296e.jpg
反対側の銃眼
DSC03676_R_20200902223856c93.jpg
僅かに見える、銃眼の段々
DSC03681_R_20200905224736d14.jpg
天井にある通気口
DSC03683_R_202009052247389aa.jpg
反対側の銃眼
DSC03684_R_2020090522474039d.jpg
丁度通りかかたジムニー。敵が来たらこんな感じに見えたのだろう
DSC03685_R_2020090522474157c.jpg
天井に登ってみる
DSC03688_R_20200905224742193.jpg
上から見る通気口
DSC03691_R_20200905224746e93.jpg
出入口から降りる
DSC03692_R_20200905224745248.jpg
帯広初トーチカを後にする



DSC03694_R_20200905224747587.jpg
この辺の電柱は2019年の台風以来、曲がったままだ
DSC03695_R_202009052247489ca.jpg
来る時は気が付かなかったが、ちゃんと案内板があった
DSC03696_R_202009061607006c8.jpg
ホリエモンのロケット格納庫が見えて来た
DSC03698_R_20200906160701aaf.jpg
現在は見学出来ない様だ
DSC03699_R_202009061607027f4.jpg
次の目的地に到着
DSC03700_R_20200906160704055.jpg
8月にyahooニュース等で有名になった落ちそうなトーチカだ(大樹⑬トーチカ)
DSC03701_R_202009061607074af.jpg
反対側から見る
DSC03702_R_20200906175302176.jpg
トーチカへの入り口は、1m程の塹壕として残っているが埋まっている
DSC03703_R_20200906160707823.jpg
海岸に降りる
DSC03704_R_202009061607093f5.jpg
DSC03708_R_202009061607111ea.jpg
地面の岩盤部が、波によって浸食されている
DSC03707_R_20200906160710092.jpg
実は十勝方面で、銃眼が海側を向いているのは非常に珍しい
DSC03710_R_20200906160715632.jpg
トーチカ内部は完璧に埋まっている様だ、これは諦めるしか無い

今回はこのトーチカが気になって、急遽北海道行きを決断した。下調べ等ほとんどする暇も無く手持ち資料と人様のブログを頼りに周って来た。主にkanレポート様とたんけんのきろく@探索の痕跡様を参考にさせて頂いた。
書籍としては社会批評社「本土決戦戦跡ガイドpart1」を主に参考にした
201801040142447dd.jpg
書籍内のこの図の番号を倒守してその前に地名を入れて、今後は紹介して行く

気になるのは3年前に発見されたと言われるこのトーチカが、2012年発行のこの本に大樹⑬として記載されている事


2020.10.6現在、このトーチカが落ちているのが発見された
知り合いの知り合い経由でもたらされた情報だが、ネット上には何処にも載っていない
近年多くのトーチカが落下しているらしい、見ておいて良かった。
1602057938304_R.jpg
当縁川河口B DSC_5149_R
情報提供ありがとうございました!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。帯広や根室のトーチカは行けて無いんですよ!
美幌の遺構と合わせて行きたいです。

kan様

今回は帯広から苫小牧、札幌のコースで回りました。
広いわ雨だわ色々ありましたが、おかげさまで目標の8割は回れたと思います。

美幌も行ってみたいですね、北海道TVとやり取りがありまして、基地内の地下遺構や周辺の地下壕、発電所等の遺構がある事が分かりました。
しかし、遠くて中々行けませんね!
今回も苫小牧、札幌の遺構では参考にさせていただきました。
ありがとうございます!

すごい!

トイトッキは何度か行ってますが連絡口が折れてるし狭いしで内部に入ったことはありませんでした!

13番は距離があるので諦めてましたw

しげ様

参考にさせて頂きました!
同じ本を見ている様なので、分かりやすかったです。
初めての北海道戦跡巡りで、広さに圧倒され、予定をクリア出来ませんでした。
多分二度と来れないだろうと思うので、入れるだけ頑張って来ました。
しげ様の過去の状態の画像等をお借りしたいと思いますので、その時はリンク紹介させて頂きますので宜しくお願いいたします!

No title

ルルル様

つい先月半ばに見て来たばかりなのに、発見3年で落ちてしまうとは。
記事に追加文を入れたいので、この写真を転用してよろしいでしょうか?

No title

先週から大樹町を旅した友人より送られた衝撃画像です。
その友人より許可はもらえたので使用可能です。
ああやって他のトーチカも消えていったのでしょう。
ネットでは話題になっていないのでここ最近の出来事だと思います。

ルルル様

ありがとうございます、使わせてもらいました。
ご友人にもよろしくお伝え下さい!