fc2ブログ

山口県 蓋井島(ふたおいじま) その3

DSC04016_R_202103082122421b4.jpg
砲座に辿り着いた
DSC04017_R_2021030822134397b.jpg
かなり特異な形が見て取れる
DSC04019_R_20210308221345bf9.jpg
砲座全周には迷彩塗装が施されている
DSC04018_R_20210308221345506.jpg
弾薬庫に向かう通路
DSC04020_R_2021030822135251e.jpg
砲座も全周コンクリートなのだが、良く見えない
DSC04022_R_202103082231203c4.jpg
砲座の形は、扇形をしているようだ
DSC04023_R_20210308223121242.jpg
砲座構造物に、同じ高さで木片が打ち込まれている
DSC04024_R_20210308223123bde.jpg
DSC04025_R_20210308223125348.jpg
棚か何かがあったのだろうか
DSC04027_R_2021030822312526e.jpg
背面全景
DSC04026_R_2021030822313010f.jpg
色濃く残るシュールな迷彩
DSC04028_R_20210308223126ca2.jpg
コンクリートと石垣の狭間に排水溝の様な隙間がある
DSC04030_R_20210309202903501.jpg
外側から隣の砲座に回り込んだ、普通の人はやらないだろうな?
DSC04031_R_20210309202905751.jpg
こちらの砲座は状態がいい
DSC04035_R_20210309202907d1d.jpg
冬場な事もあり、ほぼ完全に見渡せる
DSC04036_R_20210309202913371.jpg
砲座に降りる僅か2段の狭い階段
DSC04040_R_20210309202910eda.jpg
側面の傾斜が珍しい
DSC04042_R_20210309202912632.jpg
砲座上部には、大量にフックが付いている。偽装網を取り付ける為とも聞いた
DSC04043_R_202103092029145f7.jpg
内側に残るこの木材は何だろう?
DSC04044_R_20210309210907a0c.jpg
地下通路に戻る
DSC04046_R_20210309210909b5a.jpg
入って来た入り口通路の手前に
DSC04050_R_20210309210911314.jpg
何故か片方の砲座に寄って、弾薬庫が2つある
DSC04053_R_20210309210912b7e.jpg
扉自体は無いが、周りの金属枠は残っている、壊そうと努力した跡はあるが
DSC04054_R_20210309210913507.jpg
リベットが萌える
DSC04055_R_20210309210915ffd.jpg
2つ目
DSC04056_R_20210309210917ace.jpg
扉はこっちの方がしっかりしている
DSC04058_R_20210309210919492.jpg
各弾薬庫は、排水溝が切られている
DSC04060_R_2021030921092216a.jpg
なぜか転がる耐火煉瓦
DSC04059_R_20210309210919b3e.jpg
出口方向
DSC04062_R_20210309214707981.jpg
扉のヒンジ
DSC04064_R_20210309214708689.jpg
もう一度砲座に戻る
DSC04065_R_20210309214709190.jpg
埋没ケーブル?
DSC04069_R_202103092147128a9.jpg
コンクリートと石垣の境目に
DSC04068_R_20210309214716d9d.jpg
排水溝がある
DSC04071_R_2021030921471543c.jpg
残り2つの砲座を探しに、更に山に登る

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

青色 迷彩

青色 配色の 迷彩 を 忍者部隊月光のプラモデルの箱絵 か 陸軍戦車プラモ箱絵 か 横浜市こどもの国 の どこか で みた記憶が よみがえりました。うわぁ 色彩残ってるんですね。
宇治 平等院の 木造建築 に むかしの 塗り色素 が 現存 してるのをみて たまげたことも、連想しましたが、コンクリート要塞塗装発見 探索 びっくり 楽しく のぞいてます

ジェットモグラ様

自分もろくに調べもせずに現地に向かうもので、見た時は感動でした。
島の風雨によく耐えて、残っているものですね。
自分のを見て、行ったつもりになって貰えれば幸いです。

観音崎迷彩参拝

6月18日 拝んできました。武山海兵団の長井分団に新兵で入隊した 昭和2年生まれの方に 先ほど写真見せました。「藁を編んでつくった もっこ というザルみたいなものを 丸太で ふたりで 出口まで はこんだのを思い出した。あのあたりは 丘陵がおおく蜂の巣みたいにたくさん つるはしで 掘ったよ。柔らかいから 掘りやすい ドスンと落ちる 落盤は なかった。よそからの 調達物品は なくて あるもので 工夫した。コンクリートはなくて、出口が つぶれないように 出口だけかためたよ。」と証言もらいました。フラッシュたかないと、午後14時30分ころの曇り空でしたが、雑木林のなかは、うっそうとしていて色彩はわからず フラッシュたいて鮮やかな色彩みました。思わず 頭を垂れました。みなさんが、久里浜機関銃陣地探索されていた同じ頃です。もしどこかでであったら、識別コードは ジェットモグラです。情報ありがとうございます。

ジェットモグラ様

観音崎に来られたのですね、自分も最近は地元の遺構の再調査を行っているので、お会いできる時もあるかも知れませんね。
戦跡の中でも、当時の迷彩塗装は萌えますね!
当時の貴重な体験談を聞けて良かったですね、もはや直に聞く事が難しくなって来ましたが、長井周辺に地下壕を掘ったとの証言は貴重な物で裏付けになりますね。