fc2ブログ

日吉防空壕

前回に引き続き、K氏に日吉にある防空壕を紹介してもらった。
ここは海軍艦政本部壕と近いので、関連施設と思われる。
構造的には洲ノ崎海軍航空隊の防空壕に非常に酷似している。
DSC08053_R_20210417142205eb9.jpg
場所はこんな所なので秘匿しておく
DSC08057_R_20210417142207300.jpg
唯一ある開口部から進入する
DSC08059_R_20210417142209360.jpg
開口部は他にも何ヶ所かあるが、コンクリートブロックで封鎖されている
DSC08060_R_2021041714221072c.jpg
完成度は高く、実働していたと思われる(艦政本部自体は移転する前に終戦を迎えた)
DSC08061_R_2021041714221115e.jpg
入ってすぐ左に、2m四方の部屋がある
DSC08063_R_20210417142215408.jpg
入り口から正面も小部屋で行き止まり
DSC08064_R (2)
右側に主抗が伸びる
DSC08065_R_20210417203405b56.jpg
中央通路の左側にある奥行き3m程の部屋
DSC08066_R_20210417203407967.jpg
十字路に出る、左側に坑木が残っている
DSC08067_R_2021041720340969c.jpg
左側は奥に伸びている
DSC08068_R_20210417203410846.jpg
右側は封鎖壕口、そっちに行ってみる
DSC08069_R_20210417203410b34.jpg
左側に2m四方程度の部屋
DSC08070_R_20210417203412193.jpg
右手壕口付近に小振りな部屋
DSC08071_R_20210417204618e39.jpg
引き返し、奥に進む
DSC08072_R_2021041720462082d.jpg
右にカーブすると、長い通路が伸びる
DSC08073_R_20210417204621679.jpg
両サイドに大きめの灯り置きが掘られている
DSC08074_R_2021041720462337e.jpg
右に分岐があるが、先にまっすぐ進む
DSC08075_R_20210417204623a98.jpg
突き当りの開口部から、派手にいろいろ流入している
DSC08076_R_2021041720462589a.jpg
大量の土砂と石材で、開口部は埋まっている。右に分岐が見えるが、回り込めそうなので行くのを止めた
DSC08077_R_2021041720551548a.jpg
引き返し、分岐に向かう
DSC08078_R_20210417205516c2a.jpg
分岐を曲がると開口部への通路が見える
DSC08079_R_2021041720551867d.jpg
途中の中央通路を左へ曲がる
DSC08081_R_202104172055209b5.jpg
道なりに左に曲がると、さっきの石材の前に出た
DSC08082_R (2)
引き返し、封鎖開口部に曲がる
DSC08083_R_20210417205521c7b.jpg
K氏の見ていた2m四方程度の部屋
DSC08084_R_2021041720552335b.jpg
右側壕口付近にはやはり小さな部屋がある
DSC08085_R_20210417211920463.jpg
中央通路に戻る
DSC08087_R.jpg
ぐるっと一周したので、出口へ向かう
DSC08086_R_20210417211921a80.jpg
帰りがけに出口付近は階段になっている事に気が付いた


DSC08088_R (2)
ついでに近くの金蔵寺に行ってみた
DSC08089_R_202104172119261e1.jpg
境内の壕口その1
DSC08090_R_20210417211927061.jpg
壕口その2、入れる所は無い
DSC08091_R_20210417211931e3e.jpg
何とか入ってみたいが、妙に天井が低くあまり規模はなさそうだ
DSC08097_R_20210417211936665.jpg
外部壕口部もしっかり埋められている
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント