FC2ブログ

北海道 浜大樹⑪.⑫及び旭浜①.②トーチカ

201801040142447dd.jpg
大樹は北から順に南下していくので、番号的には逆順になる
DSC03711_R_R_2020090620425589e.jpg
浜大樹に移動してきた
DSC03714_R_20200906210846d83.jpg
浜大樹⑫トーチカ(基本的に崖に残っているトーチカに入れる入り口は無い)
DSC03715_R_2020090621084936b.jpg
天井の通気口DSC03717_R_20200906210851322.jpg
落ちたらヤバい、しかし造りがやたらと雑な気がする
DSC03718_R_20200906210852bfb.jpg
側面を見ると、板張りの型を張ってコンクリートを流し、更に上からモルタルを塗ってある
DSC03719_R_202009062108527f2.jpg
底部はやはり、浸食により浮いている
DSC03720_R_20200906210855364.jpg
銃眼は辛うじて見える
DSC03722_R_202009062108567ca.jpg
残念だが狭くて入れない
DSC03724_R_20200906210857a65.jpg
銃眼の狙う方向は海では無く海岸線、海方向に開口部があると、砲撃等で損傷する、銃弾が飛び込むからとも言われている。
この海岸線にあるトーチカは、ほぼ全て横向きに銃眼が造られている。
DSC03725_R_2020090621090037f.jpg
壁面に浮彫で「2m60」「40cm」とある、逆文字なので、当て板の方に彫ってあったのだろう
DSC03726_R_202009062109006c4.jpg
戻ろうとしたら、キタキツネがこっちを見ていた
DSC03713_R_202009062150210d9.jpg
今回は海岸線を走るので、Sクラスの4WDをレンタルして良かった、このクラスで無いと回れなかっただろう
DSC03735_R_20200906215029cdc.jpg
旭浜漁港にやって来た
DSC03728_R_20200906215022ad7.jpg
この漁港の高台の一部にトーチカが埋まっている、浜大樹⑪だ
DSC03730_R_20200906215025c5d.jpg
まさに埋まっていて、銃眼がどっち向きだなんて全く分からない
DSC03731_R_20200906215026511.jpg
これはどうしょも無いので、さっさと移動する
DSC03733_R_20200906215027e09.jpg
旭浜トーチカに向かう
DSC03739_R_20200906221742e19.jpg
旭浜の海岸には8つのトーチカが並んでいるので、①から順に回って行く
DSC03742_R_20200906221744d49.jpg
以前はひな壇状に整備されていた防砂壁もボロボロだ
DSC03745_R_20200906221746f9f.jpg
銃眼はこちら側のみ
DSC03747_R_20200906221747fa9.jpg
背面の入り口
DSC03751_R_202009062217489db.jpg
安心して入れるトーチカは、海岸には意外と少ない
DSC03753_R_202009062217509ff.jpg
側面には、斜めに上もしくは下向きに通気口らしき物があって、天井にはあまり無い
DSC03752_R_20200906221749f90.jpg
トーチカ内はシンプルに1部屋のみ
DSC03755_R_202009062217530a9.jpg
このトーチカが一番南側にあるので、銃眼も南向き



DSC03757_R_20200908232224e23.jpg
消波ブロックの上を歩いて行く、(俗にいうテトラポッドとは商品名で、4本足の標準的なものがそれだ。基本的な8tの物を材質、輸送費等を平均すると8万円ぐらいになるらしい。)
DSC03758_R_20200908232226a2e.jpg
②のトーチカ、入り口方向
DSC03760_R_20200908232227276.jpg
横に小穴がある
DSC03761_R_202009082322293e4.jpg
斜め下にトーチカの中に繋がっている
DSC03764_R_20200908232231420.jpg
こうして見ると、消波ブロックの上にトーチカが乗っている様に見えるが?
消波ブロックが日本に普及するのは1960年代に入ってからだし?
DSC03763_R_202009082322292c4.jpg
銃眼、波のせいか?下の方がえぐれた形になっている
DSC03766_R_202009092138098cc.jpg
トーチカ内に侵入する
DSC03767_R_2020090921381021b.jpg
やはり①同様、入り口は鍵型
DSC03768_R_20200909213812665.jpg
銃眼は①方向に一つ
DSC03769_R_20200909213814677.jpg
天井に型枠の木材が残る
DSC03770_R_202009092138144ba.jpg
浸食された銃眼
DSC03771_R_20200909213816b3d.jpg
銃眼の先には、➂のトーチカが見える。はっきり言って真横から近寄って来た敵が銃眼から手榴弾入れたら終わりだな
DSC03773_R_20200909213817e1e.jpg
通風孔
DSC03774_R_202009092138203c9.jpg
脱出する



ちなみに浜大樹⑨.⑩は、消滅と思われる。人のサイトを見ても見当たらない。
IMG_9542_R.jpg
丁度その位置に、砂防壁が造られているのだ、砂の下と思われる。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

浜大樹9・10番は消滅なんですね~

旭浜1番トーチカのひな壇がグズグズになってるのはビックリしましたw

しげ様

行った事が無いので、あくまでも想像の域ですが、例の本のマップの位置は正確でしたし、航空写真にも写りません。
他の方々のブログ等にもこの2つは現れない事から、ほぼ確定かと。
ひな壇は花壇にでもなっていたのでしょうか?
砂が流れて、下に崩れて行って風化した感じでした。
トーチカの砂出しをして、観光化しても良さそうですが?