fc2ブログ

塙戦闘指揮所と言われる10Kトーチカ及び周辺遺構

DSC08561_R_20210429234654d7d.jpg
塙地区に到着し、周辺の謎穴を見て回った
DSC08562_R_20210429234919206.jpg
とんでもない所に開口している小穴
DSC08563_R_20210429234656e4a.jpg
結構無理してよじ登ったが、狭くどろどろの壕だ
DSC08564_R_20210429234658101.jpg
灯り置きもあり、当時はそれなりだったかも知れないが、道路工事で壕口部分は削られている可能性が高い
DSC08565_R_20210429234700d64.jpg
先はまだ続くのだが、ドロドロで進めなかった、足が抜けなくなるのだ
DSC08567_R_202104292347005d9.jpg
サッサと脱出する
DSC08568_R_202105030909323e3.jpg
次の穴、ここは崖の中腹にぽっかり空いており、上から垂直降下で入るので自分だけ行く
DSC08569_R_2021050309093496c.jpg
入って10m程で右に曲がった
DSC08574_R_20210503090938198.jpg
壁に灯り置きがある
DSC08575_R_20210503090940aca.jpg
右に曲がって行くのだが、既に明かりが見えている
DSC08573_R_20210503090938bf2.jpg
コの字型した壕の壕口(砲室or銃眼)が下の道路工事で削られて、通路だけが残っているのだ
DSC08571_R_20210503090936b8b.jpg
出にくいので降下して来た開口部に戻る
DSC08576_R_2021050309094207e.jpg
こんな所に来る奴は、二度と居ないだろうな。戻る方が大変だ
DSC08580_R_202105031004251fc.jpg
塙の戦闘指揮所と言われる、10cmカノン砲トーチカを見て行く
DSC08582_R_20210503100426fe1.jpg
左翼砲室は、農機具置き場になってしまっている
DSC08584_R_20210503100428d23.jpg
砲側弾薬庫と思われる部屋1
DSC08585_R_202105031004306fe.jpg
指揮室と思われる部屋2の入り口
DSC08586_R_20210503100430bcc.jpg
同内部
DSC08587_R_202105031004322f1.jpg
トーチカ砲口部
DSC08583_R_20210503104311cd3.jpg
砲室の左側には、左翼砲座への連絡通路がある
DSC08589_R_2021050310431213e.jpg
その間にある、左翼砲室用の砲側弾薬庫
DSC08591_R_20210503104314325.jpg
隣にある指揮室
DSC08592_R_20210503104316b68.jpg
通路側の小窓
DSC08593_R_20210503104316729.jpg
こちらの部屋は、縦長な分1m程度しかない、横に砲室側の小窓がある
DSC08595_R_202105031043185e7.jpg
左翼砲室は調査の為、ゴミを出され(右翼へ移動?)砲床のコンクリートを確認できる
DSC08596_R_20210503104322878.jpg
砲口部
DSC08601_R_2021050310432585c.jpg
外側から
DSC08597_R (2)
砲室後部には、外部との出入口があるが、畑になっていて砂が流れ込んでくる
DSC08599_R_20210503110102742.jpg
内部のほとんどの砂は、ここから風雨で流れ込んだのだろう
DSC08598_R_202105031101004e3.jpg
天井の鉄筋、砲の吊り下げフックでもあったのだろうか?
DSC08600_R_20210503110103985.jpg
外に戻る
DSC08602_R_20210503110105a38.jpg
屋上に登って見たが、以前より緑が濃くなっていた
戦闘指揮所
ねこさん手製の平面図



DSC08603_R_202105031320410f1.jpg
香取郡東庄にある10K陣地を探しに行く
DSC08606_R_20210503132041afc.jpg
しかし、溜池とバイパスの工事で、10Kと思しき窪みはある物の、ゴミが積み上げられ確認不可能となっていた
DSC08609_R_20210503132042bdf.jpg
諦めず探していると
DSC08612_R_2021050313204632b.jpg
ねこさんが小さな穴を発見した
DSC08611_R_202105031320441cf.jpg
きへいさんが、人間ドリルのごとく潜って行く
DSC08616_R_20210503133407714.jpg
なんとか潜り込むと、のっけから水没だった
DSC08617_R_20210503133408abb.jpg
長靴オーバーの水没だが、四角く綺麗な掘り方だ
DSC08619_R_202105031334108cc.jpg
きへいさんは物ともせずに突入して行った
DSC08622_R_2021050313341478d.jpg
しかし、掘りかけの終息だったらしい
DSC08623_R (2)
どうやら人為的に封鎖していたのが、開口してしまったようだ
DSC08614_R_20210503134138937.jpg
脱出後、適度に埋めておいた
DSC08626_R_2021050313414273a.jpg
周辺の怪しげな所を探して回る
DSC08627_R_20210503134146173.jpg
丘のピークに円形の窪みがあった
DSC08628_R (2)
交通路と円形窪みで、蛸壺銃座の可能性はあるが不確定
DSC08625_R_202105031341409dc.jpg
日没となり、この日の探索を終える
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント