fc2ブログ

山口県 蓋井島(ふたおいじま) その2

DSC03977_R_20210307211429e30.jpg
早速、砲台の地下通路に侵入する
DSC03978_R_2021030721143120f.jpg
左右に排水溝が切られている、侵入者対策か、通路は弧を描く
DSC03979_R_20210307211433703.jpg
入り口の扉は金属部分が盗られている
DSC03981_R_202103072114337d5.jpg
漆喰の塗られた地下通路
DSC03983_R_2021030721143520b.jpg
観測所への階段
DSC03984_R_202103072114379ee.jpg
通路の中央部に仕切りの扉が付いていたようだ
DSC03985_R_20210307211439c9c.jpg
反対側から入り口方向
DSC03986_R_20210307213138211.jpg
この先は砲座になるので、とりあえず後回し
DSC03988_R_202103072131413be.jpg
結構急な階段だ
DSC03987_R_20210307213140910.jpg
壁に金属製の手すりを取り付けるための木材が埋め込まれている
DSC03989_R_202103072131438b0.jpg
階段の途中の踊り場、右に部屋がある
DSC03991_R_20210307213144dce.jpg
観測所内部
DSC03992_R_20210307213145489.jpg
足元にコンクリートの踏み台でもあったのだろうか、一部分残っている
DSC03993_R_20210307214647e7d.jpg
振り返った入り口、扉はヒンジごと無くなっている
DSC03997_R_20210307214652fae.jpg
右側には、機械でも取り付けてあった様な形跡がある
DSC03994_R_20210307214648eeb.jpg
右側の観測窓
DSC03996_R_202103072146507e2.jpg
左側の観測窓、角の柱が失われている。木材にレールの溝が掘られているので、横開きの窓が付いていたのだろう
DSC03998_R_20210307220344146.jpg
更に上に急な階段を登る
DSC03999_R_20210307220346ddb.jpg
本当に急な階段で、上から見ても殆ど段が見えない
DSC04000_R_20210307220349190.jpg
出入口の左下に降りて行く
DSC04001_R_20210307220349782.jpg
コンクリート構造物が見える
DSC04006_R_20210307220353b29.jpg
先ほどの観測室の外観。やたらにカッコいい
DSC04004_R_20210307220350df7.jpg
DSC04005_R_20210307220351fae.jpg
迷彩も日が当たらない部分は残っている
DSC04007_R_202103072203599aa.jpg
離島の砲台って感じが良く出ている
DSC04009_R_202103082122272be.jpg
下を覗くと砲座が見える、背面の土留めを兼ねた防壁が独特だ
DSC04010_R_202103082122282c7.jpg
第一砲台には15cmカノン砲が4門供えられていた
DSC04011_R_202103082122307c3.jpg
観測所の脇から、無理やり降りて行く
DSC04012_R_20210308212232481.jpg
かなり粗い石垣がある
DSC04013_R_20210308212232b70.jpg
所々に土留めの石積みもある
DSC04015_R_20210308212235c80.jpg
一切のコンクリートを使っていない
DSC04014_R_2021030821224213d.jpg
割と下の方にも石垣はある
DSC04016_R_202103082122421b4.jpg
砲座にたどり着いた
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント